D2C

食のD2Cが求められている理由とは?

D2Cビジネスは、ここ数年の間に広く認知され、あらゆる業種に普及してきています。

アパレル業界がいち早くD2Cビジネスを広めたことから、D2Cと言えばアパレルブランドというイメージを持つ人も多いようですが、現在では多くの業種が、D2Cビジネスを取り入れているのです。

その中には、日用品や雑貨、家具やインテリアなど様々なブランドがありますが、最近、特に注目を集めているのが食の領域のD2Cブランドです。

そこで今回の記事では、食のD2Cが求められている理由について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

食の領域のD2Cとは?

D2Cは、企業やメーカーが中間業者を介することなく、商品の企画から販売までを一貫して行い、自社ECを通じて消費者に直接販売をするビジネスモデルです。

このD2Cは、数年前から注目され順調に成長していましたが、このコロナ禍において、さらに市場を拡大しています。

その理由は、これまでのビジネスとは異なり、マーケティングにはSNSを、販売は自社ECのみと、デジタルを最大限に活用するという特徴があるからです。

コロナ禍において、ECの利用者は大幅に増加し、EC市場は急速に拡大化しました。

EC化の遅れていた多くの企業が、この大幅な利用者の増加を受けて一斉にECへの転換を図ったのです。

このような状況の中で、そもそもがデジタルを活用するビジネスであるD2Cは、ビジネスの転換を図る必要もなく、順調に顧客を獲得しているのです。

このように、コロナ禍において、D2Cブランドのほとんどが順調に収益を上げていますが、その中でも特に注目を集めているのが、食の領域のD2Cブランドです。

コロナ禍の影響で、店舗内での飲食が制限され、オンライン上での注文や、ウーバーイーツなどのデリバリーサービスが増加しています。

そして、その延長上として注目されたのが食品を取り扱うD2Cブランドなのです。

この食のD2Cブランドの成功事例として、良く取り上げられるのが、Mr,cheesecake ミスターチーズケーキです。

このブランドは、ミシュランに掲載されたレストランでのシェフ経験のある料理人がプロデュースした、チーズケーキ専門のD2Cブランドです。

商品は1種類のチーズケーキのみ、販売は日曜と月曜のみに限られており、販売するたびに即完売になるほど人気を集めています。

このブランドが顧客からの支持を集めているのは、商品がなかなか買えないことも理由の一つですが、最も支持されているのが、商品に対するこだわりです。

素材から作り方、最も美味しい食べ方まで、商品に強いこだわりを持ち、それをSNSやECで消費者に強く訴求しています。

商品に対する思いなどもSNSやECを利用して消費者に伝え、消費者の共感を得ることに成功しているのです。

チーズケーキというのは良く扱われる商材であり、現在ではコンビニやスーパーなどでも手軽に購入できます。

このブランドは、その身近な存在であるチーズケーキの価値を最大限に高めることに成功したのです。

なぜ食のD2Cが注目されるのか?

食品D2Cブランドがこのように高い注目を集めているのは、新型コロナウイルスの流行による外出自粛の要請がきっかけです。

テレワークの推進や不要不急の外出の自粛要請によって自宅で過ごす時間が増えたことにより、ECで食品を購入する消費者が増え、さらに、外食を控える消費者が増えたことで、少し贅沢な食品をECで購入するケースが増加したのです。

Mr.cheesecakeの成功事例からも分かるように、食品のD2Cブランドは、素材から作り方に至るまで徹底してこだわりぬいた商品を提供しています。

そして、そのこだわりやブランドの理念をECやSNSを利用して消費者に伝えています。

消費者は自宅で過ごす時間が増えたことにより、このD2CブランドのECやSNSをじっくりと閲覧してくれるようになり、このブランドの理念やこだわりに共感を覚えるようになったのです。

食品D2Cブランドの商品は、素材を厳選しているために価格は高めに設定されていることがほとんどです。

しかし、ブランドに共感し、それに納得することができれば、多少高価格であっても消費者は購入してくれるのです。

現代では、食品はスーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、身近なところで手軽に購入することが可能となっています。

例え外出自粛の要請があったとしても、このような場所での食品の購入は可能であり、消費者のほとんどが日常の買い物は続けているのです。

しかし、このようなどこでも手軽に購入できるような食品をわざわざECで購入することはありません。

消費者が求めているのは、手軽に買うことのできない、素材からこだわって作られた食品であり、それを提供してくれるのが食品D2Cブランドであったのです。

まとめ

新型コロナウイルスの流行によって、消費者の行動は大きく変化し、それに伴い消費活動も大きく変化しました。

自宅に居ながらにして買い物ができるECの利用者が大幅に増加し、ECを販売の軸とするD2Cもその恩恵を受けることができたのです。

そして、そのD2Cの中でも特に注目されているのが食品を取り扱うD2Cなのです。

この食品D2Cブランドが求められるようになったのは、今回説明したように、外出の自粛がきっかけではありますが、今後状況が変わってもこの流れは続いていくと考えられています。

消費者が一度知ってしまった便利さを手放すことは考えにくく、食の領域のD2Cは今後さらに成長していくと予想されるのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ