単品リピート通販

単品リピート通販は広告が命!優秀な広告代理店を見分けるポイント

単品リピート通販をやるうえで一番大切なのはなんといっても広告であり、いかに新規顧客を開拓できるかでビジネスの規模が変わってきますからね。

通信販売は広告が最も重要な役割を果たしていると言っても過言ではなく、広告の良し悪しによって売り上げが大きく左右されてしまいます。

そのため、広告運用を依頼する場合、優秀な広告代理店を見分け依頼しなくてはなりません、これは考えれば当たり前の話ですが、優秀な代理店探しが大事です。

しかし、どうすれば優秀な広告代理店を見分けることができるのでしょうか?

これから広告をして販売をしていこうと考えているのであれば、単品リピート通販でどのように広告代理店に見分ければいいのかについてしっかり理解することは重要です。

今回の記事では、通信販売広告における優秀な広告代理店の見分け方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

広告代理店はどうやって選ぶ?

スーパーなどで一般的に小売りされている商品と異なり、店舗を持たない通信販売の商品は、広告が非常に重要な役割を担っています。

基本的に単品リピート通販ではウェブを使った手法で新規顧客を開拓するわけですから、広告が悪ければ商品は一切売れないということになります。

特に、自社開発のオリジナル商品を取り扱う通販会社は、この広告の出来が悪く、お客様にアピールし売り上げに繋げることができなければ事業自体が立ち行かなくなる可能性があります。

そんな通信販売に最も重要と言える広告は、広告を専門とする広告代理店に任せられることがほとんどです。

そして、その広告代理店には、テレビ、新聞などから様々なイベント企画、マーケティングまでを総合的に行う総合広告代理店、新聞折り込み広告などそれぞれの広告を専門的に扱う専門広告代理店、通信販売に特化した通販専門広告代理店などがあります。

そして、これらのどの広告代理店に依頼する場合でもメリット、デメリットがあります。

まず、総合広告代理店の場合、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどに強いことから、大規模な広告を考えている場合には良いですが、ウェブ通販広告の経験がない担当者も多くいるため、その点で注意が必要です。

今雑誌やラジオなどの広告はシェアがどんどん落ちており、ウェブで商品を買う人の方が圧倒的に増えているので、ウェブ通販にしっかりカバーできている会社を選ぶのが将来的にいいといえると思います。

総合広告代理店の場合には、なんといっても見積もりが高いので、資金力のない会社にはあまり向かないといえるかもしれませんね。

次に、専門広告代理店は、それぞれの広告のジャンルに対し詳しく、経験も豊富であることがメリットですが、特定の媒体にだけに広告が偏ってしまうと言うデメリットもあります。

特定の専門分野を持っている広告代理店は使い分けることで、効果を発揮しますので専門性のあるところに数社お願いするのはありだと思います。

最後に、通信販売広告を専門としている広告代理店は、経験値が高いので反応率も高いです。

同業他社の実績や成功事例などをもとに総合的な提案をしてくれるので成功率が高くなるのがメリットです。

しかし、通信販売のレスポンス広告には強いですが、他の媒体に関しては、総合代理店、専門代理店にかなわない点が多いところがデメリットと言えます。

また、総合代理店、専門代理店の中には、通信販売広告専門のチームを持っていることもありますので、事前に確認する必要があります。

実際の担当者が誰になるのかを確認する!

前述のように、通信販売の広告運用を依頼をする場合、総合広告代理店、専門広告代理店、通販専門広告代理店の大きく3種類に分けられる広告代理店の中から選択することになります。

それぞれに異なる特徴がありますので、どういった広告運用を考えているのかで選択は変わってくると思いますが、広告代理店の選択と同じように重要なのが各代理店の担当者です。

広告代理店の会社自体がよくても担当者まで注目している経営者って意外と少ないのです、一流広告代理店はなんといっても膨大な広告案件を扱っていますからね。

力のある大きな総合広告代理店であっても、担当者の経験が浅く、通販広告の知識がなければ、費用をかける意味がないですし、通販に特化した広告代理店であっても、担当者のスキルや能力が低ければ広告の効果も低くなってしまいます。

そのため、経験豊富でスキルのある優秀な担当者を見分けることが重要です。

また、商談で担当した方が実際に担当するとは限りませんので、メインの窓口となる方、運用を指揮する方は誰なのかを事前に確認することが大切です。

特に、代理店側から営業に来られた場合、営業担当者と運用担当者は異なることが多いですので、必ず運用担当者も商談に同席させるようにしましょう。

費用対効果がどれくらいあるのかを事前に調べておくことも大事ですね、これだけの予算であれば、最低でもどれくらいの反応が取れるのか、これ以下であれば広告は出せないというようなラインをしっかり定めておくといいでしょう。

複数の広告代理店に対してコンペを行うことも有効ですが、コンペのためだけに経験豊富でスキルのあるスタッフを集めている場合もあり、実際に運用が始まった際に、経験値の低いスタッフがメインで関わることも多くありますので注意しましょう。

担当者が通信販売事業を深く理解しているか見分けるのです、実際にこういった担当者の目利きができないと広告効果は全くでないものになってしまいます。

このように、どの広告代理店を選択する場合でも、実際に担当する担当者の能力が重要となってきます。

また、通信販売広告は一般的な広告とは異なり、売り上げに直接つながらなければ意味がありません。

通販広告にとって最も大切なのは、その広告が売り上げにどれだけ効果があるかなのです。そういった、通信販売広告の特徴を理解しているか?

通信販売広告の専門的な知識はあるか?

通信販売の基本的な事業構造を理解しているか?

などをしっかりと確認し、優秀な担当者を見分けるようにしましょう。

商談の際に、通信販売業界で使用される専門用語を多用し、内容を理解しているかを試してみるのも有効な方法です。

単品リピート通販ではなんといっても広告が一番大事なのです、広告でいかに新規顧客がとれるかこれがネックとなります。

そのためには、広告代理店としっかり話ができるようなレベルで専門用語などをしっかり経営者自身、そして販売を担当するスタッフが理解している必要があります。

他の記事でも書いてますが、成功している単品リピート通販の企業はまずは自社で広告運用をして利益がしっかり出るのがわかってから、他社に広告を出すような流れでやっています。

広告について最初から丸投げでやってもらおうと考えているのであれば、注意するべきだと思います、基本的な知識もない状態で広告を代理店を使ってしまうと、業者のいいなりになってしまいます。

まとめ

通信販売会社における広告とは、売り上げに直結するため事業全体を左右する重要なものと言えます。

広告の出来が良ければ売り上げが上がり、出来が悪ければ事業が立ち行かなくなる可能性もあるのです。

広告代理店には、そういった重要な広告を任せるわけですから、慎重に優秀な広告代理店を選ぶべきだと言えるでしょう。

しかし、優秀な広告代理店であっても、経験が浅く、スキルのない担当者も存在しますので、担当者に能力があるかを見分けることも重要です。

当社では多くの単品リピート通販企業の受付窓口となってサポート業務をおこなっています、多くの案件を扱っていますが、広告戦略がうまくいっている企業がやはり成功をしていますね。

単品リピート通販の広告まわりの知識に関して書いていますので、そちらも参考にしてもらえればと思います。

まずは気軽に問合せ