単品リピート通販

なぜEC市場にて単品リピート通販の「サブスクリプション」が注目されているのか

今、どの業界においても、サブスクリプションビジネスは非常に注目を集めているビジネスモデルであることでしょう。

最近は特に「サブスクリプション」という言葉を耳にする機会が非常に多くなりましたね。

サブスクリプションビジネスは、顧客が企業が提供する商品やサービスに対して、毎月継続的に料金を支払い続け、料金に応じたサービスを自由に利用することができるサービスです。

近年の消費者の価値観の変化に合わせられたビジネスモデルであり、最も身近なサブスクリプションサービスと言えば、「動画配信」「音楽配信」と言ったデジタルコンテンツが挙げられるでしょう。

特にEC市場では、このサブスクリプションが注目されており、EC市場を盛り上げていると言えるでしょう。

そこで今回は、なぜEC市場にて「サブスクリプション」が注目されているのか、その理由について詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの開始を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

理由1:ネット販売の難易度が高くなっている

国内EC市場においても、サブスクリプションビジネスは非常に注目されているその背景には、ネット販売の難易度が非常に高まっていることが考えられます。

大手ネットショッピングモールで考えてみると、Amazonではここ数年で中国の出品者が急増しており、その影響で価格競争が激化しています。

ですので、もし型番商品を出品するとなると、価格が少しでも安くなければ売れないという状況になっているのです。

楽天でもAmazonと同じように、型番商品であれば価格競争が大前提になりますよね。

特に大手企業であればあるほど、利益度外視とも考えられるような低価格競争を行いますので、顧客が取られてしまうのです。

このように、大手ショッピングモールでは、どの売り場においても同じような状況になってしまいますので、個人ネットショップとなると「売れるネットショップ」と「売れないネットショップ」に分かれてしまうでしょう。

このように、ネット販売の難易度が高くなったことから、大手ECサイトにシェアを奪われないよう、サブスクリプションビジネスに移行するEC事業者が多くなっているのです。

理由2:LTVを重視する傾向になっている

なぜ今、大手ショッピングモールに出店したり、独自ネットショップを立ち上げるよりも、サブスクリプションビジネスを開始することに注目が集まっているのか、それにはショッピングモール内で価格競争に巻き込まれることなく、自社サブスクリプションECサイトとしてしっかりと顧客を囲み、再購入やリピート購入を促し、安定的に継続受注を取ることで、「LTV(顧客ライフタイムバリュー)」を高め、そして重視する傾向になっていることがあるでしょう。

古くからネットショップを出店している、Amazonや楽天、Yahoo!は今やネットショップビジネスのソートリーダーともなっており、シェアを確実なものにしています。

つまり今、ネットショップビジネスを立ち上げ新規参入を果たしたとしても、既にかなりの市場シェアを確立している大手ネットショップと対等に勝負することは非常に難しいのです。

そして、無料ECショッピングカートを利用して自社ネットショップサイトを構築し、出店すると、大手ショッピングモールのような強い集客力には期待することができませんので、顧客アクセス数を獲得することは難しいのです。

このように、従来までのEC市場では、ショッピングモールに出店するか、自社ECサイトを構築するかの二つの選択肢があったのですが、最近ではサブスクリプション型のECサイトを構築することも、選択肢のひとつに加わりましたよね。

サブスクリプション型ECサイトを構築し、運用することで自社独自の戦略を存分に発揮することができますし、対競合他社ではなく、顧客に向けた最善のサービスを提供することを第一と考えなければなりませんので、目的が「LTVの向上」に変わるのです。

サブスクリプションビジネスでは、顧客をいかに満足させ、顧客満足度を常に高め、離脱率を下げることで、安定した収益を得ることができますので、新たなビジネスへの考えを持つことができるのです。

まとめ

以上、なぜEC市場にて「サブスクリプション」が注目されているのか、その理由についてお話しさせていただきました。

今EC市場はさまざまな形でどんどんシェアを拡げ、拡大していっており、この拡がりはまだまだ止まることはないでしょう。

時代が変わるにつれ、もちろんのことながら消費者のモノに対する価値観も大きく変わってきますので、どうすれば顧客に選ばれるビジネスを行えるのか、ということを常に考案していく必要があります。

今最先端のビジネスとも言える「サブスクリプション」をぜひこの機会に導入してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ