コールセンター

コールセンターの仕事のモチベーションを上げる4つの方法

コールセンターの仕事って、クレームが多そうですごくストレスが溜まりそうなイメージがありますよね。

仕事内容では、精神的に参ってしまう、と思ってはいませんか?

そんなネガティブなイメージがあるコールセンターの仕事ですが、実際ではコールセンターの仕事でしか感じることができないやりがいや、楽しめることがあるのですよ。

そこで今回は、コールセンターの仕事を楽しむ4つの方法をご紹介させていただきたいと思います。

今もし、コールセンターの仕事をされていて、仕事を楽しむことができない、やりがいを感じることができない、と思われている方はぜひこの記事を読んで、この方法を試してみてくださいね。

Contents

1:コミュニケーションを取ることを勉強だと思う

コールセンターで働くことは、多くの人と関わり合いを持つ、ということです。

同じ時間に働くスタッフの人数も多いので、コミュニケーションを取ることを楽しむことができます。

それ以外にも、勤務時間中は電話にて顧客と話しているので、いろいろなタイプの種類の人との関わり合いを持つことができるでしょう。

それはサービス業の特徴でもあり、特にコールセンターでの仕事は多数の顧客と関わることができるのです。

そのため、コールセンターで勤務していると、幅広いコミュニケーションを楽しむことができます。

そして、コールセンターの仕事で顧客と電話対応をする場合、通常の接客業とは違い、相手の表情や顔色をみることができません。

電話の向こうの相手の声色や言葉遣いなど、声の情報のみでやり取りをしなければならないのです。

いわゆる、「声」だけで、相手の心情や感情を読み取らなければいけないので、他の仕事ではなかなか身に付けることができないスキルを習得することができるでしょう。

日々、顧客と会話する中で優れた会話能力を身に付けることができますし、相手とのより良い会話方法を身に付けることができます。

人に話を聞くことの重要さ、そして相手の心を揺さぶるような話し方は、日常生活にも十分に役立つことではあります。

コミュニケーションを取ることがストレスだ、と感じる考えを少し変え、勉強だから楽しもう、と思うことが、コールセンターの仕事を楽しむ方法なのです。

2:やりがいを意識する

コールセンターの仕事をしていると、電話をかけても話を聞いてもらえなかったり、電話を受けてもクレームの内容で、いきなり怒りをぶつけられたりすることもあります。

それはとてもストレスが溜まりますし、「もうこんな仕事楽しくない」と思ってしまうきっかけにもなるでしょう。

ですが、そんなコールセンターの仕事でも、「やりがい」を見つけながら仕事をしてみてください。

頑張った分だけ、自分が成長することができますし、自分の対応次第では、顧客に満足してもらい感謝をされる場合もあるのです。

今の仕事を顧客からの感謝の声に後押ししてもらい、自分のスキルアップやキャリアアップを目標とし、そのためのやりがいを意識して感じると、仕事が楽しいと思うことができます。

せっかく勤務しているのですから、向上心を持ち、間違いには反省し、自分で意欲的に仕事に向かうと、毎日の業務が楽しくなりますよ。

3:シフトを調整して、自分なりの働き方をする

コールセンターの仕事を辛いと感じているのなら、一度勤務シフトを調整してみましょう。

コールセンターで働く魅力は、シフトが調整しやすく、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができる、ということです。

自分の負担になり過ぎないシフトを組み、休日を有意義に過ごすことこそ、仕事を楽しむ方法なのです。

休日が充実していないと、仕事を楽しいとは思えませんよね。

シフトをしっかりと自分で管理して、コールセンターの仕事を含めた生活すべてを楽しい、と思えるようにしましょう。

4:働く目的を持つ

コールセンターの仕事は、離職率が高いと言われていますが、そう簡単に離職しないためにも、働く目的を明確に持ちましょう。

コールセンターの仕事に限らず、どの職種であっても働く目的がしっかりしている人の方が、長く積極的に仕事を楽しむことができますよね。

「〇〇円貯金する」「会話のスキルを上げる」「コールセンターの会社でもっと上に上り詰めたい」

目的は小さくても大きくても構いません。

明確な働く目的を一つ持ち、そのために働くことを楽しみましょう。

まとめ

以上、コールセンターの仕事を楽しむ4つの方法をご紹介させていただきました。

コールセンターの仕事は、相手の顔が見えない分、どうしてもストレスが気になる仕事ではありますが、自分の考え方次第で、いくらでも仕事を楽しむことができるのです。

他の職種に転職することも可能ですが、心構え一つでコールセンターの仕事を楽しみながら働くことができるなんて、魅力的ではありませんか?

今、コールセンターの仕事で余裕がない、楽しめない、という方はさっそくこの4つの方法を試してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ