D2C

D2Cビジネスのメリットと国内D2Cの動向

今非常に注目を集めているビジネスモデルといえば、「D2Cビジネス」ですよね。

日本では国内では従来より、企業が一般消費者を相手にするB2Cビジネスが主流だったのですが、最近では仲介業者を通さずに自社内で商品開発から販売までを行うD2Cサービスが急増しているのです。

D2CとはDirect to Consumerの頭文字をとった略語であり、Consumer(消費者)に直接的に商品を販売するビジネスモデルです。

実店舗のある場所だけが商圏であるというそもそもの概念を壊し、世界中どこにいても簡単に商品を購入することができる、インターネットやデジタルマーケティングの発展から生まれた新しい仕組みこそ、D2Cなのです。

D2Cビジネスを行うことで企業は非常に多くのメリットがあることから、今どんどん導入する企業が多くなっており、今後も拡大していくことが予想されているのです。

そこで今回は、D2Cビジネスのメリットと、国内D2Cの動向について詳しくお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスのメリット

企業がD2Cビジネスを導入することのメリットは、まず第一に「利益率の向上」が挙げられるでしょう。

従来までのビジネスモデルであれば、仲介業者を介して商品販売を行いますので、どうしても中間手数料などが必要になっていましたが、それらのコストを削減することができます。

そのコストを削減できた分、品質を維持し向上させ、高品質の低価格商品の販売を行うことができるでしょう。

また、顧客からの反応をすぐに活かすことができるということもメリットですね。

従来のビジネスモデルであれば、アパレルブランドやメーカー自体、顧客と接する機会はほとんどありませんでしたが、D2Cビジネスを展開することで、顧客ニーズや趣味嗜好を得ることができるようになり、多くの顧客データを蓄積することができるのです。

そのデータをマーケティングやキャンペーン、新作の開発にも役に立てることができますので、顧客の声を十分に反映した商品を作ることができるのです。

自社で細かくブランドビジョンや戦略を表現することができますので、より正確にブランドイメージを伝えることができるでしょう。

国内D2Cの動向

ECでのD2Cビジネス取引は、年々増加傾向にあります。

特にアパレル業界に関しては急成長を遂げており、さらに拡大することが予想されています。

なぜここまでビジネスが拡大しているのか、それはインターネットとSNSが大きく普及し、消費者と直接コミュニケーションをとることができる機会が多くなってきたからでしょう。

このようにインターネットやSNSが普及する前までであれば、実店舗以外には企業と消費者が出会う機会がなかったのですが、今では企業公式アカウントやインフルエンサーによりSNSを通して商品アピールをすることができますので、消費者との出会いのチャンスが非常に多くなったのです。

また数年前までであれば、オンラインECオンラインショッピングモールにネットショップを出店する形態が多かったのですが、今では自社ECサイトやオウンドメディアを通して自社ブランドの認知を広げていく、ということに変わってきているのです。

大きな注目を集めているD2Cビジネスモデルでありますが、D2Cを導入するためには自社Webサイトや確率したシステムが必要にありますし、そのWebサイトが顧客の目を惹く魅力的なサイトでなければなりません。

様々な工夫を盛り込んでいくと、もちろん必要なコストも多くなってしまいますよね。

自社ブランドを少しでも多くのユーザーに認知してもらい、魅力的に感じてもらうためのブランディング戦略も欠かすことはできません。

また、D2CではM&Aも頻繁に行われていることも注目すべきポイントですね。

高いデジタル技術を保有する企業と一緒にビジネスに取り組めば、はるかに効率良く、有用性の高いビジネスを行うことができ、結果的に早い事業拡大を目指すことができます。

また、アパレル業界に関しても、最近では低価格の商品を取り扱うことも多くなってきているからこそ、デザイン性やオリジナル性を打ち出すことが難しくなってきています。

これをどのように事業拡大していくか、ということが課題になるのですが、この場合においてもM&Aによってシェアを確保し、自社販路を広げることもできるでしょう。

実店舗とECをうまく組み合わせ、利用することができる企業こそ、今後D2Cビジネスでも伸びていく企業であると考えられるのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスのメリットと国内D2Cの動向について、詳しくお話させていただきました。

D2Cビジネスを展開する企業は、いかに多くの消費者に魅力を伝えることができるのかということを考え、さまざまな手法を考案し取り入れています。

D2Cビジネスは非常にメリットが大きく、そのメリットと背景から今後もさらに拡大し、導入する企業が多くなるかと思いますので、D2Cビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひ早いうちに知識を得てくださいね。

まずは気軽に問合せ