単品リピート通販

Instagramを利用して単品リピート通販のサブスクリプションビジネスを成功させる方法

Instagramを利用してサブスクリプションビジネスを成功させる3つの方法

従来のビジネスと近年のビジネスを比較すると、ビジネスを進める方法や集客の仕方が大きく変わってきていることが分かります。

特に最近ではモノを持つことに価値を感じない消費者が多くなったことで「サブスクリプション」の需要が高まって来ているのです。

また、このようにビジネスが大きく変わると同時に、ビジネスに関する集客方法も今では「SNS」をメインに活用している企業が多くあることでしょう。

今の時代にビジネスには、SNSの活用が必須とも言われており、SNSの中でも特に「Instagram」は大きく売り上げに貢献するSNSツールだと考えられているでしょう。

Instagramは、1日のアクティブユーザー数は5億人以上、そして月間アクティブアカウント数は10億人以上だと発表されており、非常に多くのユーザーを抱えているのです。

Instagramは一般人であっても「インスタグラマー」という、フォロワー数が多く拡散力が強い人物が現れるようになってきて、ショッピング機能も備えられていますので、ビジネスに大いに活用できる集客ツールにもなっているのです。

そこで今回は、Instagramを利用してサブスクリプションビジネスを成功させる3つの方法をご紹介していきたいと思います。

SNSを活用してサブスクリプションビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:ターゲットを明確にする

まずひとつ目は、Instagramでアプローチをするターゲットを、確実に明確にすることでしょう。

ターゲットを明確にするには、ペルソナを作成することも重要です。

このペルソナを作成する際に注意すべきことは、Instagramでアプローチするターゲットを意識する、ということでしょう。

そもそもペルソナとは、企業が商品やサービスを提供する際にターゲットとなる典型的な顧客増のことであり、「仮想の顧客増」「理想の顧客増」のことを言います。

もちろんこれは想像で作ることも出来ますが、確実に成果に繋げようと思う場合には市場調査を行い裏付けが必要になるでしょう。

たとえば「スターバックス」のInstagramアカウントを見てみると、仕事の合間によく利用される40代男性が見ても面白いとは感じない「お洒落な投稿」が徹底されています。

これはInstagramの利用ユーザーとスターバックスの利用ユーザーの交わりを考慮し、に好まれるような投稿をしているからなのです。

つまり自社顧客や見込顧客に対し、Instagramを利用してアプローチしやすい人は誰なのか、どのハッシュタグがよく検索されているのか、ということを考える必要があるのです。

2:目標行動を設定する

ターゲット層が定まれば、そのターゲットとなるユーザーがどのような行動を起こしてほしいのか、ということを考えていきましょう。

ターゲットを獲得し、ショップサイトにアクセスしてほしいのか、ショップで商品やサービスを購入してほしいのか、口コミで広げて欲しいのか、という顧客行動を詳しく考えていきましょう。

ただ単にInstagramアカウントをフォローされたからと言っても、それがきっかけでショップサイトに訪れるとは限りません。

ユーザーはただ単におしゃれな写真を見たいだけなのかもしれませんので、フォローされるだけでは意味がない場合があるのです。

このように顧客行動を細かく設定していくことは、KPIの設定にも影響しますので、何を目標とするのかを明確にしていく必要があるでしょう。

Instagramを通じてショップサイトに訪れてもらいたい場合であれば、投稿よりも積極的にコメントやシェアを行い、画像とハッシュタグを合わせて、ユーザーに「行ってみたい」という気持ちにさせるような行動が必要でしょう。

このように目標行動を論理的に考え、設計することでその次のKPIやInstagramの運用方法を見つけやすくなるのです。

3:KPIを設定する

目標行動までが決まれば、それを具体化するためのKPIを設定していきます。

InstagramにおけるKPIは、たとえば「半年後に5,000フォロー獲得」という目標行動や、「平均投稿いいね数は100」、「ブランドハッシュタグ投稿1,000」というようなことも、KPIですね。

このように、KPIに求められることは「計測できる数値であること」「ビジネスへ貢献すること」です。

Instagramは「感性」が重視されるSNSでありますので、あまりKPIや目標を意識しすぎてしまっては上手くいかない場合もあるのですが、それらも十分に理解した上で柔軟に対応することが求められますし、特に企業にとっては明確なKPIと目標がある方がビジネスを進めやすいでしょう。

まとめ

以上、Instagramを利用してサブスクリプションビジネスを成功させる3つの方法をご紹介いたしました。

今多くの業種がサブスクリプションビジネスに参入しているからこそ、このようにInstagramを利用して自社の認知度を上げ、的確にアピールしていくことが求められます。

Instagramで得た成果をデータとして計測することは非常に難しいのですが、ぜひこれら3つの方法をもとに、Instagramをサブスクリプションビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ