コールセンター

後悔しないためのコールセンターの4つの選び方

後悔しないためのコールセンターの4つの選び方

人気の職場として、常に上位に入ってくるものといえば「コールセンター」ですよね。

実際にもコールセンターへ転職したい、と思われている方はきっと多いことでしょう。

コールセンターの求人情報を見てみても、学歴や職歴は特に関係なく、比較的高時給のところが多いですよね。

そして、雇用形態も、パートやアルバイト、正社員、派遣社員、契約社員といったようにさまざまな種類の人が働くことができる環境が整っているのです。

お客様への電話対応がメインとなる仕事で、一日中デスクワークで体力に自信が無い方であっても働くことができるのです。

そんな魅力的なコールセンターでの仕事ですが、どういったコールセンターがおすすめなのでしょうか。

そこで今回は、後悔しないためのコールセンターの4つの選び方をご紹介させていただきたいと思います。

コールセンターで働きたい、と思われている方は、ぜひこの記事を参考に後悔しないコールセンターを選んでみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:勤務場所

まず、一番大切なことがコールセンターの勤務場所です。

大手企業であれば、さまざまな地域にコールセンターを構えている場合がありますし、派遣会社に登録して勤務場所を選ぶのであれば、実際に希望する店舗と異なる場所に配属される可能性もあります。

自分が希望する勤務場所で働くことができるのか、最寄駅はあるのか、最寄駅から徒歩何分なのか、社員用の駐車場はあるのか、といった点をしっかりと確認しておきましょう。

交通費が支給されるのか、ということも確認項目ですよ。

不便な場所にあると、通勤だけでもストレスになってしまいますよね。

勤務場所が整っていることが、勤続できる第一条件といえるでしょう。

 

2:業務内容

コールセンターと一言で言っても、実はコールセンターにはさまざまな業務内容があります。

アウトバウンド(架電)、インバウンド(受電)、というように種類が分かれており、業務内容は全く違ってきます。

アウトバウンドは、お客様に自分から電話をかけて、商品やサービスの営業をしたり、マーケティングの調査を行っていきます。

時には目標としてノルマを課せられる場合がありますので、積極性がある人や向上心がある人、集中力がある人、営業会話が得意な人には向いているでしょう。

一方インバウントは、お客様問い合わせ窓口や通販やテレビショッピングの受付といったように、お客様からの電話を受ける専門になります。

基本的に勤務時間中は、かかってくる電話に対応しています。

かかってくる内容はさまざまで、良い問い合わせばかりではありません。

クレーム対応もしなければいけない時もあり、電話を受けるといきなり怒鳴られる場合があるのです。

精神面で強くなければ続かない業務ですので、人との会話で受け答えをすることが得意な人、聞き上手な人が向いているでしょう。

この二つの業務内容をしっかり理解して、自分はどちらの方が向いているのか、どちらの業務をしたいのか、ということを考えて選ぶようにしましょう。

 

3:給与

給与は、会社によって違います。

そしてアウトバウンドとインバウントでの業務内容でも、給与が変わってきます。

数件のコールセンターの会社を見比べ、時給が高い方を選ぶようにしましょう。

スタートの時給だけでなく、時給アップのルール、インセンティブはあるのか、インセンティブ対応されるのはどのような状況か、ということを確認しておきましょう。

その際に、今働いている人の最高自給や、時給の上限も聞いておくことをおすすめします。

時給が高い方から面接へ行き、面接内容に違和感を感じたら辞めておく、という方法が良いでしょう。

 

4:人材の扱い方

コールセンターは人気の職業ではありますが、離職率が非常に高い職業とも言えます。

調べてみると、入社後3ヶ月以内に辞めてしまう人が多いのです。

企業自体が、働く人材を大切に扱っているか、スタッフのためのサポート体制が整っているか、ということが重要です。

入社してから新入社員用の研修を行い、実際に業務を行うようになってからも、精神面でのサポートをしてくれるのかを、コールセンター選びの基準にしてみてください。

社員評価制度がどうなっているのか、頑張れば頑張ったぶんだけ評価してくれるのか、ということを事前に確認しておきましょう。

評価制度を曖昧にしてしまっている企業は、サポート体制が整っていない可能性が高いので、入社後に後悔してしまう場合がありますよ。

まとめ

以上、後悔しないためのコールセンターの4つの選び方をご紹介させていただきました。

選び方を抑えた後、まずは「インバウントの業務で時給が高いところ」から選んでいきましょう。

そこから徐々に面接を受けていくと良いでしょう。

コールセンターでの仕事が初めてであれば、少なからず不安があるかと思います。

ですが、「働いて良かった」と思えるようなコールセンターを選ぶことで、効率よく楽しくお金を稼ぐことができるようになるのですよ、

ぜひこの記事を参考に、コールセンターで働くことを検討してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ