単品リピート通販

単品リピート通販の初期費用ってどれくらい必要?

リピート通販

これから単品リピート通販をスタートさせようとした場合に費用としてどれくらいかかるかについて、今回書いていこうと思います。

単品リピート通販はどのレベル、つまり最終ゴール後をどこにおくかで初期費用が変わってきますが、ミニマムスタートでどれくらいで事業がスタートができるのかについて記載をしていきます。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

単品リピート通販事業、立ち上げにかかる初期費用はどれくらい?

今、とても注目を集めている販売手法というと、「単品リピート通販」を思い浮かべる方もきっと多いことでしょう、実際に単品リピート通販は利益を長期的視点でもっとも利益の出しやすいモデルとして注目を集めている手法なのです。

定期販売の通販というのをよくみかける、最近のインターネット通販サイトの新たな販売手法として注目されているので、一度はみたり聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

単品リピート通販や単品リピート通販と言われる手法で、独自の商品を1点のみ、もしくはごく少数のみだけで展開し、そしてその商品の売上の主軸をリピートでの購入で構成するタイプの通信販売のことを言います。

おもに化粧品や健康食品などが取り扱われる際に、この単品リピート通販を多く使われることでしょう、化粧品や健康商品が多い理由としては、その性質上リピート率が非常に高いからです。

「定期購入」という形態をメインとし、購入者にリピートして商品を購入してもらうことを目的としているため、販売が軌道に乗りさえすれば、非常に効率良く商品を販売することができ、効率よく売上を上げることができます。

実際に単品リピート通販の事業で成功している経営者もテレビに出ていたりしているので「自分も単品リピート通販事業を始めたい」と思う方多いのではないでしょうか。

「単品リピート通販を始めよう」「2つ目の事業として、通販事業を始めよう」

そう考えたとき、まず気になることといえば、「初期費用」ではないでしょうか?

そこで今回は、単品リピート通販事業を立ち上げにかかる初期費用はどれくらくいかかるのか、単品リピート通販の本質とは何かということを合わせてお教えしたいと思います。

今から単品リピート通販を始めようと思われている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

単品リピート通販の本質

いざ自分が経営を始めるとき、「初期費用はなるべく抑えたい」と思うことが経営者の本音ではないでしょうか。

単品リピート通販とは、投資回収ビジネスであるというのを前提として知っておかなければなりません、初回の商品を買ってもらっただけでは利益が出ることはないのです。

初期の時点では赤字であっても、広告費を投資して顧客を増やしていき、その集客した顧客にリピート購入を促して、利益をこつこつと積み上げていく、これが単品リピート通販事業の本質なのです。

お客様に商品を気に入ってもらい、そして商品について信頼してもらい、そして愛用してもらい、利益を長期視点で上げていくというモデルになるのです。

単品リピート通販は決して短期的に利益をあげる手法ではなく、数年をかけて徐々に安定した収益をあげていくためのモデルと考えておくとわかりやすいかもしれません。

広告費用

単品リピート通販事業の初期費用は、広告費が大きく関わってきますので、初期費用を抑えるとは、広告費を抑えるということになるのです。

たしかに広告費0円で顧客を獲得する方法がありますよね。

たとえばメディアに商品情報を流し、無料で広告を掲載してもらうプレスリリース、そしてアライアンス先と顧客リストを交換し合う、ジョイントベンチャーなどさまざまあります。

初期費用を抑えたいと思うのであれば、こういった手法に頼ることも良いでしょう。

ですが、単品リピート通販事業をビジネスとして売上をコントロールし、将来は年商数億円までも成長させたいと思うのであれば、広告費用は必須となります。

そして、初めに用意できる広告費用が多ければ多いほど、成長スピードが早いのですね、冒頭に最終ゴールが違えば、かかる費用が違うと書いたのはまさにこの成長スピードと最終ゴールを最初に定めることが必要です。

広告費以外の費用

単品リピート通販で一番費用のウェイトをしめるのは広告であることは間違いありませんが、それ以外にも商品原価や運送費や倉庫費用など、様々な費用がかかってきます、今回は出費として何があるのかも含めて少し解説を加えていきたいと思います。

基本的にかかるコストについては規模感によって全く異なってきますが、平均的なコストを知っておきましょう。

・商品原価(150万円~)

開発する商品を、どのくらいオリジナル性を出していくのか、成分にどれくらいこだわるのか商品パッケージはどのくらいにするのか、といったようにさまざま検討するところはあります。

化粧品やサプリメントの場合、経済効率が良い最少ロットは3000個前後です。

たとえば3000ロットでサプリメント製造した場合、大体1つあたりの単価を500円~800円程度になるので、予算のうちに収めると良いので、予算は150万~250万円と考えておきましょう

商品原価に加えて商品パッケージの化粧箱や同梱物などの費用もかかってきます、化粧箱が1つあたり50-100円なのでもしデザインにこだわりたいということであれば追加で15万ー20万円ほどかかってきます。

・ライディングページ製作費(30万円~)

ネット通販でもっとも重要となる、ライディングページを製作しなければなりません。

専門業者に委託するとして、スマートフォンとPCどちらにも対応するものを作成する場合、30万~150万ほど費用がかかります。

今は単品リピート通販を購入する顧客の80%以上はスマホからといわれる時代になっていますので、スマホ対応でないといけません、そう考えるとランディングページを作成する費用は最低でも50万円は考えていた方がいいと思います。

ランディングページはA/Bテストなどをやったりして修正を加えたりするために2パターンつくってもらったりすることを考えておくと100万円くらいの予算を組んでおくといいかもしれないですね。

・システム費(カート利用料)(~10万円)

定期購入の顧客をメインとして扱っているため、その顧客ごとのお届けサイクルや、次回出荷日の管理をしなければなりません。

単品リピート通販のカートは大手でいえばサブスクストアというシステムがおすすめです、毎月数万円の固定費用を払えば単品リピート通販管理カートを使う方がいいと思います。

一定の顧客数であれば自分で十分管理ができるのですが、顧客が多くなってくるのであれば、単品リピート通販に対応したASPカートを使用するようにしましょう。

・決済手数料(~10万円)

購入者の支払い方法に基づいて、その支払いの決済会社と契約しなければなりません。

決算金額に対して、3~5パーセントだと考えておくと良いでしょう。

クレジットカード払いやネットプロテクション後払いなどは基本料金がかからないで料率が高いプランと、毎月の固定費用がかかるけど、一件あたりの決済手数料が安いプランがあります。

・物流コスト(~10万円)

最近では小規模通販に対応した物流サービスが増えてきているので、できるだけ無料サービスや課金サービスの低い会社を選ぶようにしましょう。

単品リピート通販の配送を自動化したいのであれば、単品リピート通販カートと連動した物流会社を使うことをおすすめいたします、もし安くていい物流会社を探しているということであれば一声かけていただければ優秀な物流会社を紹介することができます。

・人件費

意外と忘れてしまいがちな人件費ですが、たとえば通販会社を立ち上げて、商品を販売するまでに半年かかってしまうと、その半年間は売り上げがないのに人件費を先行して支払わなければならないので、事業を立ち上げるスピードは早ければ早いほど良いのです。

そして通販を軌道にのせるには、コールセンターというものが必要になってきます、全て自社で電話をとることはスタートアップの時にはかなり厳しいと思います。

初期費用の安いコールセンターに電話を受けてもらう、ちなみに当社では月額費用が5万円くらいから単品リピート通販専用の電話を受けることが可能です。

もしコールセンターをお探しであればお気軽にご相談ください。

まとめ

以上、単品リピート通販事業を立ち上げるにはどのくらいの初期費用がかかるのか、お話させていただきました。

自分がどのくらいを理想とするのか、どのくらいこだわるのか、によって費用は変わってくるかと思いますが、基本的な平均額として把握しておきましょう。

単品リピート通販事業を立ち上げる際、さまざまな代理店や経営コンサルタントからアドバイスを受けることもあるかと思いますが、一度冷静になって考え自分で判断することがとても大切なのかもしれませんね。

ぜひこの記事を参考に、役立ててみて下さい。

冒頭でもリピート初期費用についてですが、広告費をいくらかけるのか、将来どれくらいの規模の月商を目指すのかで初期費用は大きく異なります。

当社の記事では、単品リピート通販に役立つ記事をたくさん書いています、別の記事もぜひ参考にしてもらえればとおもいます。

まずは気軽に問合せ