単品リピート通販

Web広告・インターネット広告・デジタル広告運用型広告のそれぞれの特徴

インターネット上の広告にはさまざまな呼び方があります。

「Web広告」「インターネット広告」「デジタル広告」という風にありますが、デジタル市場ではその中で利用される広告の種類は非常に多いのです。

実際に企業のデジタルマーケティングを担当する場合、得意とされている領域や特徴と仕組みを知っておかなければなりません。

そこで今回は、Web広告・インターネット広告・デジタル広告それぞれの代表的な広告である、「純広告」「アフィリエイト広告」「タイアップ広告・記事広告」「アドネットワーク」について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

それぞれの特徴をしっかり理解することこそ、広告運用に大切なことなのです。

広告運用を始めようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって参考にしてみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

純広告

純広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取り、そこで広告を掲載する広告のことを言います。

昔からある広告の形態ですので、露出度を確保したいと思った際に利用する、という認識が多いかと思いますが、純広告であればターゲットが明確になり、クリック単価が安い場合も非常に多くあるので、コンバ―ション獲得の際に非常に活躍する場合があるのです。

純広告の特徴として、事前にコストと露出量が分かりますし、クリックからコンバージョン単価は一般的に高くなりやすいのです。

そして、同じような掲載場所や露出量であっても、サイトやメニューによって金額が違いますので、メニュー選択が大切となるのです。

運用広告において、「純広告」というものは、Web広告やインターネット広告、デジタル広告といった項目において、必ず目にするワードですので、しっかり理解しておきましょう。

 

アフィリエイト広告

ユーザーがその広告にアクセスし、購入や申込みなど、定められた特定の成果を達成した時点で広告費用を支払うモデルです。

「アフィリエイト」という言葉は今では一般的になっていることから、言葉だけなら知っている、という方も多いのではないでしょうか。

アフィリエイト広告は、多くの広告主が利用している場合が多く、コンバ―ション獲得が目的の施策とされています。

ひとつの広告に対し、多くのサイトと個別に提携したり、成果の決まりから支払いまでの仕組みが必要なことから、それらをすべてまとめるためのASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を通して取引をすることが一般的です。

たとえば、ポイントサイトや価格比較サイト、個人でのブログなど、さまざまなサイトと提携することが特徴的ですね。

ユーザーがアクションを起こしてからから広告主に渡るまで、さまざまな経緯がありますが、良い仲介業者を見つけることが、成功のポイントとなるのです。

 

タイアップ広告・記事広告

もうすでに存在しているWebメディアのなかの、ひとつの記事のような形でオリジナルの記事を作成し、掲載することが、タイアップ広告や記事広告と言います。

広告を掲載しているサイトが、そのサイトを閲覧している読者に合わせて、倍他k側が記事を製作するケースが多いと言えるでしょう。

ですがそればかりではなく、広告代理店や広告主が記事を持ち込むというケースがあるのです。

このタイアップ広告と記事広告の特徴は、掲載されるサイトの掲載基準に沿って記事作成されるので、基本的には情報の信頼度が高いのです。

さらに、自社サイトでは掲載しにくい切り口でもどんどん掲載していくことができる、という点も非常に特徴的ですよね。

広告が掲載されているサイトの文脈に沿った記事を製作すると、より効果的になることでしょう。

 

アドネットワーク

アドネットワークとは、複数のサイトに横断的にWeb広告を掲載できるシステムです。

限られた予算の中でも、できるだけ多くのサイトに露出したい、と思われる方に対応したシステムでありましたが、今ではターゲティング手法もさまざまに広がっており、多くの目的から、このアドネットワークが活用されているでしょう。

アドネットワークの特徴は、メニューの柔軟性が高く、幅広いニーズに対応することができますし、サイトへの送客数を増やたい場合、女性に多くリサーチしたい場合、掲載中に広告効果を検証したり改善したい場合に活用することができます。

アドネットワークにはこのような特徴と、活用するメリットがあるのです。

 

まとめ

以上、Web広告・インターネット広告・デジタル広告であるそれぞれの代表的な広告についてお話させていただきました。

主となる広告が数多くあるので、広告運用を行う上では最低限の理解をしなければなりません。

これだけではなく、他にもさまざまな広告形態がありますが、まずはこの4つを理解することから始めましょう。

自身のWeb広告を、最大限に運用するためにも、ぜひこの記事を参考に、知識を増やしてくださいね。

まずは気軽に問合せ