サブスクリプション

宿泊業界の方必見!ホテル事業のサブスクリプション成功事例

ここ数年、モノを購入するのではなく体験にお金を払うという「サブスクリプション」と呼ばれるビジネスモデルが大きな注目を集めています。

サブスクリプションとは、もともと「定期購読」を意味する言葉であり、消費者がモノを購入して所有するのではなく、それを一定期間利用することができる「権利」に対してお金を支払うビジネスモデルです。

消費者の志向が変化し、サブスクリプションサービスが流行してきた当初は、音楽や動画、電子書籍などのデジタル商材こそ、サブスクリプションとして提供するにはふさわしいと考えられ、認知度が高まってきているのですが、今では飲食業界やアパレル業界、美容業界、宿泊業界にもサブスクリプションビジネスが拡大してきていることをご存知でしょうか。

顧客にとって、受けたいサービスをお得に、そして定額で受けることができるメリットがあり、企業にとっても常に毎月安定した売上を確保することができますので、非常にメリットが大きいでしょう。

そこで今回は、ホテル事業のサブスクリプション成功事例をご紹介していきたいと思います。

サブスクリプションビジネスについて学びたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Bidroom(ビッドルーム)

国内での大手集客サイトといえば、「じゃらん」や「楽天トラベル」が非常に知名度が高いのですが、「Bidroom」はオランダのオンライン旅行代理店が運営する、サブスクリプション型集客サイトです。

従来までのオンライン旅行代理店といえば、ホテルから手数料をもらうことが当然であったのですが、Bidroomではホテルから手数料をもらっていないことが特徴ですね。

ではどこから手数料が発生しているのか、それは利用者から毎月約360円の手数料をもらう仕組みになっているのです。

今までのホテルは、集客サイトに登録したとしても約10%から25%ほどの高額な手数料が取られてしまい、かといって自由に掲載金額を設定できないということが一般的でした。

Bidroomは売上が計上されたタイミングで登録料が発生しますが、それでも手数料がないことと、価格設定が定められていないことはかなり優れていますね。

ホテルは手数料不要で集客をすることができる、利用者は詞宿泊先の情報を得ることができる、Bidroomは売上が形状されれば登録料を得ることができると、三者にとってメリットがある、ホテル事業サブスクリプションの成功事例の代表と言えるでしょう。

HafH(ハフ)

「HafH」は、「好きなときに好きな場所で働くための住まいが見つかる」というキャッチフレーズを掲げており、一定の月額料金を支払うことで、HafHが提携している世界中のホテルに住み放題になるというサブスクリプションサービスです。

国内外のホテル多数と契約していますので、働く場所がその都度変わるビジネスマンだけでなく、旅行好きの方の宿泊先の悩みも解消するため、多くの利用者を獲得しているのです。

さらにHafHでは、「HafHコイン」と呼ばれる独自制度を取り入れており、利用すればするほど会員ランクがアップし、お得に利用することができる仕組みになっています。

この手法も、利用者を離さないポイントですよね。

お試しプランであれば、月3,000円からサービスが展開されているたね、初回の方でも登録しやすくなっています。

さらに、滞在日数に応じて4つのプランが提案されていますので、自身のライフスタイルに合わせることもできる点も、魅力的ですよね。

unito(ユニット)

「unito」は、外泊をすればするほど、家賃がどんどん安くなるというサブスクリプションサービスを提供しています。

ターゲットとなるユーザーは、月に数日しか家を利用しないフリーランスの方がメインであり、数ある住居提供サブスクリプションサービスの中でも、他に類を見ないサービスとして注目を集めました。

東京都内の好立地で建築されているため、住居としての機能はもちろんですが、人に貸し出すホテルとしても機能しているため、自分が利用しない日はホテルとして貸し出し、その分家賃を安くする、ということが特徴なのです。

Inspirato Pass(インスピラート・パス)

Inspirato Passは、特に「富裕層」の旅行客をターゲットとしています。

月額は日本換算で約28万円ほどであり、世界に7万件以上もある高級ホテルや、リゾート、体験サービスと契約しており、ラグジュアリーなバケーションを楽しむことができる、5つ星の宿泊施設を定額で利用し放題になるサービスなのです。

一般の方からすると、月額料金は非常に高いのですが、高額であるからこそホテルやサービスの質も高く、多くの富裕層の旅行者から人気を集めているサービスなのです。

まとめ

以上、ホテル事業のサブスクリプション成功事例をご紹介させていただきました。

サブスクリプションビジネスこそ、宿泊業界の利益をあげるための有効なマーケティングであると考えられます。

どのサービスを見ても、それぞれ特徴があって思わず利用してみたくなるようなサービスばかりではありませんか?

成功するビジネスには、革新的なアイデアが必要ですので、ぜひこれらの成功事例をもとにアイデアを生み出してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ