単品リピート通販

単品リピート通販のECサイト構築手順と、必要費用

今、企業にとっても個人事業主にとっても、ネットショップを開業し、商品販売を行うということは、非常に魅力的な商品販売の手段のひとつですよね。

企業のビジネス展開にはもちろん、今では家事育児の空いた時間や、サラリーマンの副業としても注目を集めていますよね。

自身のネットショップを開業するには、まずECサイトの構築に関する知識を得ていなければならないことをご存知でしょうか。

どのようなECサイトの構築方法があるのか、どうすればECサイトを構築することができるのか、そのためにかかる費用はいったいどれくらいなのか。

このようなことをある程度知っておかなければ、自身のネットショップに合う構築手段を見つけることができず、結局予算オーバーをしてしまったり、トラブルに柔軟に対応できないという状況が発生してしまうのです。

そうならないためにも、ECサイトの構築に関する知識はしっかり身に着けてから、構築へ取り組みたいものですよね。

そこで今回は、ECサイト構築手順と、必要経費について詳しくお話ししていきたいと思います。

ECサイトはどのようにして構築できるのか、また費用はいくらほど必要なのかということに疑問点を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECサイト構築手順

1:検討

ECサイトの構築を始めるには、まずはどのようなECサイトを完成させたいのか、そして商品販売にはどのようなECサイトが必要であるのか、ということを検討していきましょう。

提案依頼書であるRFP(Request For Proposal)を作成し、求める完成図を詳細に文書化していくのです。

このRFPは、今後開発企業と自社との目標を共有するためにも非常に有効的であると言えるでしょう。

またこの「検討」段階で予算についてや今後の販売スケジュールも立てておきます。

予算に関しては、ECサイトの初期構築にかかる費用はもちろんですが、月額費用やECサイト保守に関する費用などのランニングコストについてもある程度決めておきましょう。

スケジュールに関しては、いつまでのネットショップを開業させたいか、という運用開始時期であり、それぞれのECサイトによって規模や時間が変わってくるため、余裕を持った無理のないスケジュールを立てることをおすすめします。

2:決定

どのようなECサイトを、いつまでに、どれくらいの予算で構築するか、ということを検討し終われば、そこからECサイト開発会社の決定を行いましょう。

まず「検討」段階で作成したRFPを開発会社に提案し、予算やスケジュールを考慮しながら開発会社を選定していきます。

依頼する開発会社が決定すれば、その企業とシステム構築を行う際の必要な機能や、内容を確認しながら、双方の意見や認識を一致させるために「要件定義」を行っていきましょう。

この会議段階では、かならず議事録を残すようにして、双方の解釈に誤りがないか、ということを気を付けていきましょう。

そして、まとまった内容に関しては、「要件定義書」として書面化し、双方が所持するようにしましょう。

ここで、サーバー企業も決定しておくと、よりスムーズになります。

開発会社とも協議しながら、取り扱う商品数や会員数、サイトの閲覧数を考慮して選定していきましょう。

必要に応じて、デザイン会社や決済代行会社も決定しておきましょう。

3:運用準備

ここまでが完了すれば、運用準備に取り掛かります。

「特定商取引法の表記」「プライバシーポリシーの作成」「メールフォーマットの作成」「データ移行と登録」「運用のための教育と研修」などを準備しておきましょう。

特に「特定商取引法の表記」と「データの移行・登録」に関しては、時間がかかってしまう場合が非常に多いので、早い段階で段取りよく取り組む必要があります。

必要費用

ECサイトを構築する際に掛かる費用は、もちろん構築方法によって違いがありますが、大体の目安としてそれぞれの費用をお伝えいたします。

・ASP(初期費用:0円~数十万円 月額:数千~5万円)
・オープンソース(初期費用:0~数百万円 月額:数千~数百万円)
・パッケージ(初期費用:数十万~数千万円 月額:数万~数百万円)
・フルスクラッチ(初期費用:一千万円~ 月額:数十万円~)

大まかな費用ではありますが、おおよそこれくらいの費用が必要であると思っておいてください。

初期費用や月額料金から見ると、ASPが非常に魅力的にも思えますが、カスタマイズや機能に制限がありますので、自由度の高いECサイトを作成することはできません。

そしてフルスクラッチはかなり高額な費用がかかりますが、自由自在のカスタマイズが可能です。

これを選定するためにも、自身が構築したいECサイトをより具体化し、完成図に合わせた方法を選ぶようにしましょう。

まとめ

以上、ECサイト構築手順と、必要費用についてお話しさせていただきました。

ECサイトを構築するには、このような手順と費用が必要になります。

ECサイトの構築を始めるには、まず事前にこの手順をしっかり把握して、より良い構築方法を選定し、ECサイトを完成させてくださいね。

まずは気軽に問合せ