単品リピート通販

単品リピート通販はネット通販会社でも失敗しにくい

単品リピート通販のクライアントの多い当社では、小規模でネットビジネスをスタートさせて現在では安定して収益をあげている企業様が多くおります。

ネットショップを開設しやすい時代になっていますが、小規模でスタートさせて、趣味レベルで終わってしまう人も非常に多いのが実状です。

小さなネット通販会社でも失敗しない3つの方法

最近ではネット通販が非常に普及しており、老若男女問わずさまざまな方がネット通販を利用していることから、多くの方がネット通販ビジネスに参入しようと考えることでしょう。

今では会社法の改正により、個人でも簡単に株式会社を設立することが可能になったので、大手企業だけでなく、個人の小さな会社がネット通販ビジネスを始めようと思われるかと思います。

ですが大手企業ではなく、個人の小規模の会社が通販ビジネスを行おうとなると、失敗してしまう可能性や、なかなか売り上げが思うように伸びず、経営に陰が見えてくる可能性もありますよね。

残念ながら、小さな会社ではネット通販ビジネスにおいて成功しにくいと可能性は高いのです。

ですが、そんな中でも、自社のネット通販会社を上手く軌道に乗せて、思うように売り上げを伸ばしていきたいと思いますよね。

そこで今回は、小さなネット通販会社でも失敗しない3つの方法をご紹介したいと思います。

今、個人でネット通販事業を行おうと思われている方、もしくは既にネット通販事業を行われている方は、ぜひこの方法を今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

レッド・オーシャン戦略を用いる

事業を行う上で、「ブルー・オーシャン」と「レッド・オーシャン」という言葉を耳にすることがあるかと思います。

ブルー・オーシャンとは、競争相手のいない未開拓の市場ということで、レッド・オーシャンとは競合する企業が林立して飽和状態にあり、激しい競争が行われている既存市場のことを言います。

一見、ブルー・オーシャン戦略を用いることが正しいと思いがちですが、そうではありません。

ネット通販ビジネスでは、ブルー・オーシャンの商品は成功しにくいと言えるでしょう。
レッド・オーシャン市場は、基本的には成熟して拡大しない市場であり、企業は生き残りをかけて、限られた市場のシェアを獲得しようとします。

一定規模の確実な需要があるので、多くの企業が参入するかあこそ、競争率の高い市場になります。

そうなると、「競合が多くあるレッド・オーシャンの中では、資本もない小さな会社が勝てるわけがない」と思いますが、ネット通販ビジネスの場合、あえて競合が多いレッド・オーシャン市場を選ぶことで、効率よく売り上げを伸ばすことができますし、コストパフォーマンスもはるかに高いのです。

独自性が高すぎる商品は避ける

小さな会社がネット通販事業を行う際は、取扱い商品には注意が必要です。

商材選択をする際に、独自性が高すぎるものは避けましょう。

独自性が高すぎるものを商材として扱う場合、まずは市場そのものを作り上げなければなりませんし、作り上げたとしても、顧客はその商品の存在も知ることはありませんし、使い方も知らず、その商品からどんなメリットを得られるかも理解していません。

そういった商材を扱うには、莫大な広告位を費やせたり、資本が十分にある大企業のほうが、あきらかに有利になってしまうのです。

ですので、小さな通販会社でも勝ち目のあるレッド・オーシャン戦略を考え、商材選択を行いましょう。

たとえば、取り扱う商材が「健康目的のサプリメント」とします。

サプリメント市場は、一年で1兆5000億円もの規模があると言われていますので、すでにお大手通販会社がコストをかけて市場を育ててきたと言えます。

ですので、サプリメントを取り扱い、一定のシェアを考えてみるだけでも、年商1億~10億円を達成することも夢ではありません。

小さなネット通販会社が、安定して売り上げを伸ばし続けるには、こういった「スキマ」を見つけることが、なによりも重要なのです。

単品リピート通販を用いる

単品リピート通販とは、今新たな販売手法として注目を集めているものです。

顧客に自社商品を理解してもらうため、まずはお試し商品や無料商品を用意し、そこから定期購入へと引き上げていくビジネスモデルのことです。

総合通販ではなく、1つの商品だけを定期的に購入してもらうことで、利益を積み重ねていくことができるので、小さな会社だからこそ、勝ち目のある手法なのです。

取扱う商品は、「何度も購入が可能なもの」「何度も購入する必要があるもの」である必要があり、食品や日用品、化粧品、健康食品、雑貨などの消耗品が望ましいでしょう。

自社オリジナル商品を開発し、顧客に対して「自社独自の価値」を提案し続けることこそ、小さい会社がネット通販で失敗しないための戦術と言えるでしょう。

その会社ならではの、唯一無二である独自性として、強い印象を与えることが重要です。

まとめ

以上、小さなネット通販会社でも失敗しない3つの方法をご紹介させていただきました。

このように、小さなネット通販会社を失敗させないようにするには、上手く上昇市場の中へ飛び込むことが何よりも重要であり、大手企業が作り上げた市場を上手く取り入れることが大切なのです。

また、レッド・オーシャン市場を逆手に取ることで、単品リピート通販事業で適切な商材選択を行うと、通販ビジネスを軌道に乗せることも可能なのです。

より有効的に考え、小さな通販会社でも十分に勝ち目のある戦略を練ってくださいね。

まずは気軽に問合せ