単品リピート通販

単品リピート通販の広告運用で使えるディスプレイ広告について

ディスプレイ広告を始めるためのステップを1つずつ紹介します

今からディスプレイ広告運用を行おうと思っているみなさまには大変有益な情報になると思いますのでぜひ参考にしてください。

商品を販売したり、サービスを知ってもらうために広告を使って多くの人へ認知させる必要があるのはいうまでもありません、そこで広告運用に対する知識が必要になってきます。

ですが広告運用を行いたいとは思っても、何から始めて、どう進めれば良いのか迷っている方はいらっしゃいる人が非常に多くて手がついていないというのが実情だったりするのです。

企業に勤め、いきなり広告運用を任されてしまった場合にも、どのような段階を踏んで、広告運用を行えば良いのか迷ってしまうという方も少なくはないと思います。

ディスプレイ広告運用を行うには、まずその特性を理解することが何よりも重要ですよ。

そこで今回は、ディスプレイ広告を始めるためのステップをご紹介させていただきたいと思います。

ディスプレイ広告とはそもそもどんなものなのか、どんな段階をふんでいくとより効果的なのか、ということを考えていきましょう。

ディスプレイ広告運用の進め方に疑問を持たれている方、ご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

当社では単品リピート通販のクライアントが多いのですが、ディスプレイ広告をうまく運用している企業がやはり売上を多くあげていますので、非常に大事なスキルとなります。

ディスプレイ広告についてこれから丁寧にステップ順に解説をしていきますね。

ステップ1:ディスプレイ広告を知る

ディスプレイ広告を運用させていくには、まずディスプレイ広告というものを知りましょう。

ディスプレイ広告とは広告手法の一つであり、簡単に言うと、「サイト上に掲載される広告」のことを言います。

あらかじめ広告として設定されている「広告画像」等をクリックすることで、広告主が設定したサイトへ移動することができます。

配信対象のセグメントを細かく設定することができますし、近年の技術の進化によって対応フォーマットが非常に多様化しているため、サイト上の広告枠にテキストやバナーを掲載することはもちろん、動画バナーを設定することもできるのです。

広告運用で知られている「リスティング広告」は、ユーザーが今まさに検索しているキーワードに対しての広告を配信するため、ニーズが健在的で成果に結び付きやすいのですが、ディスプレイ広告と比べてみると、リーチできるユーザー層が限られてしまいます。

このディスプレイ広告は、リスティング広告ではリーチできないユーザーと接触することが可能ですので、リスティング広告と併用して活用させると、より効果を最大化させることができる広告なのです。

サービスを知らない層へ認知させることができるので、潜在的なニーズを引き出すことができます。

リスティング広告とディスプレイ広告の違いを理解することで、よ理効果的な広告運用を行うことができるのです。

また、ディスプレイ広告の掲載面は、YahooやGoogleでは違いがあることも理解しておきましょう。

ディスプレイ広告は、新規顧客を開拓するには非常に有効的ではありますが、購買行動への貢献度を正しく理解できていなければ、予算の無駄が発生しやすいので注意が必要です。

 

ステップ2:ディスプレイ広告を始める

ディスプレイ広告には「顕在層向け」と「潜在層向け」があります。

広告配信を始める際には、まず建材向けの広告から始めていきましょう。

顕在層向けの広告配信には、リターゲティング広告があり、一度サイトに訪問したユーザーリスト別に広告配信をすることができます。

ユーザーがコンバ―ションせずに、サイトから離脱してしまっても、顕在層向けの広告を配信していると、そのユーザーを追いかけて広告配信をすることができます。

ですので、見込み客を刈り取ることができるので、効率的に広告を掲載することができるのです。

顕在層向けの広告を配信する場合、もし自社商品が複数あるのであれば、また別商品の広告を掲載することができるので、ユーザーに向けて別商品の販売を促進することも可能なのです。

広告配信初心者であれば、テキスト広告だけでも十分な表示回数が出ますので、まずはテキスト広告から始めて徐々にバナーを用意することをおすすめします。

滞在層向けの広告は、「〇〇に興味がある人」を特定してターゲティングする方法がありますので、ユーザーが見ているサイトのコンテンツやユーザーの興味や関心を理解したターゲティング方法が効果的です。

滞在層向けの広告配信は、リスティング広告などでリーチできないユーザーにも広告配信することが可能ですので、リーチを広げたいと思う場合には効果的です。

 

ステップ3:施策を図る

ディスプレイ広告を配信すると、そのデータに伴ったユーザーの「年齢」「性別」「地域」を見ることが可能です。

このデーターを元に、コストや獲得率を考慮し、ユーザーを切り捨てることができるので、より効果的なユーザーだけに配信することができるので効果的です。

このデータから、個別にターゲティングを行い、獲得できるサイトだけを狙って広告配信をすることが可能です。

こういった施策を図り、サイトのコンテンツやカテゴリをしっかり分析することが、広告配信の基盤となるのです。

 

まとめ

以上、ディスプレイ広告を始めるための3つのステップをご紹介させていただきました。

広告配信を始めようと思っても、実際何から手をつければ良いのか、どのような順序を踏めば良いのか分からない、という方もきっと多くいらっしゃるかと思いますので、そんな方はぜひこの記事を参考に、まずはこの3ステップを行うことから始めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ