単品リピート通販

ECサイト運営する際に必要な業務

今、インターネット上で商品販売を行う方が非常に多くなってきていますよね。

「商品販売を行う」という目的であっても、実店舗とネットショップを比べてみると大きな差があるでしょう。

もちろん、双方共にメリットとデメリットが生じますが、運営者としては、24時間どこに居ても商品販売を行うことができること、そしてコストを格段に低く運営できることは、何よりもの魅力ではないでしょうか。

企業が実店舗を運営していく上で、新たなビジネス展開としてECサイトを運営することは効率的な話ではありますが、今では一個人であってもネットショップの運営を行うことができるので、「自分もECサイトを持ち、運用していきたい」と思われる方は多いことでしょう。

ですが、いざ実際ECサイトを開設したとしても、ECサイト運営者はどのような業務があるのか、何をすれば良いのか、何が抜けていてはいけないのか、ということが不明確である場合が多いですし、そのような場合では運営に失敗してしまう可能性がありますよね。

そこで今回は、ECサイト運営に必要な業務について、詳しくお話ししていきたいと思います。

ECサイト運営にご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

商品撮影・文章作成・管理

まずはECサイト上に商品登録を行うため、商品撮影を行いその商品の魅力を伝える文章を作成し、管理を行います。

販促のためのコピーライティングを行うことは、収益に直接繋がります。

またこの段階では、SEMやサーチエンジンマーケティングなどのWebマーケティングの知識が必要になるでしょう。

サイトデザイン考案、機能設定

HTMLやCSSといった、Web特有の技術を用いたサイトデザインカスタマイズや、簡単なプログラミング作業を行います。

ユーザーが自社ECサイトに訪れた際のファーストインプレッションに繋がる部分です。

エンジニアやプログラマーなどとコミュニケーションを取れるほどの知識があればなお良いでしょう。

受注管理・入金管理・顧客対応

商品が購入された際の受注を管理し、購入者からの入金を確認後、その注文内容に関する問い合わせや要望などに対応します。

この対応時、メールや電話などの手段がありますので、基本的な接客スキルが求められるでしょう。

在庫管理・検品・商品発送

商品在庫は、在庫量が多ければレンタル倉庫などで管理し、そして受注された商品を梱包し発送します。

在庫管理を行う際には、商品の棚卸しを行う必要があり、この棚卸し業務は最低でも一年に一度は行うようにしましょう。

売上管理・発注管理

売上と発注の管理の業務は、売上計画と販売進捗の管理を行います。

売上データに基づいて確実な商品の発注計画を立て、そこから商品の仕入れを行っていきます。

国内で商品仕入れを行ったり、インターネット上での仕入れサービスを利用するのであれば、その仕入れ方法に基づいて行えば良いのですが、もし海外の商品を仕入れるとなると、貿易に関する法律などの知識が必要になります。

顧客管理

一度商品を購入された顧客、そして自社ECサイトに興味がある顧客の顧客管理を行います。

購入履歴や会員機能をしっかり管理し、その顧客ひとりひとりに合わせたECサイトと商品のアピールを行っていきます。

メールマガジン配信が有効的であり、ユーザーの意見をアンケート形式で取り、何が求められているのか、ということを把握しましょう。

アクセス解析

集客や売上計画、そして販促活動のための施策に反映するために、アクセス解析を行います。

分析や解析ツールを用いなければなりませんので、このようなツールを使いこなすための技術と知識が必要になるでしょう。

集客・販促活動

ECサイトに訪問してもらい、商品を購入してもらうための、集客活動、販促活動を行います。
より多くのユーザーに訪問してもらわなければ、商品の収益は上がりませんので、細かなマーケティングを行ったり、Web広告へ出稿することが望ましいと言えるでしょう。
もちろん、マーケティング活動やWeb広告の専門的な知識が必要になります。

SNS・ブログ

商品に興味があるユーザー、既納ユーザーに向けて、SNSやブログを用いて情報配信をしていきます。

ここでは購入してもらった商品のおすすめの使い方、新たな提案、そしてその商品に関連する商品の紹介などを行います。

それぞれのSNSツールやブログツールに合わせて、写真や動画と一緒に発信すると、非常に有効的です。

経理管理

商品の売り上げなど、すべてを全体的に経理管理します。

経費などを計算し、帳簿を作成し、よりよい業務の流れになるように改善を行います。

個人での運営であれば、税務や確定申告の知識が必要になるでしょう。

まとめ

以上、ECサイト運営する際に必要な業務についてお話しさせていただきました。

ざっと挙げてみてもこれほどの業務をこなさなければなりませんし、各業務ごとに専門的な知識が必要になります。

また、この業務をこなす上でより売上向上を狙う場合には、運営業務の効率化を図ることも重要です。

ECサイト運営の際には、これらの業務が抜けていないか、重点して業務を行えているか、ということを確認しながら行って下さいね。

まずは気軽に問合せ