単品リピート通販

単品リピート通販におけるネットショップ用語「DEX」とは

ネットショップビジネスは今、非常に多くの注目を集めているビジネスモデルであることでしょう。

実店舗を開業することと比較すると、はるかに低コストで開業することができますし、オンラインでの商品売買でありますのでもちろん時間が定められておらず、24時間365日商品を販売することができますので、効率良くビジネスを行うことができます。

最近ではネットショップ開業サービスも非常に豊富になり、誰でも無料で即日ネットショップを開業することができるようになっていますので、インターネット上には年々ネットショップの数が多くなってきているのです。

ネットショップビジネスを行っていると、さまざまな専門用語を学ぶ機会が多いことでしょう。

専門用語を覚えていなければ、ネットショップの運営が非効率になってしまいますし、ノウハウを蓄積され辛い状況になってしまいます。

ですので知らない用語が出てくればその都度、その意味を理解することが運用者に求められるのですが、ネットショップ運営者の方は「DEX」という言葉とその意味をご存知でしょうか。

そこで今回は、ネットショップ用語である「DEX」を詳しく解説していきたいと思います。

ネットショップビジネスにご興味のある方も、ぜひこの機会に専門用語の意味を理解してみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「DEX」とは

Decentralized Exchange(ディセントラリゼッド・エクスチェンジ)の頭文字を取った略語が「DEX」です。

分散型取引所のことを意味し、主特定の中央管理者がいない仮想通貨を売買取引することができる場所のこと
を言います。

対語としては中央集権取引所という形態で仮想通貨を管理する企業が運営する取引所である、非分散型取引所があります。

後者の中央集権取引所とは、DEXが現れるばで一般的とされていた取引所であり、分かりやすいイメージとしては、証券取引所などは中央集権取引所でしょう。

中央集権取引所の例としては「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などが挙げられるでしょう。

「DEX」の特徴

「DEX」は、一部の企業の利益を誘導する運営をすることができないようになっています。

中央管理者が存在しませんので、中央集権取引所でのセキュリティリスクを減らすことができるのです。

また、秘密権を自分自身で管理することができるので、個人間での仮想通貨売買になるのです。

自社ビジネスとして仮想通貨を運用したいという方にはおすすめのものであると言えるでしょう。

「DEX」のメリット

DEXのメリットとしては、「売買手数料が不要であること」「本人確認が不要であること」「中央集権取引所のリスクを軽減させることができること」が挙げられるでしょう。

マイニングが行われると、新しいブロックが生成される際、マイニングフィーが必要になりますがそれは少々のことです。

また、本人確認が不要ですので、アドレスなどの個人情報を防ぐことができることもメリットですね。

「DEX」のデメリット

DEXのデメリットとしては、まだDEXユーザーが少ないことが挙げられるでしょう。

現れたばかりの取引場所でありますし、取引の流動性が低いので人気の通貨の売却を検討しても購入検討ユーザーがいなかったり、その逆に売却ユーザーがいない状況になってしまいますし、取引できる通貨ペアが少ないのです。

また、中央集権取引所と比較するとはるかに安いものの、入手金を行う場合には手数料が発生してしまいます。

今現在の過渡期では手数料が発生してしまいますが、今後はさらに需要が高まり、新たなプラットフォームの出現が予想されていますので、注目したいところですね。

また、取引にいたるまでの秘密鍵の保管は自己責任で行わなければならないことも、デメリットになるでしょう。

「DEX」の事例

DEXを導入している事例としては、「EtherDelta」や「Counterparty」があります。

これらは非常に参考になる事例ですので、ネットショップを運営するに当たり、DEXを知っておきたいと考える方は実際にこれらの事例を参考に、今どのような仮装通過の取引がされているのか、どのようなメリットがあるのか、人気の理由はなんなのか、ということを自己分析してみてくださいね。

まとめ

以上、ネットショップ用語である「DEX」について、お話させていただきました。

上記のデメリットで説明したとおり、まだまだ利用者は少ないものの、今後より注目があるキーワードであることが予想されます。

ネットショップビジネスにおいても、仮想通貨の取引所として中央集権取引所からDXへの期待が高まって来ているからこそ、今すぐにでもビジネス知識のひとつとして習得しておくべき情報であるといえるでしょう。

ネットショップを運営されている方は、ぜひこの機会にDXの意味を正確に把握しておいてくださいね。

まずは気軽に問合せ