単品リピート通販

単品リピート通販のECサイト作成のため、知っておくべき4つの構築方法と、それぞれの特徴

今、ECサイトを利用して商品販売を行う手法が、非常に人気を集めています。

既に商品販売を行っている企業が新たな売り上げ向上や、より顧客と密接した関係をつくるために、インターネット上で商品を販売したり、個人での副業を目的として、自信でECサイトを立ち上げる場合がありますよね。

どちらにせよ、自信でECサイトの構築を行い、ネットショップを開業することは、今では珍しいことではなくなってきています。

ですので、ECサイトの運営にご興味を持たれている方も多いことでしょう。

ですが、ネットショップを開業すると言っても、すでに出来上がっているECシステムを用いてネットショップを開業するのか、それとも何もない状態から自身でネットショップを作成するのか、どちらが良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ECサイト作成のため、知っておくべき4つの構築方法と、それぞれの特徴についてお話ししたいと思います。

これからECサイトを構築し、ネットショップを開業したいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:ASP

ASPとは、Application Service Providerの略語であり、業務用として設定されたアプリケーションのソフトを、そのサービスとしてネットワークを経由し、提供することを言います。

ASPはパソコンにインストールをする必要がなく、使用可能なブラウザで利用することができるのです。

このASPから提供されたサービスは「レンタル」という形で利用することが主流であり、ネットショップのようなECサイトだけではなく、販売管理システムなども提供されていることが特徴ですね。

ASPでECサイトを構築することで、ブラウザにて簡単に運用や管理を行うことができますので、ソフトウェアやサーバーを管理する必要はありません。

メリットとしては、初期費用が0円から数十万円、月々費用が数千円から5万円ほどであるので、費用が安く手軽に始めることができること、そして一通りの機能が既に備わっているため、すぐにECサイトを開設することができ、安心のサポートを受けることができること、自社サーバーへの構築が不要であることが挙げられるでしょう。

デメリットとしては、機能や容量に制限があること、顧客情報を抽出したり保存することができないこと、デザインの自由度が低いことが挙げられるでしょう。

2:オープンソース

オープンソースは、「インターネット上に公開されている」という意味を持ちます。

導入費用やライセンス費用が不要で、誰でも無償で利用することができますので、もし自社に専門的な技術者がいるのであれば、デザインやカスタマイズにおいても自由に対応することができます。

リスクを承知の上でコストを抑えたい場合、そして自社のシステムを保持、開発し、独自でECサイトの構築を行い、それらを自ら保守して運営したいという場合にはおすすめです。

サーバーに関する知識や、バグがあった場合の対応に自信のある企業が、どんどん導入している方法です。

このようにメリットとしては、独自開発と比較すると、安価でECサイトを構築することができるので、手軽に始めることができること、販売額や商品数における従量課金が無いこと、ある程度の機能が揃っているので、すぐにECサイトを開始することができること、サービス提供企業のサービス利用停止のリスクが少ないことが挙げられます。

デメリットとしては、バグや修正点に関しては自社で責任を持って行う必要があること、セキュリティー面での問題が発生しやすいこと、保守期限やバージョン期限の寿命が早い傾向にあることが挙げられるでしょう。

3:パッケージ

パッケージとは、ある程度開発で作成されたフレームワークを基にECサイトを構築する方法です。

ゼロベースから開発するのではないので、コストを抑えることができます。

カスタマイズが求められる、アクセスが多い大・中規模のECサイト開設に多く用いられています。

メリットとしては、カスタマイズが柔軟で、拡張性が高いことや、他システムとの連携をすることができること、デザインカスタマイズが自由なことが挙げられるでしょう。

デメリットとしては、インフラやサーバー環境の用意が必要であること、バージョンアップ時に費用が発生することが挙げられるでしょう。

4:フルスクラッチ

フルスクラッチとは、システムやソフトウェアの開発などに関して、既存のフレームワークやソフトウェアを一切用いることなくゼロからECサイトを構築する方法です。

どんな要件でも柔軟な対応が可能ですし、自社の既存システムとの連携も可能です。

ですが今回紹介した他の3つの方法と比べてみると、最も費用と時間を費やしてしまうので、大規模のECサイトの構築や高い技術力を持つ企業に合う方法であると言えるでしょう。

メリットとしては、要件をすべて満たした構築や開発が可能であること、仕様変更などに自由に柔軟に対応することができることが挙げられるでしょう。

デメリットとしては、価格が高騰してしまうこと、ECサイト構築段階で多くの時間を費やしてしまうことが挙げられます。

まとめ

以上、ECサイト作成のため、知っておくべき4つの構築方法と、それぞれの特徴についてお話しさせていただきました。

もちろんそれぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自身で構築するECサイトの規模や、費用などをしっかり考慮して、構築方法を決定してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ