D2C

D2Cビジネス売上アップのためのおすすめの集客方法

今、EC業界において大きな注目を集めているビジネスモデルと言えば、「D2C」が挙げられるでしょう。

D2Cとは、Direct to Consumerの略称であり、ブランドやメーカー自体が企業内で商品を開発、製造し、その商品を自社ECサイトを通して消費者へ販売するというビジネスモデルです。

仲介業者を介すことがなく、すべての行程を自社企業内で行いますので、その分のコストを大幅に削減することができますので、高品質な商品を低価格で販売することができる、ということがD2Cの特徴でしょう。

IT業界においては、すでに自社内で開発したデジタル商材を、オンライン上で販売することが一般的になっているのですが、D2Cではアパレルや化粧品関連など実体のある商品を取り扱っているという点においても、D2Cビジネスの特徴ですね。

2010年頃、アメリカにて登場したビジネスモデルであり、特にスタートアップ企業がSNSやブログを駆使してアピールし、成功したことからアメリカで広がり、今では日本企業の導入事例も多くなってきているのです。

D2Cビジネスにおいてよく課題に上がることといえば、「集客」に関することだと思いますが、効率よく集客をし売り上げに繋げていくにはどのような集客を行えば良いのでしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネス売上アップのためのおすすめの集客方法をご紹介していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

WebサイトSEO対策で集客

Webサイトの集客の目標は、消費者が一目見て自社商品やサービスに興味を持ってもらうことでしょう。

Webサイトは企業の顔となり、多くの情報を掲載しているいわば玄関となるものです。

Webサイトへの集客は非常に有効だからこそ、自社ブランドを認知してもらわなければなりませんので、まずはWebサイトに来てもらうことを重視して進めていきましょう。

一番メジャーな手法は「SEO対策」でしょう。

SEO対策は、検索エンジン最適化という意味を持ち、ユーザーが検索した際に有益な情報を提供できるよう、コンテンツの内容や質が良いWebサイトが上位に表示される仕組みになっています。

つまり、アクセス数を増やし集客するためには検索上位に表示される必要があるのです。

内部対策、外部対策、コンテンツ対策を強化し、結果につなげていきましょう。

特にここ数年コンテンツ対策とスマホ対応が重要視されていますので、スマホから見たWebサイトも意識しなければなりません。

広告で集客

有料の広告出稿を行うことも有効で、広告出稿の場合、SEO対策を無視して直接ユーザーに情報を表示することができます。

広告の種類は「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「リマーケティング広告」の三種類があります。

リスティング広告は、検索エンジンの有料広告枠に登録することで、表示された広告をユーザーがクリックすることで費用が発生する仕組みです。

自社が取り扱っているサービスに関連するワードを検索しているユーザーのみにターゲットを絞ることができることがメリットであり、クリックをされなければ費用は発生しないということも、便利なポイントですね。

そしてディスプレイ広告は、Webサイトに画像や動画を埋め込む手法であり、広告をクリックした人の流入に期待することができます。

ディスプレイ広告の強みは、動画や画像を用い多くの情報量を直観で伝えることができますので、文字よりもかなり有効であると考えられますね。

ですが、自社商品やサービスに興味を持っていないユーザーにまでも広告配信されていまいますので、成果が出るまでに少し時間がかかってしまうでしょう。

リマーケティング広告は、広告を一度見たユーザーにターゲットを絞って、再度そのユーザーに広告を載せる手法です。

価格が高い商品を購入するとき、多くの方は似た商品を複数比較し、検討するでしょう。

特にアパレル業界の場合、リマーケティング広告を掲載するかしないかでは、購入率に2倍もの差があるといわれています。

ユーザーが商品を比較する際、多くのWebサイトを閲覧しますが、人はどうしても後に見たものの記憶が残りやすく、最初に見たものの印象は薄くなってしまいますので、しかるべきタイミングで情報を提示することが大切なのです。

SNSで集客

今、スマートフォンが多く普及していることと同様に、SNSも私たちの生活にとって非常に身近なものになりました。

だからこそ、SNSの情報拡散力もかなり大きくなり、SNSを駆使してマーケティングに有効活用している企業が非常に多くなってきました。

中でも特にTwitter、Instagram、Facebookなどは近年マーケティングの対象とされています。

ここで注意しなければならないことが、それぞれのSNSは明確な違いがあり、それぞれ特性と強みがありますので、自社との相性の良いSNSを選定しなければ、無駄になってしまいますので、自社の業種、ターゲットをしっかり考えて選択するようにしましょう。

まとめ

以上、D2Cビジネス売上アップのためのおすすめの集客方法をご紹介させていただきました。

それぞれにメリットがある集客方法ですので、自社にあった集客手段を判断し、うまく活用することで、大幅な売上アップに繋がりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは気軽に問合せ