サブスクリプション

一定の売上を得ることだけがサブスクリプションビジネスの目的ではない

最近、サブスクリプションビジネスが目まぐるしい成長を遂げています。

まだサブスクリプションが浸透する前であれば、音楽配信や動画配信といったデジタルサービス業界にこそ注目をされていたのですが、今では市場規模が拡大し、飲食業界やアパレル業界といった非デジタル業界までも、サブスクリプションの導入が始まっています。

そもそもサブスクリプションビジネスとは、毎月企業が定めた一定の利用料金を支払うことで、その企業が提供しているサービスや商品を利用することができる、というビジネスです。

世界的に見てもこのサブスクリプションビジネスは非常に人気でトレンド性の高いビジネスになってきました。

このサブスクリプションビジネスを展開することで、企業は継続的に安定した収入を得ることが出来るほか、新規導入の障壁を下げ顧客数の増加を見込むことができること、そして従来では得ることのできなかった顧客の詳細データを取得することができることが挙げられます。

このようなことを聞くと誰しも、「一定の売り上げを得ることができるのなら、サブスクリプションビジネスを始めたい」と思うかと思いますが、それだけをサブスクリプションビジネスの目的として良いのでしょうか。

そこで今回は、一定の売り上げを得ることだけがサブスクリプションビジネスの目的ではない、ということについてお話しさせていただきたいと思います。

今企業としてサブスクリプション業界への参入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

最大の目的は安定した収益を「積み重ねる」こと

サブスクリプションビジネスの最大のメリットに、「安定した収益を得る」ということがありますので、そこに魅力を感じる方はもちろん多いかと思います。

ですが、サブスクリプションビジネスとしての目的はそんなに単純なものではなく、その安定した収益をいかに多く「積み重ねるか」ということにあるのです。

実店舗では見込むことのできない収益を得ることができますが、それを結果として残すためには、顧客に離脱されないよう、満足されるコンテンツを提供しなければなりません。

このような「積み重ね」を意識したサービス提供を行うことで、さらにそこから+αの購入を期待することができるのです。

たとえばカフェのサブスクリプションの場合、コーヒーを定額で提供しているとすると、コーヒーを購入する際にレジの前のサンドイッチを手に取る可能性も考えられますよね。

このような工夫を凝らし、いかに顧客に自然に満足してもらうことができるか、ということを日々考案していきましょう。

サブスクリプションの落とし穴を知る

サブスクリプションビジネスは、開始したからと言って必ずしも成功し、利益を得ることができるというわけではありません。

時に納得のいく利益を出すことが出来ず、運営に困難を示すこともあるでしょう。

そのためにもサブスクリプションビジネスの落とし穴を知っておくことが重要です。

たとえば、サブスクリプションビジネスの解約手続きが明確になっていない場合はいかがでしょうか。

解約をされないために、露骨に解約を阻止するような契約を促してしまうと、顧客から敬遠されてしまうことが考えられますし、後のトラブルを起こしてしまうでしょう。

そして、解約することを忘れさせる手口を用い、継続して利用させようというサービスも注意が必要です。

たとえば、月額支払のサービスであれば、顧客自身も利用状況を把握することができますが、年間支払サービスであれば一年に一度だけの支払いであるからこそ、顧客がサービスに加入しているという意識はどうしても低くなってしまいますよね。

そうなると結果的に定額料金のみを支払い続けてしまうことになるでしょう。

不本意であっても、このような手法は顧客からの信用も無くなってしまい、さらに今後の運営に支障を及ぼす可能性もありますので、顧客視点に立った運用を心がけてください。

「お得」「悩み解消」がポイント

サブスクリプションビジネスでは、顧客に少しでも「お得感」を感じてもらうことこそ、初期契約の第一歩なのです。

さらにそのサービスの魅力をより良く伝えるためには、定期的に顧客にアプローチをし、解約を検討する顧客を少なくすることができれば良いですよね。

顧客は今何に悩み、その悩みをどのような方法で解消したいのか、それにはどうすれば満足してもらえるのか、をしっかり考えていくことが大切です。

このような顧客情報を知るためにも、顧客一人一人のサービス利用状況や問い合わせ内容などをしっかり知り、応えていくことが大切なのです。

まとめ

以上、一定の売り上げを得ることだけがサブスクリプションビジネスの目的ではない、ということについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスを成功させている企業は、ただ一定期間の安定した収益を目的としているのではなく、それをどれだけ長く得ることができるか、ということを目的としているのです。

ですので、そのためには何が有効的なのか、どうすれば満足してもらえるのか、ということを検討し直すことができるでしょう。

サブスクリプションビジネスをされている方は、ぜひこれらのポイントをしっかり理解してビジネスを行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ