単品リピート通販

単品リピート通販で消費者の目を引く写真の撮り方とは

ネットショップビジネスは今非常に多くの注目を集めていることでしょう。

インターネットやスマートフォンの普及で、誰でも簡単に自分のネットショップを持つことができるようになりましたが、ネットショップというものは、実店舗と比べてみるとさまざまなメリットとデメリットが存在します。

メリットとしては、運営が軌道に乗れば24時間365日商品を販売することができますし、日本国内だけでなく全世界に向けた販売を行うことができます。

もちろんコスト面で考えてみても、実店舗を開業することを想えばはるかに安いコストでネットショップを開業することができます。

ですがデメリットとしては、顧客に対し直接的に接客をすることができないので、なかなか魅力が伝わりにくいということ、そして集客活動を行わなければネットショップには誰もお客様が訪れないことが挙げられるでしょう。

より効率的に集客を行い、まずはネットショップに来てもらわなければ、もちろん売り上げに繋がることはありません。

そしてネットショップを訪れた消費者の、目を引くような写真を掲載しなければならないのです。

そこで今回は、消費者の目を惹く写真の撮り方についてお話ししていきたいと思います。

今ネットショップを運営されている方は、ぜひこの撮り方を習得し、ネットショップの運営に役立ててくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

目を引く写真とは

ネットショップでは、消費者の目を引く写真こそ有効で必要であると言われています。

ネットショップは、実店舗のように商品を直接目で見て、手に取り確認をすることができません。

だからこそ、魅力的な写真を掲載することが大切で、さらに一瞬で消費者の目を引くことができるような写真を掲載しなければならないのです。

目を引く写真は、消費者の購買意欲を刺激するきっかけにもなりますので、さまざまな工夫を凝らしその商品の魅力を一瞬で伝えることができるような写真を撮る必要があります。

商品のアピールポイント

ネットショップで販売する商品それぞれには、かならずその商品の特性やアピールポイントがありますし、そのアピールポイントごとに競争力が異なります。

つまりそれぞれの商品の特徴をいかに理解し、それを魅力としてどれだけ強みをアピールすることができるか、ということがポイントになるのです。

販売者側のアピール次第により、消費者が魅力を感じる度合も変わってきますので、効果的にアピールするための写真撮影が大切です。

そのものの全体像、立体感、主な特徴やアピールポイントはアップ撮影を行い、利用時にはどんなイメージなのか、ということを撮影していきましょう。

焦点

目を引くような写真を撮影するためには、焦点も重要なポイントです。

せっかく良い写真を撮ったとしても、その写真がぼやけていては何の意味もありません。

商品の中心部分や一番大切なところに焦点を合わせ、商品をアピールしていきましょう。

焦点が合っている写真と合っていない写真とでは、その差は一目瞭然です。

今の時代、手軽に利用できるデジタルカメラやスマートフォンでも、カメラ機能が優れているものが多くなってきました。

初心者であっても簡単に操作することができますので、実際に焦点を合わせるように工夫しながら撮影してみましょう。

写真構図

ネットショップで商品販売を行う際には、そのネットショップが持つ世界観やストーリーを消費者に伝えなければなりません。

それにもこの商品撮影は非常に重要な役割を果たしています。

その世界観をより深く伝えるためには、写真構図もチェックしておきたいですね。

その写真を撮影する背景、モデルなどを考慮し、ネットショップのコンセプトと商品テーマに合わせて、最適な構図を見つけましょう。

たとえば縦と横のどちらで撮影するのかを決め、さらにそこから写真を三等分に割る三分割法(三分割構図)、もしくは三角形に配置する三角構図なども意識することをおすすめします。

これらの方法は、ネットショップの写真撮影としてよく用いられている方法であり、特に野外撮影の場合であれば三分割構図を用いることで、安定感のある演出ができますし、三角構図を用いた場合であれば、安定感だけでなくバランスも重視して撮影することができますので、非常に良い撮影方法になるでしょう。

もちろんこれらの構図は「慣れ」が最大の武器になりますので、何度も何度も練習を繰り返し、瞬時に良い構図バランスを見つけることができるようになれば良いですね。

まとめ

以上、消費者の目を惹く写真の撮り方についてお話しさせていただきました。

昨今は、初心や向けの手軽なデジタル一眼カメラやミラーレスカメラ、コンパクトカメラなども販売されていますし、スマートフォンに内蔵されているカメラも非常に精度が高くなってきてます。

ですので自身のネットショップのコンセプトとマッチするカメラと撮影方法を習得することで、より魅力的なネットショップを作り上げることができるのです。

あまり写真撮影が得意でない、という方はぜひ今回ご紹介したポイントを押さえながら練習を繰り返して下さいね。

まずは気軽に問合せ