D2C

小売りだけじゃない?食品業界にも広がるD2C

D2C市場は現在急激に成長し、アパレルや日用品の分野において、多くのブランドが誕生しています。

また、この市場の成長はほかの分野にも派生しており、その中で特に注目されているのが食の分野におけるD2Cです。

そこで今回の記事では、食品にも広がるD2Cについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

広がりを見せるD2C

D2C(Direct to consumer)は、企業やメーカーが商品の企画から販売までを、仲介業者を通さずに一貫して行うビジネスモデルです。

ダイレクトの名前の通り、消費者に直接商品を販売しますが、他のビジネスモデルとの違いは、自社ECを主軸として販売を行い、マーケティングにおいてもWEBを中心として展開するという点です。

このD2Cが注目されるようになった背景には、インターネットが広く普及し、消費者の価値観が変化したこと、消費者が日常的にSNSを利用するようになったことが挙げられます。

スマートフォンの普及により、インターネットは消費者にとってより身近なものとなっています。

それにより消費者は、インターネットで商品を購入するということに抵抗感がなくなっているのです。

また、SNSによって、企業が顧客と直接コミュニケーションをとることが容易となり、企業は商品に関する情報や、企業理念、ブランドのストーリーなどを簡単に消費者に発信することができるようになりました。

このインターネットへの抵抗感の薄れとSNSの普及による顧客接点の増加がD2Cがここまで注目されるようになった理由の一つであると言えるのです。

さらに、従来のビジネスでは商品が売れなくなってきていることもD2C拡大の要因の一つです。

現在は、技術の進化により、商品の品質に大きな差がなくなっています。

そのため、以前のように、商品の機能や価格によって差別化を図ることが難しくなっているのです。

そのため、消費者に商品を選択してもらうためには、商品やブランドに付加価値を持たせることが必要となってきたのです。

この付加価値とは、ブランドのストーリーや世界観など商品やブランドに関わることで得られる体験などを指します。

つまり、商品を所有することでなく、商品を使用することで得られる体験を通して、消費者と接点を持ち、商品やブランドを選択してもらうことが重要となったのです。

OEMの増加でD2Cがさらに拡大する!

このように、消費者の価値観の大きな変化により、D2Cは高い注目を集め、多くの企業がD2Cブランドを立ち上げています。

また、ブランド立ち上げの増加には、OEMが増加したことも関連しています。

D2Cは、自社で商品の企画、製造するビジネスモデルです。

しかし、商品の企画はともかく、製造と言うのはその技術を持たない企業にとっては困難と言える大きな問題であり、この問題を解消するのがOEMなのです。

OEMとは、他社ブランドの製品を製造すること、もしくはその企業を表す言葉です。

従来よりアパレル業界や化粧品、食品など様々な分野で普及している手法であり、流通している多くの商品がOEM商品です。

近年、このOEMのニーズが高まったことを受け、OEMに特化した業者が増加し、小ロットで、しかも低価格での発注が可能となり、これによりD2Cブランドの立ち上げが容易となったのです。

このOEMを利用することにより、小さな企業であってもD2Cに参入することが可能となります。

そして、実際にOEMを利用したD2Cは増加しており、アパレルなどの小売業界だけでなく、食品業界にも増えてきているのです。

そして、その中でも注目されているのが健康に特化した食品D2Cです。

そもそも健康食品は、競争が激しく、独自性の高いオリジナル商品を開発することが必要です。

そのため、従来より、自社に製造のノウハウがない企業や予算が少ない企業がOEMを利用するケースが多く、OEMの活用に長けている面があるのです。

また、D2Cが拡大していることを受け、ODM企業が健康食品に特化したOEM企業を立ち上げるなど、食品D2CにおけるOEMの利用へのハードルがさらに低くなってきています。

この流れは今後も続くことが予想されますので、OEM利用の食品D2Cブランドはますます増えると考えられています。

ただし、このOEMの増加は手放しで歓迎できるわけではありません。

OEM企業が増加したからと言って、そのすべてが高い技術を持っているわけではないのです。

技術力のない企業に依頼した場合には、品質の低い商品を販売しなければならなくなるということも考えられるのです。

特に、食品に関しては、衛生面なども問題となるため、信頼できるOEM企業に依頼することが重要となります。

また、商品の製造を依頼するためには、必要最低限の専門知識を有することも必要です。

まとめ

D2C市場は、急激に拡大化し、多くのD2Cブランドが誕生しています。

特に多くみられるのがアパレルD2Cブランドですが、市場が拡大化するにつれ、様々な分野に広がりを見せています。

その中でも、注目されているのが食品業界のD2Cブランドです。

大企業から中小企業まで多くの企業が食品関連のD2Cブランドを立ち上げているのです。

そして、これらのD2Cブランドの多くが利用しているのが、製造を委託するOEMです。

このOEMにより、資金力のない企業であってもD2Cに参入することが可能となったことから、DSC市場は今後ますます拡大していくと予想されます。

まずは気軽に問合せ