単品リピート通販

単品リピート通販において重要なデータドリブンとは?マーケティング活用のための実用ステップをご紹介!

マーケティング担当者の方であれば、最近注目されている「データドリブン経営」や「データドリブンマーケティング」といった言葉を耳にされることがあるかと思います。

「データドリブン」という言葉を用いられる言葉が、マーケティング界で注目されていますが、このデータドリブンという言葉の意味をご存知でしょうか?

あまり意味を良く理解していない、どういったことに実用できるのか分からない、という方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、「データドリブン」とは何か、詳しくご説明していきたいと思います。

そして、どのようにマーケティングに活用していくのか、その実践ステップもあわせてご紹介させていただきたいと思います。

マーケティング担当者の方で、データドリブンを取り入れようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

データドリブンとは

まず、「データドリブン」とは何か、ご説明していきたいと思います。

データドリブンは簡単に言うと収集したデータを分析し、意思決定や企画の立案に役立てていく方法論のことを言います。

経営やマーケティングを行う上で、データを分析し、そのデータを有効活用していくことは非常に重要なことです。

このデータを元としたマーケティングは、根拠のあるものとして提示できるものであり、施策後の検証にも必要不可欠となるものです。

最近ではITの発展に伴い、一昔と比べると、容易に消費者の行動の情報を収集することができるようになりました。

そしてその時代の流れから、収集したデータをより密に分析することと、それをいかに有効活用するか、ということが重要となています。

消費者自体がさまざまな価値観を持っているので、それに合わせたアプローチが必要となりますので、個々のニーズに合わせたアプローチが必要となり、それぞれの消費者のにニーズを充足させなければなりません。

ですのでデータを基に、お客様が求めている商品やサービスを捉えて、意思決定をしていく必要があります。

このように、データを基に個々に応じたアクションを起こしていくことを、「データドリブン」と言います。

データドリブンマーケティングの実践ステップ

データドリブンそのものをマーケティングとして活用することがありますが、本来であればデータを基としたマーケティングを組み立てていくことを「データドリブンマーケティング」と言います。

データドリブンマーケティングは、「収集したデータをより細かく分析し、マーケティング施策を組み立てていく」というシンプルなものではありますが、これをいざ実践しようと思うと、容易なことではありません。

まずは基本ステップをしっかり理解していきましょう。

・ステップ1:データ収集

データドリブンマーケティングを行うには、まずデータ収集から行いましょう。

全データを収集することは難しいので、マーケティングを目的とするデータをあらかじめまとめておき、見極めていきましょう。

「最終的にどのような情報が欲しいのか」ということを想定し、分析後のゴールを設定しておきましょう。

せっかくデータ収集を行ったにも関わらず、そのまま活用せずに無駄にしてしまったという例も多くありますので、まずはデータ分析をすることの目的を明確にしてから、データ収集を行って下さい。

・ステップ2:収集後のデータを分析する

データの収集が終われば、そのデータを分析していきましょう。

まず、収集したデータを、目的に合わせて整理し、分類するところから始めていきましょう。

データを整理し、どのデータがどの目的に対して必要なのかを理解し、丁寧に読み込んでいきましょう。

たとえば離脱顧客で考えた場合、その原因を抽出することで、対策を考案することができます。

・ステップ3:アクションプランの決定

データの分析が終われば、いよいよデータドリブンマーケティングのアクションプランを決定していきます。

分析後の正確なデータを基に、アクションプランを計画していくことで、より精密なマーケティングを行うことができるのです。

このアクションプランを決定する際にも、かならず分析後のデータを基に計画をすることが重要です。

せっかくのデータを無駄にしてしまわないためにも、データに沿ったプランを決定していきましょう。

まとめ

以上、データドリブンとは何か、データドリブンをマーケティングに活用するための実用ステップをご紹介させていただきました。

データドリブンは、今の時代の消費者の価値観の多様に伴い、ますます重要視されていくマーケティングとも言えるでしょう。

データドリブンを取り入れることによって、現状のマーケティング施策を最適化することも可能ですし、データドリブンの効果を検証することで、よっりよいマーケティング施策を考案することもできます。

ぜひこの機会に、さっそくデータドリブンのことを学び、今のマーケティングに取り入れてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ