単品リピート通販

単品リピート通販の進化系サブスクリプションモデルのポイント

最近、サブスクリプションビジネスが非常に注目を集めています。

音楽ストリーミングサービスを始め、動画配信サービスなどが、サブスクリプションの代表とされていますが、最近ではデジタルサービスだけでなく、非デジタルサービス業界にまでもサブスクリプションビジネスが浸透しつつあります。

サブスクリプションは、衣食住すべてを飲み込む最新のビジネスモデルとも言われているため、さまざまな企業がサブスクリプションの導入検討していることでしょう。

サブスクリプションは、新しいビジネスモデルであるからこそ、成功に導くために今どんなことが必要であるのか、ということが課題に挙げられています。

少子高齢化が進む日本だからこそ、ビジネスとして新規顧客の獲得が難しくなってきていますが、顧客の所有から利用へと消費トレンドが変化していますので、今新たなビジネス手法が求められてきているのです。

そこで今回は、進化系サブスクリプションモデルの5つのポイントについてお話しさせていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:メーカーの参入

今主流になっているサブスクリプションサービスを提供しているのは、小売りやサービス業が主になっています。

ですが、進化系のサブスクリプションでは、大手メーカーの参入が相次いでいるのです。

大手メーカーの参入により、より需要の高い新しい消費体験を提供することができるのです。

このように、メーカーがサブスクリプションサービスの提供を大々的に開始することで、商品を購入せずに利用する人が多くなってしまうので、小売店で商品を販売することが難しくなってくるのです。

商品販売ビジネスを行う上では、このビジネスの流れを上手く利用していかなければなりません。

ポイント2:シェアの概念

サブスクリプションビジネスには、シェアの概念が組み込まれています。

たとえば、洋服や車のサブスクリプションの場合、これらの商材は使い回しをすることが可能ですよね。

顧客にとっても、いちど借りて返却すれば良いので、非常に人気の高いサブスクリプションサービスなのです。

企業は顧客の好みや使用状況に応じた商品を提供できるよう、商品をシェアするサービスが注目されているのです。

ポイント3:圧倒的な利便性

顧客がサブスクリプションに求めることは、「お得」「便利」「悩み解消」の3つです。

これらすべてが叶えられて初めてサブスクリプションビジネスが成り立つのですが、中でも特に重要視しなければならないことが、「利便性」であると言えるでしょう。

サブスクリプションでは利便性が大きな価値となりますので、その利便性を十分に満たした商品やサービスが望まれるでしょう。

今の日本のサブスクリプションでは、利便性というよりも日常の楽しみを増やすためとしてサブスクリプションサービスを求めている顧客が多いのですが、世界的に見てみると、圧倒的利便性を持ったサブスクリプションサービスの需要は増えてきているのです。

だからこそ、進化系サブスクリプションモデルでは、顧客のライフスタイルを一変するようなサブスクリプションが求められるでしょう。

ポイント4:個別カスタマイズ化

個別カスタマイズ化とは、AIやマスデータをさまざまな手法で駆使し、契約してもらっている顧客ひとりひとりの好みや利用状況を細かく分析し、それに応じてカスタマイズされた商品を顧客個別に届けられることです。

サブスクリプションビジネスでは、大衆的に顧客と向き合うのではなく、顧客ひとりが何を求めているのか、どのようなことに悩みを抱え、そしてその悩みをどう解消したいのか、ということを細かなデータとして取得しなければなりません。

サブスクリプションビジネスは他のビジネスとは違い、こういった顧客の好みを得やすいビジネスであると言えますので、その特性を存分に活かした手法が求められるでしょう。

ポイント5:コスト優位性

サブスクリプションビジネスを成功させるには、コスト優位性も重要なポイントです。

今さまざまな企業がサブスクリプションビジネスに参入してきているからこそ、競合他社が多くなってきています。

コストに関しては、競合他社よりも少しでも高額設定をしてしまえば、それだけで選ばれない理由となってしまいます。

ですので他社の設定金額をリサーチし、コスト優位性を考慮していかなければなりません。

まとめ

以上、進化系サブスクリプションモデルの5つのポイントについてお話しさせていただきました。

消耗品の定期購入といった従来のサブスクリプションモデルを考えてみると、今のサブスクリプションモデルは変化を見せており、まだどんどん進化し続けると考えられるでしょう。

今サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこのような今後の進化系サブスクリプションモデルを考慮したビジネス改革を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ