単品リピート通販

単品リピート通販において今注目を集める頒布会システムとは?サブスクとの違いは何?

頒布会は、毎月違った商品が届くという、古くから行われている販売手法です。

定期購入やサブスクリプションと混同されることが多いですが、それらの販売手法とは違う特性があります。

そして、サブスクリプションが流行している現在、この頒布会が再度注目を集めているのです。

そこで今回の記事では、現在注目を集めている頒布会システムについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

頒布会とは?

頒布会とは、一度契約をすることで、商品が定期的に届けられる仕組みの通信販売の手法であり、インターネットが普及する以前から行われています。

代表的な例としては、郵便客が行っているふるさと会と言う頒布会が良く知られており、これは名前の通り様々なふるさとの名産品の中から、提供者側が選んだ、毎月異なる商品が届けられるという仕組みになっています。

その他にも、りんご農家から毎月違う種類のりんごが届けられる、お酒の専門店から、毎月おすすめのお酒が届けられるなど、いろいろな種類の商品が提供されています。

サブスクリプションとの違い!

この頒布会は、販売の仕組みから、定期購入と混同されることがよくありますが、両者には大きな違いがあります。

前述のように、頒布会は毎月提供者側が選択する異なる商品が届くシステムであり、消費者が商品を選択することはできません。

一方で、定期購入は消費者が商品を選択し、その商品が定期的に届けられるというシステムなのです。

また、今流行しているサブスクリプションにおいても、同じような仕組みのサービスが提供されています。

これは、サブスクリプションコマースと呼ばれるサブスクリプションにおける販売手法の一つであり、頒布会の手法と同様の仕組みです。

この両者は、基本的な販売の仕組みに違いはありませんが、従来の頒布会が食品や飲料品が中心となっているのに対し、サブスクリプションコマースでは、食品だけでなく、アパレル商品、化粧品、ペット用品、玩具などあらゆる分野からサービスが提供されていると言うのが両者の違いと考えられています。

しかし、従来の頒布会では、食品や飲料品の提供が中心であるとは言っても、手芸品などほかのジャンルの商品を取り扱っているケースもありますので、厳密にはこの点は大きな違いとは言えないのです。

そのほかの点で大きな相違点を考えた場合、サブスクリプションサービスにおいて最も重視されている顧客重視の点で差があると考えることができます。

従来の頒布会では、その月の旬の果物やおすすめ商品を提供するのが一般的ですが、サブスクリプションサービスでは、顧客それぞれの好みに合わせて、その道の専門家により厳選した商品を提供すると言った付加価値を商品に与えています。

例えば、ワインであれば、一流ソムリエが顧客の好みに合わせて厳選したワイン、洋服であれば、有名スタイリストが顧客に合わせてスタイリングした商品と言ったように、通常では享受できないようなサービスを受けることができるのです。

このような点でこの両者には違いがありますが、サブスクリプションコマースが広く普及したのは、そもそも頒布会と言う販売手法が一般に普及していたからであるとも言えるのです。

このように、サブスクリプションコマースが顧客重視に徹底したサービスであり、付加価値の高い商品を手軽に購入できると言う大きなメリットもありますが、だからと言って頒布会がそれよりも劣るサービスと言うわけではありません。

サブスクリプションコマースの仕組みは頒布会と変わらないものですし、頒布会が顧客を重視していないということはないのです。

頒布会をECサイトで活用するには?

頒布会の仕組みは、多くのECサイトでも導入されており、通常の販売方法と併せて取り入れているケースもあります。

具体的には、顧客との関係性の構築に活用するという方法があります。

頒布会は、定期的に商品を届けるというシステムであり、一度顧客と契約を結べば、長期的に関係を継続していくことになります。

これは、顧客との関係性の強化に適しており、上手く活用すれば顧客ロイヤルティを高め、顧客を自社のファンに育成していくことも可能となります。

また、頒布会は、自社商品の認知度を高めるために活用することもできます。

頒布会は、同じ商品を届ける定期購入と異なり、毎月異なる商品が届けられます。

そして、多くのECサイトではいろいろな種類の商品を取り扱っているため、それらの商品を試してもらいたい場合には、このシステムが有効となるのです。

頒布会を利用して、顧客に毎月異なるおすすめの商品を届けることで、自社が強く訴求したいと考える複数の商品の認知度を高めることが可能となるわけです。

ただし、この場合、毎月質の高い商品を揃えることが前提となりますが、商品数の多いサイトであれば顧客へのアプローチに効果的な方法となります。

まとめ

頒布会は、古くから行われている販売手法ですが、現在でも多くのサイトで活用されています。

そして、頒布会と同様の仕組みを持つ、サブスクリプションコマースの流行により、再度注目を集めつつあります。

頒布会の魅力は毎回異なる商品が届くということであり、現在の商品が溢れかえっている現状では、その特徴が目新しいものとして受け取られているのです。

頒布会を活用したいのであれば、この流れに乗り、今回説明したようなポイントに注意し、特徴を最大限に活かすように利用していくことが重要となります。

まずは気軽に問合せ