単品リピート通販

ECショッピングモール出店にはどんなメリットがあるのか?

ネットショップは実店舗を準備する必要がないため、比較的簡単に立ち上げることができます。

しかし、そのためにはサイトを構築する必要があり、自身でゼロから構築する場合手間と時間がかかってしまいます。そこで、注目を集めているのが、ECショッピングモールへの出店です。

このECショッピングモールへの出店は、サイト構築の必要もなく、手間なく簡単にネットショップを始めることができるのです。

そこで今回の記事では、ECショッピングモールへの出店の方法やメリットについて説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECショッピングモールとは?

ECショッピングモールとは、インターネット上にあるショッピングモールのことで、複数のネットショップが一つに集まり店舗を形成しているECサイトのことを指します。

ネットショップを自身でゼロから構築する場合、自身の思い通りに自由にカスタマイズすることができますが、それには専門的な知識と特別な開発、さらに多額の費用が必要になります。

しかし、ECモールを利用する場合、そういった基礎の部分が構築された状態で提供されるため、面倒な手間や構築にかかる費用が一切必要ありません。

また、ECモールは多くのユーザーが利用していますので、集客にかかる手間や時間、コストを抑えることも可能です。

ただし、ECショッピングモール出店には、サイト構築やマーケティングなどの初期費用が掛からない代わりに、月額テナント使用料、追加サービス料、売り上げ比例課金、決済手数料などのランニングコストがかかります。

この料金は、ECモールごとに異なり、大規模なモールになるほど高額になる傾向がありますので事前に確認することが大切です。 

ECショッピングモールの種類とは?

ECショッピングモールには、テナント型、マーケットプレイス型の2種類があります。テナント型の代表的なものは、最大手の楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、マーケットプレイス型の代表的なものには、Amazonマーケットプレイスがあります。

楽天市場などのテナント型は、多くのショップが並んで出店し、実際のショッピングモールに似た形態になっています。

商品登録やサイトのデザインは自身で行い、デザインは比較的自由にカスタマイズできますが、デザインの登録に時間がかかることがあります。 

マーケットプレイス型は、出店すると言う形ではなく、商品のデータのみを掲載していく形になります。

このデータはECショッピングモール側が管理し、プロモーションも請け負ってくれるため、運用の手間がかかりません。 

ECショッピングモール出店のメリット・デメリットとは?

ECショッピングモール出店のメリットとして、まず挙げられるのは集客力の高さです。

個人でネットショップを立ち上げる際には、大掛かりなマーケティングを行い集客をする必要がありますが、ECショッピングモールは知名度が高く、モール自体に集客力があるため、広告費用などをかけずに集客が見込めます。

また、大規模なモールになるほど、ユーザーの信頼も高く、出店したばかりであってもすぐにユーザーの信頼を得ることが可能です。

さらに、大手のモールはサポートも充実しており、サイトの運用が楽になる様々なサポートを受けることができます。

顧客情報もモール全体で共有することができますので、店舗ごとの負担が減るという点も大きなメリットです。 

ECショッピングモール出店には、上記のようなメリットがありますが、反対にデメリットも存在します。

ECショッピングモールは集客力があるのがメリットですが、出店数もその分多いですので、その競合の中で差別化を図り成果を上げていかなくてはなりません。

出店数が多いということは、商品の数も多いということですので、それだけ価格競争が激しく、競合の多い商品を取り扱う場合利益を上げにくい傾向があります。 

また、ユーザーは大手モールの中の一店と言う認識で利用していることが多いため、リピート購入を目指すのであれば、店舗名などを認知してもらう施策を行う必要があります。

特にAmazonなどのマーケットプレイス型では、ユーザーは商品の価格のみで購入を判断することが多くなっていますので、ユーザーに店舗の印象をどのように残すのかが大きな課題となっています。 

さらに、大手のモールには、それぞれに厳格なルールや頻繁なイベントなどがあり、その影響で自由に運用ができないと言う点もデメリットとして挙げられます。

まとめ

以上のように、ECショッピングモール出店は、自身でサイトを構築するよりも手間がかからず、初期費用も抑えることができます。

しかし、サイトのデザインや運用と言った点でモール側のルールに縛られるため自由がなく、扱う商品によっては競合が多く価格競争が激しいため利益が上がらないと言ったことも多くあるようです。

また、集客力が高くマーケティングの必要がないと言う利点もありますが、顧客管理も自由に行えないため、リピーターを増やすためには、認知度を上げる工夫が必要になります。

まずは気軽に問合せ