サブスクリプション

飲食業界を立て直すにはサブスク化が必須!

飲食業界は、現在大変厳しい状況に追い込まれています。

しかし、現在のビジネスのままでは、この苦境を乗り越えることは困難であり、ビジネスモデルの転換と言った抜本的な改革が求められています。

その転換すべきモデルとされているのがサブスクリプションであり、飲食業界を立て直すためにはサブスク化が急務と考えられているのです。

そこで今回の記事では、飲食業界の現状とサブスク化について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

飲食業界の現状

現在、飲食業界は、新型コロナウイルスの流行により、かつてないほどの危機的状況に陥っています。

緊急事態宣言は解除されたものの、感染拡大防止策を徹底しながら、何とか経営を続けているような状況なのです。

密状態を避けなければならないため、席数を制限しているところも多く、売り上げがコロナ以前より半減していると言うケースも多いようです。

コロナが収束すれば、以前通りに戻る事も期待できますが、いまだ終息の兆しは見えず、店を畳まざるおえないケースも増加しています。

上記のように、飲食業界は現在非常に厳しい状況にありますが、コロナ以前から、苦しい状況ではあったのです。

それが、コロナの影響でさらに厳しい状況に追い込まれたと言えるのです。

そもそも、飲食業界は、他の業界がデジタル化を進め、ビジネスモデルを転換しようという動きが顕著であるのに対し、全くデジタル化は進まず、ましてやビジネスモデル自体を転換しようと言う動きなどなかったのです。

時代の流れから、どの業界においてもデジタル化は急務であり、それに対応すべく各業界が努力をしているのにも関わらず、飲食業界はただ漫然とその流れを見ているだけだったのです。

そもそも、飲食業にはマーケティングが存在しないにも等しい状態と言えます。

多くの飲食店は、ただお店を構えて消費者から選ばれるのを待つばかりで、宣伝と言えば、闇雲にチラシを配る程度なのです。

さらに、飲食店では、来店してくれたお客様は名の無いお客様のままであることが一般的です。

来店の際に、個人情報を登録することなどほとんどありません。

そのため、そのお客様がどこから来ているのか、どんな仕事をしているのかと言ったことは、全く分からないのです。

これでは、効果的なマーケティングを行うことなど不可能であり、現在の競争の激しい市場で集客することは困難と言えます。

飲食店にはリピーターの獲得が必要!

飲食店だけに限らず、収益を上げていくためには、リピーターの獲得が必要となります。

新規の顧客だけをいくら集めても、経営は安定していきませんし、新規の顧客をそれほど集めることもできないのです。

そのため、どの業界においても、現在では新規顧客の獲得よりも、既存の顧客の維持、つまりリピーターを重要視し、あらゆる施策を行って顧客を繋ぎ止めています。

しかし、前述のように、他の業界に比べ飲食業界には、マーケティング施策が存在せず、このリピーターの獲得に対しても効果的な対策を行っていないケースがほとんどです。

飲食業界では、従来のビジネスモデルにおいて新規顧客がリピーターになる確率は1割程度と言われています。

飲食市場は飽和状態にあり、リピーターを獲得するのは、他の業界と同様、非常に難しいのです。

現在の飲食市場の状況では、いくら料理の素材や味にこだわり、接客に力を入れても、それだけではリピーターを獲得することはできなくなっています。

しかし、リピーターを獲得できなければ、飲食店は簡単につぶれてしまうのです。

それを防ぎ、リピーターを獲得するためには、デジタル化を進め、顧客のデータを収集し、効果的なマーケティングを実施しなければならないのです。

すなわち、従来の飲食業界のビジネスモデルを、デジタルと親和性の高いビジネスモデルに転換していく必要があるのです。

飲食店のサブスク化にはメリットが多い!

そして、その転換すべきビジネスモデルとなるのが、サブスクリプション(サブスク)です。

サブスクは、顧客に継続して利用してもらうことを前提としたビジネスであり、そのために、顧客と積極的にコミュニケーションをとり、関係性を構築していきます。

顧客と持続的な関係を築くことで、リピーターに育てていくことができるのです。

もちろん、サブスクはデジタルと親和性が高く、効果的に活用していくことが可能なビジネスモデルであり、飲食店でサブスクを導入することで、得られるメリットは数多くあるのです。

そのメリットの中でも最も重要となるのが、従来では困難であった顧客データの収集が可能となるということです。

マーケティングを行うためには、顧客データの収集、分析は不可欠なものであり、このデータを活用することにより、効果的なマーケティングが可能となるのです。

サブスクは、契約が必要となるサービスですから、データの収集は容易であり、顧客が利用するたびにそのデータは蓄積されていきます。

これは、飲食店にとって大きなメリットであり、マーケティングだけでなく、メニューの開発やサービスの改善に役立てることもできるのです。

まとめ

時代の流れから、現在のビジネスにおいてデジタル化は急務であり、どの業界もデジタル化を進めています。

しかし、飲食業界は、この流れに後れを取っており、デジタル化どころか、マーケティングさえも行っていないケースが多かったのです。

そのため、どこも経営状態は悪くなる一方で、コロナ禍以前から厳しい状況に置かれていたのです。

そして、コロナ禍においてさらに状況は厳しくなり、大手企業も店舗数を減らすなど、その影響は計り知れません。

この状況を打破するには、従来のビジネスを抜本的に改革する必要があり、その改革に有効となるのがサブスクビジネスと考えられているのです。

サブスク化すれば、すべてが上手くいくわけではありませんが、現在の状況を変えるにはビジネスモデル自体を転換する以外方法がないのです。

まずは気軽に問合せ