単品リピート通販

単品リピート通販事業で失敗しないマーケットを選ぶ方法

この記事では、通販事業で失敗しないためのマーケット市場を選ぶ方法をご紹介しています。

というのも、通販事業において自分が参入するマーケット市場を選び間違えると失敗することはよくあるからです。

その他にも、どのような通販事業の出店方法を取るかによっても集客方法は変わってきたりもします。

今回は、そんな通販事業におけるマーケット事情なども合わせてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

まずは基本的な情報を知っておく

通販事業に参入を考える際に、ある程度知識が無ければどの市場で参入するかを決めるのは難しいと思います。

そこで、ここでは大手通販事業会社を例に挙げながら簡単にご紹介していきたいと思います。

まずは「Amazon」です。

Amazonの最大の特徴は、認知度による集客力の高さです。

またAmazonプライムセールをよく利用する方や、Amazonプライム会員などに加入している方は、送料が無料になる特典などもあるのでリピーターも多いと思います。

ただ、Amazon自身が同じ商品を販売し始めると売れなくなってしまうケースもあるので注意する必要もあります。

次が「楽天市場」です。

楽天市場は、正直Amazonよりも集客力は高い印象です。

というのも、楽天自体があらゆるジャンルに参入していることもあり、女性ユーザーの割合が多いからです。

女性ユーザーはリピーターになりやすいため、一度気に入ってくれると再び購入してくれることもあるので、女性向け商品で通販事業参入を考えているなら、楽天市場は選んでおいて良いと思います。

特に、「高額商品」を売る際には楽天自体が信頼度をあげてくれる役割もあります。

なぜなら、楽天にはネットバンクや生命保険・クレジットカードなど私たちの生活に必要で重要な事業にも取り組んでいるため、元々の信頼度があるからです。

また「Yahoo!ショッピング」は、通販事業において出店数がかなり多いので、広告費用が掛かってくる可能性が高いです。

その他にも、若い世代をターゲットにするなら「フリマアプリ」や「au Wowma!」などを活用するのも良いと思います。

このように、同じ通販事業においても

・どのような商品を売るのか
・ターゲットとなる客層はどの客層なのか

によって選択するマーケット市場も変わってくるので、失敗しないように事前にしっかりと調べておく必要があります。

通販事業で失敗しないコツはリスク分散

上記では、どの客層をターゲットにするかによって、参入するマーケット市場を選ぶことをご紹介しました。

しかし、それでもマーケット市場選びに失敗して運営が上手くいかないことだってあると思います。

そこでポイントになるのが、一つのマーケット市場に依存しないことです。

一つのマーケット市場に依存してしまうと、そのマーケット市場が変動してしまったらモロに影響を受けるため、安定した運営が出来る可能性が減ります。

そのならないためにも、一つのマーケット市場だけではなく複数のマーケット市場に参入しておいた方が良いと思います。

ただし、そうなると扱う商品の数なども増えたりして大変になると思います。

そこで、「商品」で見るのではく「ジャンル」で見て複数のマーケット市場に参入するという方法です。

そうすることで、片方がダメになっても、もう片方は影響を受けていなければ、売上は若干変動するかもしれませんが、リスクを多少なりとも減らすことは出来ます。

どのマーケット市場でも常に変動しているため、ずっと安定するとは思わない方が良いです。

ですので、もしものことを考えてリスク分散をしておくことは意外に大切だと思います。

リスク分散をするために、複数のマーケットを上手く活用して通販事業に取り組んでいる事業主もたくさんいらっしゃるので、参考にしてみても良いと思います。

まとめ

今回は、通販事業で失敗しないマーケット市場を選ぶ方法についてご紹介してきました。

正直、扱う商品やジャンルによって選ぶべきマーケット市場は大きく変わってきます。

ですので、それぞれのマーケットの特徴や流行の流れ、ユーザーの声などを敏感に捉えなければ難しいと思います。

マーケット選びを間違えると、一気に経営が悪化したり廃業したりすることにもなり兼ねないので、マーケット選びは通販事業において非常に重要だと言えます。

ですので、安易に参入するマーケット市場を選ぶのでなく、競合をリサーチしたりユーザーの声を聞いたりと言った様々な戦略を練る必要があります。

このように、通販事業におけるマーケット選びは簡単ではありません。

しかし、調べていき知識を身に付ければ、先回りして予測することだって可能ではあります。

実際に、先見の明で成功している通販事業はたくさんありますし、ネットや書物などを見ればたくさん成功例なども書かれています。

ですので、まずは徹底的にマーケット調査をしてみると良いのではないでしょうか。

まずは気軽に問合せ