D2C

D2C参入時に見落としがちな物流の重要性!

D2Cビジネスは、急速に成長し、新しいブランドが続々と誕生しています。

このビジネスが注目される理由は、自社ですべてを一貫して行うと言うその仕組みにありますが、その際に見落とされがちなのが物流の問題です。

商品を販売する以上物流は欠かせない要素ですが、多くのD2Cブランドがこの問題を事前に検討してはいないのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおける物流の重要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスは簡単ではない!

D2Cとは、商品の企画から販売までを自社で一貫して行い、消費者に直接商品を販売する仕組みのビジネスモデルです。

自社ECでの販売を基本とし、SNSを活用してマーケティングを行うと言うデジタルとの親和性の高さが大きな特徴です。

このD2Cは、近年急成長しており、様々なブランドが誕生し、消費者から注目を集めています。

現在でも、D2Cに参入する企業は後を絶たず、大企業さえもD2Cビジネスに関心を示しているのです。

D2Cは、全てを自社で一貫して行うと言うのが基本であるため、従来のように中間業者が間に入ることはありません。

また自社ECでの販売を主とするため実店舗を持つ必要がなく、従来よりもコストをかけずにブランドを立ち上げることができるのです。

このような理由から、小さな事業者であってもブランドを立ち上げることが可能となり、多くのスタートアップ企業がD2Cブランドを立ち上げています。

現在、人気を集めているD2Cブランドも、その多くがスタートアップ企業が立ち上げたものなのです。

このように、D2Cはブランドを立ち上げやすくしたビジネスモデルとして注目を集め、消費者の間にも広く普及しています。

しかし、D2Cに限らず、ビジネスと言うのはそれほど簡単なものではありません。

いくら立ち上げやすいからと言って、安易にブランドを作っても、それを継続していくということは難しいことなのです。

D2Cは、自社内ですべてを完結できるという特徴がメリットのように言われていますが、これは実際にはデメリットでもあるのです。

従来であれば、商品の生産を外部に委託し、広告代理店を通して宣伝を行い、小売店に商品を卸すと言ったことも可能でした。

しかし、D2Cではすべてを内製しなくはならないのです。

そして、その中でも、あまり注目されてはいないものの、自社で行うのは難しいとされているのが物流です。

物流は、商品を販売する以上、欠かせない要素ではあるにもかかわらず、マーケティングなどの陰に隠れ見落とされていることが多いのです。

D2Cにおける物流の重要性

D2Cは消費者に直接商品を販売することが特徴であるため、物流においても消費者と直接繋がることが必要です。

従来では、消費者との間には、流通事業者や商社などが入るのが一般的であり、販売や流通に関する戦略をその事業者が考えてくれていました。

しかし、D2Cではそのような中間業者を介することなく、自社内で戦略を考えなくてはなりません。

そもそも物流業務とは、商品を発送するだけのものではありません。

事業全体の中でも、物流は占める割合の多い重要な部門なのです。

そのため、全く経験のないままで物流を統括すると言うのは困難であり、事前に物流の基本的な知識を頭に入れ、その工程を十分に把握しておくことが重要です。

また、物流もブランドのイメージに影響することを理解しておくことも必要です。

商品を発送する際に、商品をそのまま送るわけにはいきませんので、段ボールなどの梱包資材を使用して発送するのが一般的です。

そして、その荷物が消費者の元に届いた際に、まず最初に目にするのが荷物の外装なのです。

たかが荷物と思われがちですが、この外装によってブランドのイメージが悪くなることもあるのです。

そのため、D2Cでは、商品の梱包、外装にも気を使う必要があるのです。

このように、D2Cにとって物流は気を抜いてはいけない重要な要素であり、新規にブランドを立ち上げる際には、上記のような点に注意して対策を講じる必要があります。

しかし、このように自社内で物流業務のすべてを行うと言うのは、事業の規模が小さいうちだけのことです。

事業が拡大にするにつれ物量は増えていきますので、自社内で完結することが難しくなってきます。

その時には、また新たな対策を講じなければならないのです。

さらにコストをかけて自社で物流業務を行うという選択肢もありますが、規模が大きくなればなるほど、その業務を遂行するのは困難になります。

そこで、検討すべきなのが、物流業務を外注する事です。

D2Cは、基本的には、中間業者を使用しないビジネスではありますが、ビジネスの規模が大きくなれば、自社物流では対応できない状態になり得るのです。

そうなれば、商品を購入しくれた消費者にも影響が及ばないとも限りません。それを避けるためには、専門の業者の力を借りることも必要なのです。

まとめ

D2Cは、商品を企画する段階から、商品を消費者に届けるまでのすべての工程を内製し、中間業者を介さないと言うのが基本です。

しかし、これは、事業の規模が小さなときに限られるのです。

規模が大きくなれば、全てを内製するのは困難になります。そして、特に問題となるのが、今回説明した物流業務なのです。

物流と一言に言っても、その工程は多く、複雑です。単に商品を送ればよいということではないのです。

そして、この物流は、自社内で行うには限界があります。物流の業務に手が回らなくなる前に、専門の業者に委託するなどの対策が必要なのです。

まずは気軽に問合せ