単品リピート通販

Instagram広告・Twitter広告・Facebook広告の違いとは

Instagram広告・Twitter広告・Facebook広告の違いとは

この記事では、日本人なら一度は聞いたことがある有名SNSの「Instagram・Twitter・Facebook」と言ったSNSで運用することが出来る広告の違いについてご紹介しています。

近年は、SNSが非常に発達してGoogleやYahoo!の検索サイトよりもSNSでリサーチをする人の方が多いとも言われています。

また、Twitterなどは拡散力も協力なので一度バズれば、一気に注目されたり炎上することもあり多大な影響力を与えるため、広告運用として利用している企業もたくさんあります。

そこで今回は、そんなSNSの広告の違いについて日本で主に利用されている「Instagram・Twitter・Facebook」の広告の違いをご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

3つのSNS広告の特徴の違い

まずは、「Instagram・Twitter・Facebook」の3つのSNS広告の特徴の違いについてご紹介したいと思います。

Twitter広告の特徴

Twitter広告の特徴は、特定のキーワードをツイートしたユーザーや、特定のユーザーをフォローしているユーザーのタイムラインに広告を自動的に表示します。

ですので、趣味や好み・特定のトレンドワードに合わせた広告出稿が適しているのが特徴です。

また、Twitterは拡散力があるので潜在的ニーズへのアプローチがしやすいというメリットもあります。

Facebook広告の特徴

Facebook広告の特徴は、閲覧してもらいたいターゲットを細かく設定することが可能となっています。

例えば、Facebookは実名登録制のSNSのため、ユーザーが登録したプロフィールに合わせて適した広告を意図的に表示させることが出来るのが特徴です。

ですので、より広告側が訴求したいユーザーへのアプローチを可能にしてくれています。

Instagram広告の特徴

Instagramは、そもそもFacebook傘下のSNSなのでFacebookと同じように、閲覧してもらいたいターゲットを細かく設定することが可能です。

しかし、Facebookと異なりInstagramは画像メインのSNSという特色があるため、画像や写真などの視覚的アプローチがしやすい「ディスプレイ広告」の方が訴求しやすいという特徴があります。

SNS広告運用で大切なこと

先の説明で、「Instagram・Twitter・Facebook」のSNS広告の特徴の違いについてご紹介してきましたが、同じSNS広告でも特徴が異なるということは、「使うSNSによって広告を変える必要がある」ということになります。

つまり、目的に合わせた広告運用を行わなければSNS広告の運用は上手くいかないということになります。

SNS広告運用で主に使用される広告の種類は「リスティング広告」や「ディスプレイ広告」が多いです。

しかし、先の部分でも触れていますが、例を挙げると視覚的要素の強いInstagramでリスティング広告を出稿するのは不適切であると言えます。

また、SNSは流行り廃りの入れ替わりが激しいため、よりリアルタイムで広告運用をしなければ効果を得ることは難しいです。

しかし、ある程度プラットフォームごとに異なる特徴やユーザーの傾向を分析し理解しておけば訴求しやすいターゲットというのは自ずと見えてきますので、要領さえ掴めれば慣れてくると思います。

といったような、訴求したいユーザーの分析やターゲット層の潜在的ニーズを知ることと、それぞれのSNSに適した広告の種類を組み合わせることによって初めてSNS広告の運用が可能になると言えます。

まとめ

今回は、Instagram・Twitter・Facebook広告の違いの他、SNS広告運用で大切なことをご紹介してきました。

今回の内容を簡単にまとめると、

 

  • 各SNSの特徴に合わせた広告の種類を選択する
  • 訴求したいユーザーの特徴や傾向などを分析する
  • 訴求したいユーザーの潜在的ニーズを分析する

と言った内容がどのSNS広告を運用する際にも大切になってきます。

ですので、「リスティング広告が適しているかディスプレイ広告が適しているか」と言った手法だけでは、SNS広告運用は上手くいかないと思っておいた方が良いと思います。

なぜ広告を出稿する必要があるのか・どのようなユーザーに訴求したいかと言った目的が把握出来なければせっかくの広告費用も水の泡になってしまいます。

貴重な広告費用を無駄にしないためにも、決して簡単ではありませんが「ユーザーの傾向や趣向の分析」・「ユーザーの潜在的ニーズ」は必ず理解しておきましょう。

SNS広告は、拡散力や話題性やブームなどを作るのに適しているため、上手く運用出来れば低コストで収益を挙げることも可能です。

傾向やニーズを分析したりするにはどうしても時間と手間が掛かってしまうため煩わしく思ってしまうかもしれませんが、分析やリサーチこそがSNS広告運用を成功させるカギでもあるので、疎かにせずに取り組むことをおすすめします。

まずは気軽に問合せ