サブスクリプション

飲食サブスクリプション解約率を下げるためのFacebook活用方法

ここ数年スマートフォンを利用する人は、90%にも近づいてきており、スマートフォンユーザーをメインとしたビジネスモデルが数多く展開されています。

中でも特に、サブスクリプションビジネスモデルが注目を集めており、映像や音楽をはじめとするそれぞれの媒体に波及しつつあるでしょう。

都心を中心に多くなってきているサブスクリプションビジネスが、「飲食サブスクリプション」です。

サブスクリプションビジネスが拡大し始めた当初、映像や音楽の配信サービスで採用されることが多くなり、「〇〇離れ」の打開策となりました。

サブスクリプションビジネスはスマートフォンユーザーのニーズと合致し、市場をどんどん広げているのです。

今では、カフェや居酒屋などの飲食業界でも、サブスクリプションビジネスが広がりを魅せており、都心を中心にサブスクリプションサービスを提供している飲食店舗が多くなっているのです。

サブスクリプションサービスの利用者が増えると共に課題に上がってくるのが「解約率」ですよね。

サブスクリプションサービスの解約率を抑えるためには、「Facebook」が非常に優秀なツールであることをご存知でしょうか

そこで今回は、飲食サブスクリプション解約率を下げるためのFacebook活用方法について、詳しくお話させていただきたいと思います。

飲食サブスクリプションサービスを提供し、解約率に関する課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

誰が見ても分かりやすい投稿にする

Facebookでは、日常的に自社ページを見る「友だち」が重要なターゲットになります。

そして友だちがその投稿内容に対し、興味や関心を示すと、シェア機能を用いて拡散してもらうことができます。

ですが、この機能があるからこそ、友だちに向けた発信のみが横行しやすくなってしまい、店舗の常連客だけが分かる内容ばかりを投稿してしまい、新規顧客をシャットダウンしてしまいます。

このような投稿内容は、常連にすらも好まれない傾向にありますので、誰が見ても分かる内容であることが第一なのです。

特に飲食店は、全てのお客様に対して間口を広げておかなければなりませんので、特定の顧客を拒絶していると思われないよう、「あたたかい文章」を意識しなければなりません。

もし見てすぐに意味が分からない写真や動画を投稿する場合には、必ず説明文を添えておきましょう。

「いいね!」をしたくなる写真を用意する

Facebookは、文章と写真の両方で店舗の宣伝を行うことができるのですが、ユーザーがまず目を惹くのはやはり「写真」ですよね。

インパクトがある写真であれば、それまで興味を示していなかったユーザーでも文章を読もうという気持ちになりますので、どのユーザーから見ても、印象に残り「いいね!」をしたくなるような写真を用意しましょう。

Facebookでのいいね!は、紹介することと同様ですので、特に飲食店の場合視覚で訴求しなければならないからこそ、Facebookとの相性が良いのです。

出来上がったばかりの湯気が立った料理の写真は、写真だからこその魅力を持っています。

このようなどれほど文章で説明しようと思っても伝わらない良さを持つ写真は、ユーザーの目を惹き、つい反応してしまうのです。

Facebookでは写真のメリットを活かした宣伝を行いましょう

こまめに更新する

Facebookの投稿は、それほど時間を費やすものではありませんので、毎日投稿しようと思えば毎日でもできるでしょう。

ですがそうなると、毎日投稿することができるほどの新しい情報がない、と考えてしまいますよね。

Facebookでは絶対的に重大な情報の内容だけが効果的であるとは限りません。

リアルタイムの店舗内の雰囲気、イベント情報、日替わりメニューなどの軽い内容であっても更新頻度を高く、
こまめに更新することを意識しましょう

同じ投稿をhttps://telemarketing-one.com/wp-admin/edit-tags.php?taxonomy=category数回投稿したとしても、もし友だちが多いユーザーであればあるほど見逃してしまう場合が多いので、繰り返し投稿してやっと気が付いてもらえる場合もあります。

Facebookでしか得られない情報を提供する

今はTwitterやInstagramなど、他のSNSの人気も高くなっていますので、どれだけFacebookの内容をこだわったとしても、ユーザーに見てもらうことができなければ意味がありません。

Facebookを見てもらうためには、Facebookでしか得られない情報を提供しましょう

たとえばFacebookクーポンを発行すると、ユーザーはFacebookを見ようとしますよね。

そうなると、いいね!や友だちの数も増えやすいのです。

それ以外にも、マスコットの役割であるスタッフを作り、ユーザーに愛着を持ってもらうことができると、継続率の向上にも繋がります。

まとめ

以上、飲食サブスクリプション解約率を下げるためのFacebook活用方法についてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスを始めると、いかに自社を知ってもらうことができるか、いかに新規顧客を獲得することができるか、という点に注力してしまいますよね。

ですが実際は、いかにして利用し続けてもらうか、解約率を下げるか、ということこそ、サブスクリプションビジネスの成功には欠かせない要素なのです。

飲食サブスクリプションにて解約率にお悩みの方は、ぜひこの記事を参考に、Facebookを有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ