サブスクリプション

飲食サブスクリプションビジネス集客のためのFacebook活用方法

今非常に大きな注目を集め、日本でもどんどん拡大しつつあるビジネスモデルと言えば、「サブスクリプションビジネス」がありますよね。

サブスクリプションが広がり始めた当初は、デジタル領域にて採用する企業が多かったのですが、今では非デジタル領域までもサブスクリプションビジネスが展開されています。

非デジタル領域で採用されている中でも、特に目まぐるしい成長を遂げている業種がカフェや居酒屋などの「飲食業界」でしょう。

デジタル商材と同様に、月々〇〇円を支払うことあで自由にその店舗の食事を楽しむことができますので、利用者にとっては使えば使うほどお得に利用することができるサービスですよね。

サブスクリプションビジネスの宣伝やプロモーションにおいては、FacebookなどのSNSの運用は欠かせないと言われていますが、実際にSNSを利用していてもそれぞれの機能を最大限に使いこなせていないという場合も少なくはありません。

特にFacebookに関しては、無料、もしくは安価で利用することができるサービスが非常に多く備わっていますので、有効活用しなければ非常にもったいないのです。

そこで今回は、飲食サブスクリプションビジネス集客のためのFacebook活用方法についてお話していきたいと思います。

飲食業界への進出、サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

誰にでも分かりやすい投稿をする

Facebookにて重要なターゲットとなる存在は、日常的にページを見てくれている「友達」ですよね。

自社アカウントの友達が、投稿した内容に興味を持ってもらえることができると、その投稿をシェアし、拡散してくれる可能性が高いのです。

Facebookでは友達のみに向けた投稿がされやすい傾向にあるのですが、飲食店の場合はこれに注意しなければなりません。

たとえば、カフェやバーの場合、その店舗の常連客にしか分からないことなどを投稿しすぎてしまうと、新規顧客に避けられてしまいます。

それだけでなく、常連客のみに向けた投稿は、常連客からも好かれない傾向にあることを忘れてはいけません。

飲食店の場合、すべての利用者に対し間口を広げておくべきでありますので、「誰が見ても分かりやすい投稿」をすることが重要なのです。

特定の客層以外を拒否していると思われないよう、あたたかい文章を意識してください。

「いいね!」をしたくなる写真を用意する

Facebookの特性としては、写真と文章の両方で店舗の宣伝を行うことができるという点でしょう。

特に写真においては、利用者がまず目を惹かれるものであり、もしその飲食店に興味がなくとも、インパクトがある写真であれば文章を読みたくなるでしょう。

また、Facebookの「いいね!」は、紹介するということですので、誰の目から見ても印象に残り、「いいね!」を押したくなるような写真を用意してください。

飲食店は視覚で訴求することができますので、Facebookとは非常に相性が良い業種と考えられるでしょう。

写真というものは、どれだけ文章で伝えても伝えきれない良さを一瞬で伝えることができます。

おすすめメニューやできたての料理など、写真だからこその魅力をしっかり伝えましょう。

こまめに更新する

Facebookの投稿は、それほど手がかかることではありませんので、その気になれば毎日でも投稿をすることができますし、利用者に印象付けるためにもこまめな更新が大切なのです。

「毎日投稿できるほど新しい情報がない」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、Facebookの投稿は必ずしも重要な情報ばかりを投稿しているわけではありません。

今の店の雰囲気や、店の状況、ささいなことなど軽い内容であっても更新頻度を高くすることが効果的なのです。

利用者からすると、「日替わりメニューは何なのか」「お得な情報はないか」「何かイベントをやっていないか」など、その日の情報を知るためにSNSを見る方も多いので、常に店舗の状況を発信するだけでも、十分に宣伝効果があるといえるでしょう。

同じ情報を何度投稿していたとしても、繰り返し投稿するからこそ気付いてもらえる場合もありますので、更新頻度は出来る限り多くすることをおすすめします。

Facebook限定の店舗情報を投稿する

利用者に見てもらうことができなければ、どれだけFacebookにこだわっても意味がありません。

利用者の多くは、SNSと言えばFacebookだけでなくTwitterやInstagramなども併せて活用している場合が多いので、すべての利用者がFacebookを頻繁に見ているとは限りませんよね。

だからこそ、「Facebook限定の店舗情報」を発信することが効果的です。

たとえばFacebookクーポンなどを発行すると、利用者はFacebookをチェックしなければ、という気持ちになりますし、いいね!の数や友達の数も必然的に多くなるでしょう。

また、マスコット地位のスタッフを作り上げることで、利用者に思い入れを持ってもらいやすくなりますので、より愛着をもってもらいやすいでしょう。

まとめ

以上、飲食サブスクリプションビジネス集客のためのFacebook活用方法についてお話させていただきました。

もし飲食サブスクリプションビジネスを展開し、Facebookを活用している企業で集客に課題を感じられていることがあるのであれば、まだFacebookのポテンシャルを引き出せていない可能性があります。

少しの工夫と更新の努力によって、集客に結びつけることができますので、ぜひこの記事を参考にFacebookを活用し、サブスクリプションビジネスを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ