単品リピート通販

単品リピート通販の集客でfacebook広告を有効活用するためには

Facebookをマーケティングに効果的に活用するには?

Facebookをマーケティングに活用している企業は多いですが、全ての企業が成果を上げているわけではありません。

Facebook広告を成功させるためには、Facebookの特徴や広告を掲載するメリット・デメリットを正しく理解することが重要です。

そこで今回の記事では、Facebook広告の特徴について説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Facebookとは?

Facebookは、実名で登録することが義務付けられた唯一のSNSで、現実の知人とインターネット上でも繋がることができます。

匿名で登録するSNSと比べ実名登録に抵抗を感じるユーザーもいるようですが、登録情報が正確で信頼性が高く、ビジネスや出会いに利用できることから、30代以上の高い年齢層から性別を問わず高い支持を得ています。

近年では、TwitterやInstagramなど他のSNSに押されユーザーのFacebook離れが進んでいると言われていますが、実際にはユーザー数は増加傾向にあるようです。 

Facebookでは、友人や知人の投稿を確認したり、自分の近況報告、画像や動画の投稿などを行うことができます。また、同じ趣味や趣向を持つユーザーとの情報交換やメッセージの交換など様々なコミュニケーションの場としても利用されています。

ただし、投稿はFacebookに登録していないユーザーであっても閲覧することが可能ですので、投稿内容には十分な注意が必要になります。 

Facebook広告とは?

Facebook広告とは、Facebook内に投稿される広告を指しますが、配信場所はFacebook内だけでなく、Facebook社が抱えるもう一つのSNSであるInstagram、サービスを提供しているマーケットプレイス、メッセンジャー受信箱、オーディエンスネットワークに登録されているサイトやアプリにも投稿が可能です。 

Facebookには実名登録と言う大きな特徴があり、性別、年齢、学歴、職種などの情報を正確に知ることができます。

そのため、Facebook広告では、マーケティングにおいて詳細なターゲット設定が容易で、目的に合わせて適切なアプローチをすることが可能になります。 

Facebook広告にかかる費用は?

Facebook広告にかかる費用は入札制となっていますので、落札された金額によってかかる費用が決定されます。

課金の対象となる主な項目は、広告に掲載されているリンククリックの単価ベースでの課金・クリック課金、ユーザーの画面に広告が表示された回数1.000件当たりの単価ベースの課金・インプレッション課金ですが、これらはクリックや画面表示と言った目的が達成されない限り、課金されることはありません。 

さらに、選択した目的ごとに課金項目があり、広告からアプリがインストールされるごとの課金、広告主のページのいいね!が押されるごとの課金、広告主のページのいいね!が押されたり、コメントやシェアがされるなどのエンゲージメントごとの課金、広告の動画が10秒以上再生されるごとの課金(10秒以下の動画の場合は動画が最後まで再生されると課金)などが対象となります。

 

Facebook広告の配信目的の種類 

Facebook広告では、商品の認知、検討、購入と言うユーザーの購入に至るまでのすべての段階において、適切な広告を配信することが可能であり、それらを設定することができます。

商品の認知の段階では、商品に関心を持つ可能性の高いユーザーにピンポイントで広告を表示し、商品やブランドの認知度向上を促す、多くのユーザーに広告を表示しリーチを増やすという選択ができます。

  • 認知度アップ
  • リーチを増やす

他の商品と比較し、商品の購入を検討する段階では、ユーザーを広告に記載したリンク先に誘導(トラフィック)、広告主の投稿に対しエンゲージメント増加を促す、アプリストアに誘導しアプリのインストールや購入を促す、動画の再生を促し再生回数をアップさせる、ユーザーをFacebookメッセンジャーに誘導し、商品の購入や問い合わせを促す(メッセージ)という選択ができます。

  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリインストール
  • 動画の再生回数を増やす
  • メッセージ

商品購入の段階では、会員登録や購入、資料請求と言ったコンバージョンの増加を促す、ターゲットに合わせて作成したカタログの商品を広告に表示し購入を促す、ユーザーに近隣の店舗やイベント会場を提示し来店を促すと言う選択ができます。

  • コンバージョン
  • カタログからの販売
  • 来店数の増加

以上のように、Facebook広告では、段階によって最適な広告を表示することが可能ですが、この時選択した目的によって活用できる広告フォーマットが異なりますので注意が必要です。

広告フォーマットの種類

Facebook広告には様々な広告フォーマットがあり、目的によって利用できるフォーマットが異なります。

広告フォーマットの代表的なものとしては、商品の認知度の向上を目的とする画像付きの投稿によって構成された画像広告、1つの広告に対し複数の画像や動画、見出しを表示することができるカルーセル広告、動画やスライドショー、画像から成るメインビジュアルと4枚の画像を組み合わせたコレクション広告、動画・スライドショー広告、ダイナミック広告など多くの種類があり、広告の目的によって適切なものを選択することが重要です。

まとめ

Facebook広告は、正確な情報からターゲットを特定しやすいと言う大きなメリットがありますが、仕組みが複雑であり、運用していくにはその特性を十分に理解し活用していくことが必要です。

ただし、Facebookは本来人と人を繋げるソーシャルメディアですから、企業による広告の掲載に対して不快感を持つユーザーも多くいます。

そのため、広告運用を行う際には、商品の認知度向上を目的とし、後の購買につながる可能性を高くするということを念頭に置くと良いでしょう。

まずは気軽に問合せ