単品リピート通販

単品リピート通販におけるeasy my shopとは?メリットとデメリット

今は誰でも簡単にネットショップを開業することができるようになりましたが、初心者であっても最低限の基礎知識を得ていなければ、ネットショップを開業したとしても利益を得ることは難しいと言えるでしょう。

実店舗の運営と比べると、「お客様に販売する」という点では同じですが、接客の仕方には大きな違いがあります。

特にネットショップビジネス初心者の方であれば、どのショッピングカートサービスを利用してネットショップを構築しようか悩まれるかと思いますが、株式会社システムリサーチが運営する「easy my shop(イージーマイショップ)」をご存知でしょうか。

easy my shopはその名にある通り「easy(簡単)」に利用することができることにこだわりを持っているカートサービスであり、無料出店ができるという特性があります。

そこで今回は、easy my shopとは何か、メリットとデメリットを合わせてご紹介していきたいと思います。

ネットショップビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

easy my shopのメリット

easy my shopは他のショッピングカートサービスと比較すると非常に優れている点があります。

まず1つ目は、月額利用料金が無料のプランがあることです。

ネットショップを出店する際、ほとんどの方は「固定費用」「月額利用料」「販売手数料」を重視することでしょう。

他のショッピングカートサービスであれば、出店自体は無料で出来たとしても継続利用の際は月額固定費が必要になりますが、easy my shopであれば、使い方のレベルによってはそのまま無料でネットショップを運営することができるので、コストパフォーマンスが非常に良いと言えるでしょう。

2つ目は、写真を「キレイ登録」することができ、最大50枚まで登録ができることでしょう。

商品画像の取り扱いが非常に親切で、高解像度画像を登録した際に自動で拡大してくれる機能が備わっています。

フォトショップやフォトレタッチソフトを使用しなくても、自動である程度明るくきれいに彩度を調整してくれます。

3つ目は、今の時代ネットショップ運営はSNSとの連携が必要不可欠だと言われていますが、easy my shopは、FacebookなどのSNSとの連携が簡単にできます。

Facebookと連携することで、ユーザーのタイムラインに表示することができますので、アクセス数の獲得や情報拡散に期待することができるでしょう。

4つ目は、大手ECショッピングモール「Yahoo!ショッピング」とも無料で連携出店をすることができますので、集客力を十分にカバーすることができます。

5つ目は、easy my shopには、「かんたんレイアウト機能」が備わっていることです。

通常であれば、デザインのレイアウトを変更する際、HTMLやCSSなどの専門的な知識が必要になるのですが、かんたんレイアウト機能を利用することで、誰でも簡単にマウスひとつでレイアウトデザインのドラッグ&ドロップを変更することができますので、自分の好みに合わせて入れ替えることができるのです。

最後のメリットは、オプションプランではあるものの、AIによる接客ツールが導入されていますので「ecコンシェル」を利用することができることでしょう。

このecコンシェルは、NTTドコモが提供する人工知能によるWeb接客ツールであり、ネットショップに訪れたお客様に最適なクーポンやバナーを表示させることができますので、展開率が自動で向上しやすいのです。

このAI接客サービスは今非常に注目を集めている機能でありますので、今後もさらに拡大が予想されるでしょう。

easy my shopのデメリット

easy my shopは上記のようなメリットがありますが、無料プランを利用する場合にはデメリットもあります。

まず、無料プランの場合は容量が少ないということでしょう。

表示できる商品画像枚数は50枚と多いのですが、容量が100MBしかありませんので、商品画像の多さを活かしきることが出来ない場合があります。

ですが、これは画像ファイルサイズによりますので、JPG最適化した画像にすれば、400KB~800KBに抑えることができます。

もし画像1枚のファイルサイズを500KBとし、1商品に対して10枚の画像を設定すると、商品数は20商品になるでしょう。

商品数が少ないネットショップであれば問題はありませんが、アパレル系ネットショップなどの角度やアングル別、着用画像が必要であれば不向きですので、スタンダードプランの利用をおすすめします。

また、easy my shopの決済方法は「イージーペイメント」が用意されており、固定費無料でクレジットカード決済やコンビニ支払に対応してもらえます。

スタンダードプラン以上は決済手数料3.6%+40円なのですが、無料プランの場合、クレジットカード決済手数料が5%+40円と割高になっています。

そして、集客力に対しても自力の対応が求められるでしょう。

easy my shopではSEO対策に関する機能が備わっているものの、あくまでもサイトマップが作成されるだけですので、ブログなどのコンテンツは自信で作成していく必要があるでしょう。

ですが、ほとんどのネットショップはこのような独自の工夫を凝らさなければ、アクセス数に期待ができませんので、どのショッピングカートサービスを選定しても、すべき施策であると言えるでしょう。

まとめ

以上、easy my shopとは何か、メリットとデメリットをご紹介させていただきました。

ネットショップビジネスは、運営コストを下げて売り上げを上げる、ということが非常に重要になりますので、初期費用とランニングコストをいかに引き下げることができるか、ということが大切です。

easy my shopのメリットを活かすことで、利益を残せるようなネットショップの運営を行うことができますので、ぜひ検討してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ