D2C

新たな取引形態「D2C」の基礎知識

2000年後半以降、徐々に「D2C」というビジネスモデルが台頭してきています。

インターネット環境やEC市場の拡大により、D2Cの需要がどんどん伸びてきているのでしょう。

D2Cとは、「Direct to Consumer」の頭文字を取った略語であり、マーケティング用語です。

ブランドなどの製造者が直接消費者と取引を行うビジネスモデルであり、企業内で商品開発や製造を行い、販売までの一連の流れを行うビジネスモデルです。

インターネットの環境が整うまでは、製造者が消費者と取引を行う際、卸売業者がチャネルとなり、仲介として商品を販売することが一般的でしたが、近年インターネットの普及に伴い、「通販」の取引形態が追加されたため、企業が自社サイトを運営し、集客や販売を行うことができるようになり、直接消費者と取引を行うことができるようになったのです。

そんな中で注目されている「D2C」も、今後さらに市場が拡大していくことが予想されています。

そこで今回は、新たな取引形態「D2C」の基礎知識について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスのメリットとデメリット

メリット

まずD2Cビジネスのメリットとしては、仲介業者を介していないため、中間マージンなどの手数料が不要です。

必要な費用といえば、決済システム導入時の手数料のみという場合がほとんどですので、高品質な商品を低価格で販売することができますので、より多くのユーザーをターゲットにしやすいのです。

そして、幅広いマーケティングやキャンペーンの実施が可能です。

企業内マーケットでの取引ですので、制約等もありませんので、独自マーケティングやキャンペーンを行いやすいのです。

特に最近のD2Cビジネスでは、インフルエンサーやアンバサダーを起用したマーケティングが多くなっており、幅広い施策が行えるようになっているのです。

デメリット

上記のようなメリットがある反面、もちろんデメリットもあります。

まずはD2Cビジネスでは中間マージンや手数料が不要であるものの、D2C環境を構築するにはある程度のコストが必要になってくるのです。

自社内で内製する場合、もしくは制作会社に外注する場合であっても、サイトデザインや設計などでリソースをすることが必要になりますので、コストとリソースを確保する必要があるでしょう。

つまり、小さい企業などではD2Cの環境を構築することができず、手数料を支払いAmazonや楽天市場などのオンラインECモールへ出店せざるを得ないという場合が少なくはありません。

そして、D2Cビジネスを行う上では「ブランド認知」が必要であることもデメリットと捉えられるでしょう。

D2Cの環境を構築するにはコストとリソースが必要であり、その両方を回収できるほどの売上の見込みがなければ、D2Cビジネスの展開は難しいのです。

多くの場合、D2C環境の構築は、一定以上ブランド認知がされていることが第一条件になるのです。

D2Cビジネスの成功事例

D2Cビジネスの成功事例としては、まずメンズ用化粧品を提供している「BULK HOMME(バルクオム)」が挙げられます。

SNSやSEOで自社ECサイトに集客し、初回限定価格で認知を拡大させ、そして定期購入コースによる囲い込みを行うというように、D2Cの特徴を最大限に分野でも幅広く展開しており、マーケティングもかなり幅広く行っています。

また、天然ウール素材で軽量化されたスニーカーが注目された「Allbirds(オールバーズ)」も世界的なD2C成功事例ですね。

商品そのものはもちろんですが、経営戦略においても認められており、大きな注目を集めています。

Instagramの広告運用などで多くのユーザーを獲得しており、商品発表時にInstagramに投稿し、そこに集められた顧客からのコメントをすべて追いかけ、次回の新商品の発売時にはその顧客ニーズに合わせた商品に仕上げられているというように、SNSと自社マーケットを連動させたことで顧客満足度を高める形態を作り上げました。

D2Cは顧客ファースト戦略が重要

上記で説明した通り、D2Cビジネスでは企業と顧客間には業者を挟むことがありませんので、従来のBtoCビジネスよりもかなり幅広いマーケティングを展開することができます。

だからこそ顧客ニーズに沿い、顧客に幅広い選択肢を与えサービスを提供することが、顧客満足度を高め、結果的に良いサービスを提供することに繋がり、その良いサービスが継続利用に繋がるでしょう。

つまり、D2Cだからこそ顧客ファースト戦略で経営戦略を考える必要があるのです。

まとめ

以上、新たな取引形態「D2C」の基礎知識についてお話させていただきました。

D2Cビジネスモデルは、今後EC市場の拡大に伴い、ますます需要が伸びていくことが予想されます。

ECビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの機会にD2Cの基礎知識を学び、D2Cビジネスの展開を検討されてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ