単品リピート通販

単品リピート通販には欠かせないショッピングカートの選び方とは?

スーパーなどで買い物をする際にはショッピングカートを利用しますが、ネットショップにおいても、ショッピングカートは欠かせないものです。

そして、このネットショップのショッピングカートは、実店舗のショッピングカートとは異なり、注文処理や支払処理なども自動で行ってくれます。

さらに近年では、マーケティングや運用に役立つ顧客分析などの機能を備えた高性能なショッピングカートも登場しています。

しかし性能が良いものが、自社のサイトに最適とは限りませんので、ショッピングカートを選ぶ際には、その機能を確認し最適なものを選ぶことが重要となります。

そこで今回の記事では、ショッピングカートの選び方について説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ショッピングカートの仕組みとは? 

ネットショップにおけるショッピングカートとは、ユーザーが商品を購入した際に、決済などの購入に関する手続きを一括で自動的に行うシステムのことを指します。

ショッピングカートでの購入手続きはどのように行われるかと言うと、まず合計金額の計算、ポイントの付与、割引クーポンの適用、送料の計算が自動で行われ、ユーザーに提示されます。ユーザーが問題ないと判断し購入が確定すると、ユーザーが選択した支払方法にて決済手続きが行われます。

この支払方法は、その店舗によって対応している方法が異なりますが、クレジットカード、代金引換、銀行振込、後払い、電子マネーなど多様な支払方法に対応しているところが多いです。

また、ショッピングカートは商品を入れただけで購入を確約するものではありません。実店舗と同じように購入したいものをカートに入れ、後から必要がないと判断した場合にはカートから削除することも可能です。

さらに、ショッピングカートには購入手続きが完了した後に、自動でユーザーに注文確認メールを送信し、購入したユーザーの情報を保存、管理する機能も備わっています。

以上がショッピングカートの基本的な仕組みとなりますが、近年では、さらに精度の高いマーケティング機能を備えたショッピングカートに進化しています。

この新しいショッピングカートは、ユーザーの情報を管理するだけでなく、その情報をもとにユーザーの関心が高いと予想される商品を表示するレコメンド機能、購入時に会員限定でクーポンを付与する機能、カートに商品を入れたまま離脱したユーザーに対し、カゴに商品が残っていることをメール送信するカゴ落ちリカバリー機能、AmazonやLINEなど外部のアカウントと提携し、面倒な会員情報登録を省くソーシャルログイン機能など、色々な便利な機能を備えマーケティングを容易にしてくれます。

ただし、これらの最新の機能を備えたショッピングカートは、機能が充実している分運用コストがかかりますので、自社に必要な機能を見極めることが大切です。 

ショッピングカートの選び方は? 

ショッピングカートは、サイトの構築方法と同様にパッケージ型、オープンソース型、ASP型など様々な種類があります。

それぞれの特徴を理解し、自社サイトの特性に合ったものを選択することが大切です。 

パッケージ型、オープンソース型は必要な機能をカスタマイズしながら自身で構築していくタイプです。

自由に思い通りのショッピングカートを構築することができますが、その後のメンテナンスやセキュリティ対策も自身で行う必要がありますので、プログラミングの知識や高度な技術を必要とします。

また、構築には時間がかかりますし、多額の開発コストもかかりますので、大規模なECサイトでないと導入は難しいでしょう。 

個人や小規模なサイトに導入する場合は、ASP型がおすすめです。このASP型は、あらかじめ用意された機能を利用するため、特別な開発などが必要なく、コストも抑えることが可能です。

ただし、自由に構築することはできませんし、利用できる機能が限られてしまうというデメリットもあります。

また、開発コストは抑えることができますが、月額の使用料などランニングコストがかかり、さらに機能を追加した際などには別にコストが発生しますので、事前にかかる費用を確認しておく必要があります。

さらにASP型を導入する場合には、サポート体制が充実しているか確認することも大切です。

運用していくには、様々な疑問点やトラブルが発生することが多いですので、導入前にどのようなサポートが受けられるのかを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

ショッピングカートは日々進化しており、マーケティングや運用に役立つ充実した機能を備える高性能なショッピングカートも登場しています。

しかし、いくら高性能であっても自社サイトに必要のない機能もありますので、取り扱う商品やサイトの特性にあわせて必要な機能を備えたショッピングカートを選択することが大切です。

また、ショッピングカートは、商品を購入してくれるお客様が操作するものですので、お客様が使いやすいか、不便な点はないかと言うことを確認することも必要です。

まずは気軽に問合せ