単品リピート通販

単品リピート通販におけるダイレクトメールとダイレクトマーケティングの違いとは?

通販は、今や私たちの生活に非常に身近な存在となっており、市場規模も拡大の一途を辿っている活発な分野になります。

またネット上のビジネスということもあり、参入障壁が低く多くの個人から企業までが参入しています。

しかし、一方で正しい通販サイトの構築や運用が出来ずやむを得ず撤退する企業が多いのも事実です。

そこで、今回は通信販売の基礎となる通販におけるダイレクトメールとダイレクトマーケティングの違いについてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

そもそも通販とは

通販は、通信販売の略で文字通り通信手段を介して商品を販売しています。

在庫を抱えたり、土地を借りたりして販売する実店舗販売ではなく、ネット・テレビ・カタログなどの通信手段を介して商品を販売するため、土地などが必要なくコストをかなり抑えることが可能となっています。

そして、一口に通販と言っても様々な商品を扱う「総合通販」と特定のジャンルや商品に特化した「単品通販」に分けられます。

百貨店やショッピングモールのネット版を「総合通販」・個人で経営しているパン屋さんや商店街のお肉屋さん・八百屋さんのネット版を「単品通販」とイメージすると分かりやすいと思います。

そして、通販において非常に重要になってくるのがマーケティングです。

ダイレクトメールとダイレクトマーケティングの違いとは

通販を運営していく際に、避けて通ることが出来ないのが様々なマーケティングの中でもダイレクトマーケティングと言われる戦略になります。

そもそもダイレクトマーケティングとは、文字通りにはなりますがターゲットとなるユーザーに対して、適したタイミングでユーザーの興味を引くであろう商品を個別にアプローチする手法になります。

簡単に言うと、100人の顧客に対して、100種類のアプローチを行うことをイメージすると分かりやすいと思います。

一方のダイレクトメールは、100人の顧客に対して同じ文面のメールを送信することです。

ですので、ダイレクトメールとダイレクトマーケティングは言葉自体は似ていますが、内容は全く異なります。

ダイレクトメールでは、興味のあるユーザー・興味のないユーザー関係なくアプローチを行うケースが未だに多く、正直企業側としても効率が悪い上に手間がかかります。

しかし、ダイレクトマーケティングの場合は、それぞれのユーザーに合わせたアプローチを行うことが出来るため、企業側にとってもユーザー側にとってもメリットが非常にあります。

どのようなメリットがあるかと言うと、まず企業側の場合、効率良く利益に繋げることが出来る一方で、よりユーザーごとの顧客データを取る事が可能になります。

またユーザー側にとっても、自分に合った商品を紹介してくれるため自分専用と言った特別感を抱くことが出来るため、ますます購買意欲が増すことになります。

ダイレクトマーケティングにおける課題

かなり魅力的で企業側にもユーザー側にもメリットのあるダイレクトマーケティングですが、活用するには様々な課題をクリアしておく必要があります。

中でも特に重要なのが、上記でも少し触れていますが徹底した顧客情報の管理になります。

なぜなら、いきなりダイレクトマーケティングを行おうとしても顧客データを持っていなければ、どのようなアプローチが可能なのか・適切なのか・利益に繋げるためにはどうしたら良いかなどの対策を打ちようがないからです。

ですので、「デシル分析」や「RFM分析」と言ったダイレクトマーケティングにおける顧客データの分析をまずは徹底的に行うことが重要になると思います。

このような地道な顧客データを集め分析し、試行錯誤しながらユーザーにアプローチをくり返すことで、よりダイレクトマーケティングの効果を発揮することが出来るようになります。

簡単ではないダイレクトマーケティングですが、適切な戦略を行う事が出来れば莫大な利益を上げることも可能なので、地道な作業こそ丁寧に行うことが成功するポイントではないかと思います。

まとめ

今回は、通販におけるダイレクトメールとダイレクトマーケティングの違いと共に、通販のそもそもの意味やダイレクトマーケティングの活用方法などについてご紹介してきました。

今や通販は、私たちの生活に非常に密着したビジネスであり、需要もあるため今後もますます拡大していくジャンルだと思います。

そのため、参入してくる企業も多いのでいわゆるレッドオーシャンとも言われていますが、参入障壁は低いが同時に通販で成功する確率も決して高くはないため、いかにマーケティング戦略を練るかが重要になってくると思います。

中でも特に効果があるのが、今回ご紹介しているダイレクトマーケティングですが、効果のある一方でかなり地道に顧客データを集める必要があるため、一朝一夕で成功する戦略ではないと思います。

しかし、ダイレクトマーケティングが上手くいけば必ず利益に繋がるため、面倒でも実践していくことはおすすめだと思います。

まずは気軽に問合せ