サブスクリプション

ランチタイムに注目!飲食サブスクリプションを成功させるポイント

ランチタイムに注目!飲食サブスクリプションを成功させる3つのポイント

サブスクリプションビジネスにご興味のあるみなさま。

サブスクリプションは今、私たちの生活にすっかり馴染んできているサービスであり、ビジネスとしてはデジタルサブスクリプションサービスを中心に、どんどん成功を収めている企業が多くなってきています。

消費者自身の意識変化と、近年の環境問題が大きく影響しており、モノを自分の所有物とすることを望まず、モノを利用することに対しての対価料金を支払う、ということが一般的になってきているのです。

特に非デジタルサブスクリプションサービスは、都心を中心に広がって来ているビジネスであると言えるでしょう。

飲食業界のサブスクリプションサービスは、今既に浸透しているサブスクリプションサービスと言え、失敗してしまう企業も数ある中でも、成功企業も多くなってきているのです。

そして今、ランチタイムや仕事終わりのサラリーマンをターゲットにした飲食サブスクリプションが注目されていることをご存知でしょうか?

そこで今回は、ランチタイムに注目した、飲食サブスクリプションを成功させる3つのポイントについてお話しさせていただきたいと思います。

飲食サブスクリプションにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:テイクアウトに注目

今まさにランチタイムサブスクリプションとして、成功のポイントとなるものが、「テイクアウト」なのです。

ユーザー目線で世間を見てみると、外にランチを食べに行くとなっても、時間帯により目につく店はいつも混雑していたり、新しいお店はなかなか入りずらく、同じ店ばかり言っている、ということがありますよね。

さらに仕事の休憩中であるからこそ、ゆっくり悩無ことも出来ずに、散々探した結果、結局どこにも入ることなくコンビニで済ましてしまう、なんてこともあるかと思います。

ユーザーにとっての日常の小さなストレスとして、ランチタイムになってからお店を探したり迷ってしまったり、行列で並ばなければならなかったり、という点が問題点になるでしょう。

そこに課題意識を持ち、注目を集めたものが「テイクアウト」なのです。

混雑緩和によるテイクアウトサービスではなく、サブスクリプションビジネスとして導入することで、「今日は買う、買わない」という選択肢をユーザーに与えず、自社提供ランチテイクアウトを利用してもらうことができるのです。

これはユーザーにとっても企業にとってもメリットが大きいと考えられるでしょう。

ポイント2:飽きられない仕組み作り

サブスクリプションは、「お得」「便利」「悩み解消」ということが大前提としたビジネスモデルですよね。

ポイント1では悩み解消が出来ていますので、次は「お得」「便利」に注目して、顧客満足度を上げていく必要があります。

ユーザーはサブスクリプションサービスを利用しているランチ提供店を利用することで、行列に並ぶ必要もありませんし、どの店にしようかと悩む必要もないので、非常に便利に利用することができるでしょう。

そこで重要なことが、「飽きられないための仕組み作り」です。

サブスクリプションだからこそ、顧客満足度を上げ続け、サービスをより長く利用してもらわなければなりませんので、ターゲット層を設定し、そのターゲットとなるユーザーは毎日どのようなランチを求め、ランチタイムをどう過ごしたいのか、ということを考案していかなければなりません。

それぞれのターゲット層によって、もちろん提供内容も異なってきますし、提供の仕方も異なりますよね。

昨日より明日、明日より明後日という日々の小さな変化を大切にしたランチタイムの提供を行いましょう。

ポイント3:別業界とのタッチアップ

飲食業界サブスクリプションは、日本国内ではまだまだ成功事例が少なく、認知度が低いことが現状です。

その問題を改善するためにも、別業界とのタイアップをし、ターゲット層にリーチをかけることが重要です。

まだ認知度が低い飲食業界だからこそ、一気に新規顧客を獲得するのではなく、個々顧客の満足度を高めることが必要なのです。

その別業界とは、「食」に直接かかわっていない企業とのタイアップを図り、衣食住の繋がりを通してユーザーのライフスタイルを提供していく、ということを提案することで、ターゲット層のユーザーの獲得に繋がるのです。

まとめ

以上、ランチタイムに注目した、飲食サブスクリプションを成功させるための3つのポイントについてお話しさせていただきました。

ユーザーの満足度を高め、そしてより良い飲食サブスクリプションを提供するためにも、この3つのポイントは欠かすことができません。

飲食サブスクリプションにご興味のある方は、ぜひこのポイントをしっかりと意識したサブスクリプションサービスを提供してくださいね。

まずは気軽に問合せ