D2C

D2Cビジネスのメリットとデメリット

ここ数年、日本のEC市場において「D2C」という言葉を聞く機会が非常に多くなってきました。

200年代後半からインターネットの環境が整い、スマートフォンが普及し、ECコマースが徐々に拡大した結果、海外や日本国内においてD2Cの需要がどんどん伸びているのです。

D2Cとは、Direct to Consumerの落語であり、メーカーやブランド、卸売業者などが仲介業者や店舗などを介さずに、自社内で商品開発から販売までを行うビジネスモデルであり、高品質でありながらも低価格で商品を提供することができることが特徴です。

特にアパレル業界や美容業界との相性が良く、非常に効率よくビジネスを行うことができると今多くの企業から注目を集めていることでしょう。

とは言っても、アメリカで広く拡大していたビジネスモデルでありますので、日本ではまだまだ馴染みが薄く、実際に積極的に取り組んでいる企業が少ないことが現状です。

そこで今回は、D2Cビジネスのメリットとデメリットについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後D2C業界への参入を検討されている方は、ぜひこの基本の情報をしっかり理解して、ビジネスを進めてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスのメリット

利益率が高い

D2Cビジネスでは、商品開発から販売までのすべての行程を企業内で完結しますので、中間業者を介することはありません。

つまり、中間業者に手数料を支払う必要がありませんので、利益率が高い場合が多くなってくるのです。

従来までであれば、メーカーやブランドと消費者の間に中間業者が介入していましたので、手数料が上乗せされ、どうしても商品価格が上昇してしまうのですが、D2Cはこのように余分なコストを削減し、さらに実店舗を持たない場合であれば固定費も削減することができるので、より安く消費者の商品を提供することができるのです。

価格競争を避け、自由度が高い
D2Cでは競争相手のいない自社ECサイト内で消費者に商品を販売しますので、価格競争を避けて商品販売を行うことができるのです。

さらに、オンラインECモールでは、知名度が高いので集客力に関する強みがありますが、多くのルールやシステムの制約などがあり、独自でマーケティング施策を行うことは難しいですよね。

ですが、D2Cでは自社ECサイトで独自色を押し出した施策も自由に行うことができますので、かなり自由度が高くビジネスを行うことができるんのです。

ユーザーの囲い込みに期待できる
SNSを通じてブランディングを行うことができますので、消費者との信頼関係を構築し、「ファン」を作ることができます。

ファンづくりに成功すれば、自社に対して熱量の高い消費者をより多く囲い込むことができるでしょう。

またSNSを活用し、ブランディングや消費者とのコミュニケーションなどに成功すれば、創業して間もないスタートアップベンチャーであっても、知名度が向上しやすいのです。

D2Cビジネスのデメリット

自社専用のECシステムと物流システムを立ち上げなければならない

上記で説明した通り、D2Cは企業内ですべてを完結するため、当然のことながら従来では中間業者が行っていたことすべてを自社内で賄わなければなりません。

消費者とやり取りをする自社のECシステムや、商品発送のための物流システムを構築するための手間やコストがかかってしまうのです。

ブランディングが大変

数年前と今をひっかくしてみると、ECサイトの立ち上げ自体は非常に難しくなくなりましたが、集客施策に関しては自社で行わなければなりません。

もし集客力を上げようと専門的な人材を起用した際には、コストが増してしまう場合もあります。

自社ECに頼りきってしまうからこそ、信頼度という意味ではブランディングが大変になってくるのです。

常に魅力的で話題性のあるコンテンツを発信し続けなければならない

D2Cビジネスでは、SNSが集客の中心となり、消費者とダイレクトに繋がる場になるのです。

ここでより多くの消費者の目を惹きつけ、ファンになってもらわなければ、ただSNSを更新しているだけになってしまいます。

それはもちろん良いわけでなく、常に魅力的で話題性のあるコンテンツを発信し続けなければ意味がありません。

SNSマーケティングにおいては、投稿する担当者も明るく企業と世界観の合った人材を登用すべきでしょう。

まとめ

以上、D2Cビジネスのメリットとデメリットについてお話させていただきました。

時代の変化に伴い、消費の在り方はもちろんビジネスモデルに関しても、年々スピーディーに進んでいます。

D2Cビジネスに関しても、今後はさらに市場が拡大することが予想されていますので、D2Cビジネスの展開を検討されている方はぜひこの機会に、メリットとデメリットをしっかり理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ