単品リピート通販

インフルエンサーマーケティングを成功させるポイントとは?

インフルエンサーマーケティングを成功させるポイントとは?

近年、SNSは続々とユーザーを増やしており、マーケティングの上でも非常に重要視されるようになってきています。

その中でも特に注目されているのが、SNSにおいてユーザーに大きな影響力を持つインフルエンサーを利用したマーケティング手法です。

しかし、このマーケティングをどのように行えばよいのかわからないといった声も多く聞かれ、インフルエンサーの利用方法に悩んでいる企業も多くあるようです。

そこで今回の記事では、インフルエンサーマーケティングについて説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、社会に対して与える影響力が大きい人物のことであり、インターネット上では、SNSなどのインターネット上のコミュニティを介して消費者の購買活動に大きな影響力を持つ人物のことを指します。

インフルエンサーには、タレントや著名人、専門家から、一般のブロガーやSNS投稿者などがおり、そのフォロワー数によりインフルエンサー内での階級も存在しています。

また、近年若い女性を中心にユーザー数が増加しているinstaglamにおけるインフルエンサーは、インスタグラマーと言う名称で呼ばれています。

 

インフルエンサーマーケティングとは? 

インフルエンサーマーケティングは、影響力の高いインフルエンサーに宣伝を依頼し、自社の商品やサービスの情報を素早く拡散してもらうマーケティング手法です。

インフルエンサーのフォロワーは、特定のジャンルに高い関心を持っているため、そのジャンルを得意とするインフルエンサーに宣伝を依頼することで、そのフォロワーに情報を直接届けることが可能となるのです。

 

インフルエンサーマーケティングはインフルエンサーの選択が重要! 

インフルエンサーマーケティングを行うには、まず自社の商品やサービスに適したインフルエンサーを見つけることが重要です。

インフルエンサーはそれぞれ異なるジャンルに対し影響力を持っています。

そのジャンルは、ファッション、美容、グルメ、料理、旅行、育児など多岐にわたりますので、インフルエンサーを起用する際には、フォロワー数だけでなく、そのインフルエンサーのタイプやフォロワーの属性が自社のコンテンツに適するかどうかを考慮の上起用する必要があります。

 

インフルエンサーマーケティングのメリットとは? 

インフルエンサーマーケティングには様々なメリットがあります。

まず挙げられるのは、自社のコンテンツと共通するインフルエンサーに依頼することで、そのフォロワーにダイレクトに情報を届けることができ、購買意欲を高めることが可能となると言う点です。

インフルエンサーがその得意とするジャンルの商品をSNSにおいておすすめすることで、フォロワーが影響を受け、その商品の売り上げが爆発的に伸びることも良く起こります。

次に、他の媒体と比較してSNSは情報が幅広い範囲に素早く拡散できるため、直接インフルエンサーをフォローしていないユーザーにも情報が行き渡り、売り上げに直結しなくとも認知度を上げることが期待できるという点が挙げられます。

さらに、インフルエンサーを利用することで、広告や宣伝と言ったイメージを抑えることも可能です。

基本的にユーザーはSNSなどを閲覧中に広告が出てくることに嫌悪感を感じることが多いです。

しかし、自身がフォローしているインフルエンサーの勧めであれば、そういった嫌な気分になることなく自然と受け入れることができるのです。 

インフルエンサーマーケティングを成功させるには?

インフルエンサーマーケティングを成功させるには、SNSの特徴を正しく理解し、自社のコンテンツとの相性を考える必要があります。

Twitterは、ツイートと呼ばれる最大140文字以内のメッセージ、画像、動画、URLを投稿できるSNSです。拡散性が高く、リツイート機能により、多くのユーザーに情報を届けることができるのが特徴で、イベントの告知など認知度の上昇を目的とした場合に最適です。

また、URLから直接サイトへ移動できるため、幅広いコンテンツの宣伝が可能ですが、宣伝のイメージが強すぎると嫌悪感を持つユーザーも多いですので注意が必要です。 

インスタ映えやインスタグラマーと言う呼び名を生み出した、instagramは、画像がメインとなるビジュアルに特化したSNSです。

メインとなるユーザーは10代から20代の若い世代、特に女性ユーザーが多いのが特徴で、それらのユーザーからの関心が高いファッションやコスメ、スイーツ、旅行などのコンテンツと相性が良いと考えられます。

ただし、instagramはURLから直接サイトへ誘導ができない、他のSNSよりも拡散性が低いというデメリットがあります。

そのため、instagramをマーケティングに利用するには、インフルエンサーを複数起用する、ハッシュタグを活用するといった工夫をする必要があります。 

映像や音声に特化したYouTubeでは、インフルエンサーは、YouTuberと呼ばれ活躍している人物を起用する必要があります。

他のSNSよりも子供から大人まで性別を問わず幅広い層に人気があるため、様々な層をターゲットとすることが可能です。

動画上で商品の説明や使用法などの流れを説明することで、より分かりやすい情報を伝えることができます。

実際にインフルエンサーが使用している映像を見てもらうことができるため、より商品に親近感を持ってもらうことが可能となります。

まとめ

インフルエンサーマーケティングは、自社のコンテンツに最適なインフルエンサーを起用し、各SNSの特性を活かして運用していくことが大切です。

ただし、短期的なマーケティングでは効果が出にくいですので、定期的に投稿を継続しながら、その効果を分析し次に施策に生かしていく必要があります。

すぐに成果を求めず、長期的な運用をしていかなければならないことを留意しておくことも重要になります。

まずは気軽に問合せ