D2C

ウィズコロナでD2Cを成功させることができる企業とは

200年代後半頃より、徐々に注目を集めてきたビジネスモデルと言えば「D2C」でしょう。

D2Cは、インターネットやスマートフォンの普及により、ECコマースが拡大し、国内外でかなり需要が伸びているビジネスモデルなのです。

ブランドやメーカーが自社内で企画、製造した商品を直接消費者へ販売し、届ける仕組みであり、流通業者などの仲介業者を介さないため、その分の手数料を大幅に削減することができることが大きなメリットとして考えられているのです。

このような仕組みによって商品やサービスを提供することは、もうすでにIT業界などでは一般的であったのですが、D2Cの場合は生活用品やアパレル商品、化粧品などのような実体のある製品を取り扱っているということが大きな特徴でしょう。

特に今、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界は「ウィズコロナ」の時代を迎えていますよね。

ビジネスにおいてもコロナウイルスの影響はかなり大きく、従来通りの販売方法から大きく方向転換を図る動きも見られていることでしょう。

ウィズコロナの時代の中でも、D2Cビジネスモデルはかなり多くの注目を集めていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、ウィズコロナでD2Cを成功させることができる企業について、詳しくお話していきたいと思います。

この時代、真剣にD2Cビジネスに取り組み成功させたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ウィズコロナで成功するD2C企業

ECと相性の良い商品やサービスを扱っている

まず第一に、ECと相性の良い商品やサービスを扱っているということが挙げられるでしょう。

通販の場合、実店舗とは異なり商品を購入してから届くまで、配送時間がありますのでタイムロスが生じてしまいます。

たとえば、鮮度を売りにしている海鮮系の食材を取り扱っている場合、ECを通して商品を提供したとしても配送時間が高いハードルになってしまいますよね。

ですが、D2Cで取り扱いの多い生活用品や化粧品などの商品は、このようなハードルが無くなり、ECとの相性が非常に良いと言えるでしょう。

そして、ウィズコロナを見据えた商品企画案としては、ユーザーのライフスタイルに寄り添った商品の需要が高くなる傾向にあることを覚えておきましょう。

たとえば、3密を避けながらも屋外での時間を確保したいと思っているユーザーをターゲットとした、アウトドア商品の開発は、今需要が高まりつつあるので、期待することができるでしょう。

D2Cビジネスを成功させたいのであれば、まずは自社商品やサービスがECと相性が良いか、ウィズコロナ時代のニーズと合致しているか、ということを確認しましょう。

商品やサービスに独自性や強みがある

二つ目は、独自性や強みがある商品やサービスを取り扱っているということです。

ECの売りといえば、実店舗よりも安く商品を購入することができるという価格優位性、そしていつでもどこにいても商品を購入することができるということでした。

ですが、年々ECサイトは増加傾向にあり、これらのECの「売り」はもはや当たり前とされているのです。

今ユーザーはECに何を求めているのか、その答えこそ「独自性」なのです。

D2Cビジネスは、世界観を売るビジネスモデルであるからこそ、ユーザーにそのWebサイトでしか得られない体験を提供しなければなりません。

もしこのような強みがなく、ECで実店舗の商品を売るだけのシステムでは、今のEC業界では勝負することができないでしょう。

もしD2Cビジネスに参入するのであれば、自社商品やサービスの独自性や強みは何か、しっかりと見定めておかなければなりません。

D2C業界に本気に挑む覚悟がある

最後は、本気でD2C業界に挑む覚悟があるか、といことでしょう。

本気の覚悟と書くと、やや抽象的な表現になってしまいますが、今のEC業界は膨大な数のサイトが乱立していますし、それらのサイトが日々しのぎを削っていることが現状です。

もちろん、コロナウイルスの感染が拡大する以前であってもEC業界はかなりの盛り上がりを見せていました。

ですが、D2Cビジネスにおいて考えてみても、ここ数年で一気に導入企業が多くなり、ブランド力やマーケティング力の高さが求められるようになっています。

そして何よりも、ユーザーとの確かな信頼関係を築いていくことが重要でしょう。

だからこそ、有力サイトと勝負し、集客や売上に繋げていくためには、本気でD2Cビジネスに取り組まなければならないのです。

まずはその覚悟を持ち、ビジネスに挑みましょう。

まとめ

以上、ウィズコロナでD2Cを成功させることができる企業についてお話させていただきました。

何のプランもなくD2Cブランドを設立したとしても、この時代では競合他社との競争で勝ち抜くことはできません。

ウィズコロナ時代であっても、D2Cビジネスを成功させる企業の特徴をしっかり理解し、参考にビジネスに取り組んでみてくださいね。

まずは気軽に問合せ