単品リピート通販

ECサイト初心者必見!ECサイト単品リピート通販のまとめ

今ネットショップを開業し、運営して収入を得る方が非常に多くなってきています。

数年前と比較すると、ネットショップ自体のセキュリティが強化され、利用者の数は急増しているためネットショップの需要は年々高まって来ているのです。

ネットショップ運営者からしてみても、実店舗を運営するよりコストを下げて運用することができますし、24時間365日商品販売をすることができますので、効率よくビジネスを行うことができるでしょう。

企業のさらなる売り上げ向上のためにも、ネットショップの運営は非常に注目度の高いビジネスですよね。

ネットショップビジネスは、ビジネスの最小単位とも言われていますので、初心者の方であっても比較的取り組みやすいビジネスであると言えるでしょう。

そこで今回は、ECサイト初心者の方のための、ECサイトとは何か、詳しくお話ししていきたいと思います。

ネットショップ運営にご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECサイトとは

ECサイトを英語表記にすると、「Electronic Commerce Site」と言い、イーコマースと言われています。

日本語に訳すと電子商取引という意味であり、ECサイトは主にインターネット上で商品やサービスの販売を行うウェブサイトのことを言います。

ECサイトとネットショップはほぼ同じ意味として使われることが多いのです。

ECサイト販売方法

ECサイトを運営する際、まずは販売先であるターゲットを決めるでしょう。

自身のECサイトの対象者が個人なのか法人なのかでマーケティング戦略も異なってきます。

代表的なもので言えば「BtoB(Business to Business)」「BtoC(Bussiness to Customer)」「CtoC(Consumer to Consumer)」でしょう。

「BtoB」は、法人顧客との取引を対象にしているビジネスであり、人気の高い卸取引ECショッピングモール「NETSEA」や「楽天市場」「Amazon」も一部法人対象になっていますね。

「BtoC」は、個人顧客との取引を対象にしているビジネスであり、ECサイトでは「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」でしょう。

「CtoC」は、一般消費者と一般消費者の取引を対象としており、オークションサイトやフリマサイトの「ヤフオク」「メルカリ」が良い例です。

ECサイト開業方法

ECサイトを運営することの目的は、インターネット上で商品やサービスを販売することであり、ECサイトを開業するには、いくつかの方法があります。

代表的な開業方法は、「ネットショップ開業サービスの利用」「ショッピングモールへの出店」「マーケットプレイスへ商品を出品」「オープンソースのCMSを利用したECサイトの構築」「ASPを利用したネットショップ構築」「フルスクラッチ開発によるECサイトの構築」です。

気軽に無料で即日開始できるものから、費用をかけ本格的なネットショップを構築することができるものまで幅広くありますので、開業資金を検討し、自社ECサイトをどのような規模にしたいのか、ということを考えて開業してくださいね。

ECサイト運営に必要な業務

実際ECサイトを運営するには、多くの業務を行わなければなりません。

一連の流れとしては、ネットショップを開業、もしくは出店をし、販売する商品の登録、集客活動、仕入れ、受注処理、顧客対応、売り上げ処理、ピッキングリスト作成、出荷作業、アフターフォローでしょう。

これらひとつでも欠けてしまえば、顧客満足度が下がってしまったり、売り上げを作ることができないネットショップになってしまいますので、真剣に取り組む必要があります。

商品ひとつが売れた際にはこのすべての流れを完璧にこなし、より売り上げを上げるためにはどのような販促活動が必要なのか、顧客に満足してもらうにはどのような工夫が必要なのか、日々検討し改善を繰り返す必要があります。

競合となるネットショップが多い時代だからこそ、他のショップには無い工夫も必要になってくるでしょう。

EC市場の将来性

EC市場は年々規模が拡大しており、来年の2021年にはBtoCのEC市場規模は25.6兆円になるとも予想されているのです。

なぜここまで市場が拡大しているのか、それにはスマートフォンの利用者の増加が大いに関係しているでしょう。

また、今後は国内だけでなく、越境ECと呼ばれるECサイトの海外進出をすることも多くなることが予想されていますので、ますますEC市場は盛り上がりを見せるでしょう。

今後はECサイト上であらゆる商品が購入することができる時代になりますので、多くの企業やメーカーもECサイトへの注力が進むことは間違いありません。

まとめ

以上、ECサイト初心者のための、ECサイトとは何か、ということについて詳しくお話しさせていただきました。

2017年頃から大手ECショッピングモールでも、パソコンではなくスマートフォンやタブレットを経由した注文が多くなっており、今後も増えることが予想されます。

スマートフォンユーザーにとってどのようなECサイトが利用しやすいのか、ということをしっかり考え、ネットショップを開業し運営してくださいね。

まずは気軽に問合せ