D2C

今後D2Cは当たり前のビジネスになる!

D2Cは、近年急成長したビジネスモデルであり、現在では一般にも広く認知されています。

しかし、D2Cが誕生した当初から、周囲の環境や消費者の行動は大きく変化し、それに伴いD2Cと言うビジネスモデルも大きく変化を見せているのです。

このD2Cの進化は、時代の変化に併せて今後も続いていくと考えられ、近い将来にはD2Cがビジネスモデルのスタンダードとなるとさえ言われているのです。

そこで今回の記事では、今後のD2Cビジネスについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cは従来のビジネスと何が違うのか?

D2Cは、商品の開発から販売に至るまで、中間業者を介さず、自社で内製するビジネスモデルであり、自社ECを販売の軸とし、SNSをマーケティングの軸とすると言うのが特徴です。

このD2Cは、近年高い注目を集めており、あらゆる業種がD2Cに関心を示しています。

一般にも広まりつつありますが、中には、このD2Cを直販モデルと混同しているケースもあるようです。

D2Cは、いわゆる直販のビジネスモデルとは異なります。

D2Cに似たビジネスモデルとして、SPAと言うビジネスモデルが存在していますが、この両者には大きな違いがあるのです。

SPAは、D2Cと同様に、商品の開発から販売に至るまでを内製する仕組みではありますが、D2Cが自社ECを販売の軸とするのに対し、SPAは実店舗を軸として展開します。

また、マーケティングにおいても、SNSを利用するD2Cに対し、SPAでは、あらゆるメディアを利用するのです。

しかし、これは、ただの仕組みの違いにしかすぎません。D2CとSPAには、ビジネスに対する根本的な考え方に大きな違いがあるのです。

その違いとは、何を起点としてビジネスを展開するかという点です。

SPAは、大多数の消費者に対し、商品を大量に生産し、大量に販売するビジネスです。

つまり、商品を起点としているのです。

一方D2Cは、商品の開発前から消費者とコミュニケーションをとり、消費者の意見を参考に商品を作り出していくビジネスです。

つまり、消費者を起点としているのです。

現在の市場には、SPAにより大量に生産された商品が溢れています。

そして、それらの商品は、似たような商品ばかりであり、消費者はその状況に飽き飽きし、商品は売れなくなってきているのです。

代わり映えのしない同じような商品を、いつまでも購入し続けてくれるほど、消費者は甘くはないのです。

このような状況の中で、登場してきたのがD2Cビジネスであり、消費者を起点とする消費者重視のビジネスなのです。

このビジネスが、現代においてここまで注目を集めているのは、ただ単に大量に商品を売り続ける、商品が起点のビジネスとは大きく異なるからなのです。

さらに、D2Cが従来のビジネスと大きく異なるのは、デジタルを最大限に活用すると言う点です。

近年、スマートフォンの普及によって、デジタル化が急激に加速し、EC市場は拡大化しています。

インターネットの利用がさらに日常的となり、SNSを利用するユーザーも大幅に増加しています。

そして、これにより、デジタルマーケティングの存在感が増し、SNSを利用したマーケティングを行う企業も増えているのです。

そして、このデジタル化は、今後さらに加速していくものと予想されています。

D2Cは、この時代の流れに合わせて進化した、新たなビジネスモデルであり、今後当たり前のビジネスモデルとなっていくと考えられているのです。

D2Cは今後どう進化するのか?

D2Cが登場した当初、市場では、D2Cをデジタル化に合わせたマーケティングの1種と認識していました。

しかし、その市場の反応をよそに、消費者の消費活動の変化や最先端のデジタル技術の活用などにより、D2Cは急速に進化し、ビジネスにおいて無視できない存在となっていったのです。

現在でも、そのD2Cの進化は続いており、名の知れた大手の企業さえも、D2Cへの高い関心を示しています。

海外では、一足早くユニリーバやネスレと言った日本でも認知度の高い企業が、D2Cブランドを買収するなどの動きを見せ、国内でもアパレル大手が同様の動きを見せています。

そもそも、D2Cは、スタートアップ企業などの小さな企業でも、顧客を獲得できる手法として導入されてきたモデルです。

SNSなどのデジタルの活用を強みとし、資金力がなくても独創性があれば顧客を獲得することができると言うことで進化してきたのです。

これは、大手企業にはできないD2Cならではの強みとなり、特にSNS利用率の高い若年層を取り込むことに成功しました。

当初はこのように、D2Cと既存の企業は棲み分けされていたのです。

しかし、急速なデジタル化の加速により、消費者の行動は既存の企業が考えているよりも急速に大きく変化し、既存の企業も、デジタルに親和性の高い若年層を取り込むことが必要となってきたのです。

そこで、多くの企業がD2Cに目を付け、D2Cの牙城に参入してきたのです。

このように、D2Cを取り囲む環境は、急速な変化を続けています。

そして、それに対応しD2Cと言うビジネスモデル自体も進化を続け、今後さらに革新的なビジネスモデルとなっていくと考えられるのです。

まとめ

D2Cビジネスへの参入は、今後ますます増加し、新たなサービスが続々と誕生していくことが予想されます。

この流れに乗るために、多くの企業がD2Cビジネスへの切り替えを行ってきます。

そしてこれに対応するため、D2C自体も進化していくのです。

このように時代の流れに合わせて進化し続けるのがD2Cであり、今後のビジネスにおいてスタンダートとなる可能性が高いのです。

まずは気軽に問合せ