サブスクリプション

ビジネスアイデアに悩まれている方必見!国内でシェアを広げるサブスクリプションの種類

モバイル端末が普及しているこの時代、商品やサービスを販売する方法にも数多くの種類が存在しています。

中でも特に注目を集めているのが「サブスクリプションビジネス」です。

サブスクリプションは、商品を購入する消費者が、商品を所有することに価値を見出すことから、商品を利用することに価値を見出すようになるという、価値観の変化から生まれたものです。

少し前であれば、車や音楽、書籍などは費用を支払い所有するといった考え方をすることが、「ステータス」であると考えられていたのですが、今ではそういったステータスを求める人が少なくなり、商品やサービスを利用したいときに利用し、効率を重視するようになりました。

「定額制」と同じ意味を持ち、ユーザーがサービスを一定期間利用できる権利を購入するビジネスモデルです。

もともとこのサブスクリプションは、雑誌や新聞などを「年間購買」「予約購買」をするといった意味で用いられていたのですが、現在では定額制で受けることができる幅広いジャンルのサービスのことを示すようになりました。

今注目を集めているビジネスモデルだからこそ、より大きな売り上げを期待してサブスクリプションビジネスを展開していきたいと考えられている方も多いかと思います。

そこで今回は、国内でシェアを広げているサブスクリプションビジネスの種類についてお話しさせていただきます。

ビジネスアイデアに悩まれている方は必見ですよ。

サブスクリプションビジネスを始めたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

エンターテイメントサブスクリプション

サブスクリプション=エンターテイメントと言っても過言でないほど、サブスクリプションビジネスを大きな成功を成し遂げたものが、このエンターテイメントのサブスクリプションです。

「Spotify」「Apple music」「AWA」などの音楽配信サービス、「Netflix」「Amazon prime」「Hulu」などの動画配信サービス、「dマガジン」「楽天マガジン」「タブホ」などの雑誌漫画配信サービス、「PlayStation Now」「Origin Access」などのゲーム配信サービスがあります。

これらはデジタルサブスクリプションビジネスですので、コンテンツ内容や利用料金を工夫することで成功しやすいビジネスであると言えるでしょう。

アパレルサブスクリプション

アパレルサブスクリプションは、ミニマリズムや洋服を持つことを嫌う人、そして洋服にこだわらない人をターゲットとしたサブスクリプションビジネスです。

「MECHAKARI」「LAXUS」「airCloset」「SparkleBox」などが主に人気を集めているアパレルサブスクリプションです。

ユーザーは月額定額料金を支払うことで、さまざまなジャンルの洋服を着ることができます。

最近では、スーツやブランドバッグ、ジュエリーなどのアパレル系のアイテムも展開が多くなってきています。

アパレルサブスクリプションビジネスは、成長中で今後新たな展開が期待されているビジネスであると言えるでしょう。

グルメサブスクリプション

非デジタル系サブスクリプションビジネスとして、最も注目を集めているのがグルメサブスクリプションビジネスです。

「ONE MONTH MOWA PACK」「subsc」「cooffee mafia」などのサービスが有名になってきています。

ターゲット層を絞り、ランチやディナー、コーヒーなど、日々通うものをサブスクリプション化することで、より利便性を高めることを目的としています。

グルメサブスクリプションは、サブスクリプションビジネスの中でも失敗に終わってしまうケースが最も多いジャンルですので、自社が提供するサービス内容とユーザーの需要、価格設定をしっかり考慮する必要があります。

自動車サブスクリプション

デジタル系サブスクリプションビジネスが次々と成功を収め、その後非デジタルサブスクリプションビジネスが注目されたときに現れたのが、自動車サブスクリプションビジネスです。

今やもはや自動車サブスクリプションは主流になっているものであり、「NOREL」「KINTO」「ドライブパス」が良い例となるでしょう。

国産車だけでなく、購入するにはなかなか手が届かないという輸入車でもサブスクリプションで利用することができるので、ユーザーからの需要が高まってきています。

まとめ

以上、国内でシェアを広げるサブスクリプションの種類についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションは今非常に注目を集めている手法であるからこそ、さまざまな業種の参入が多く見られます。

もちろん、業種やサービス内容によっては早期撤退せざるを得ない状況もあるのですが、今回ご紹介した種類の成功事例を参考に、サブスクリプションビジネスを成功させるためのより良いビジネスアイデアを出してくださいね。

まずは気軽に問合せ