単品リピート通販

単品リピート通販の商材選びの3つのポイントについて

失敗しない、ネット通販の商材選びの3つのポイント

今はインターネットが普及しており、誰でも簡単に、そして気軽に商品の販売を行うことができるようになりました。

新たな販売手法として実店舗ではなく、インターネット上でネット通販ショップを立ち上げ、商品の販売を行うことが主流になってきましたね。

ネット通販を運営する方は、商品販売後の大きな利益を期待していることでしょう。

ですが、ネット通販は誰でも簡単に始めることができるからこそ、失敗してしまうことが多いのです。

そしてその失敗してしまう要因の中に、「商材選び」が含まれます。

ネット通販サイトでの利益を大きく左右するのは、「商材」がカギを握っていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、失敗しないネット通販の商材選びの3つのポイントをお教えしたいと思います。

期待を抱き開設したネット通販ショップだからこそ、失敗しないためにぜひこのポイントを知っておいてください。

これからネットショップを開設しようと思っている方はもちろん、うまく運営させていきたいと思われている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

ポイント1:単品商品、複数商品の決定

まず商材選びを始めることに当たって、単品商品を販売するのか、もしくは複数の商品を販売するのかを決めていきましょう。

この時点でどちらかをはっきり定めておくことで、今後の販売方針が確率してきます。

単品通販であれば「単品リピート通販販売手法」が用いられますので、消耗品がふさわしいといえるでしょう。

たとえば健康食品や美容のためのサプリメント、日常生活用品などであれば良いですね。

その商品の根強いファンを多く作ることで、平均的な利益を見込むことができるでしょう。

顧客個人にあわせたステップメールの配信を送り、アフターフォローとしてはその商品を利用することのメリットなどを配信していきましょう。

複数商品を販売する場合には、もし取り扱う一つの商品が好まれなくても他の商品を購入してもらえる可能性がありますので、多くのアプローチ方法が有効的になります。

ですが、多くの商品を取り扱うことは、必然的にコストが増してくるので、コストに余裕があり販売規模を拡大させたいと思う場合には非常に効果があるでしょう。

ですので、まずはどのような商品形態を販売をしたいのかということを考えていきましょう。

 

ポイント2:利益率の高い商品を選ぶ

ネットショップを運営していくと、商品の値段設定の際に価格競争に巻き込まれやすくなります。

ですので、いかに安く販売するのかということを重点的に考えるかと思いますが、安く販売し薄利多売することができるのは、大手のネット通販サイトだけだと思っておいてください。

大きな企業であれば、多くの物量とマンパワーに優れていますが、個人経営や小規模企業であれば、同じ土俵に立ってしまっては敗戦することがほとんどなのです。

そして利益率が低ければ、コストに余裕が無くなってしまうので、すぐに手一杯になってしまうケースがほとんどなのです。

ですので、利益率の高い商品を選ぶことがポイントです。

利益率が高い商品を選ぶことで、余ったコストを広告費に回すことができたり、セール企画を開催することができるので、販売方法が増えてくるのです。

利益率は少なくとも利益率は50%のものを扱い、60~70%であれば良いでしょう。

 

ポイント3:在庫商品の大きさや特徴

在庫となる商品の特徴も、選ぶ際には注意したいポイントです。

もちろん、完全受注性にして、在庫を持たない商材にすることがベストなのですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

ですのでたとえば、小さいものを売るのか、それとも大きいものを売るのかによって、在庫管理方法や配送料がかわってきます。

一つ一つの商品が大きいものや重いものであれば、在庫を管理するスペースが必要になってきますし、そのスペースを借りるとなると、固定費も必要になってきますし、移送コストも必要になります。。

ですが、お客様からすると大きい物だからこそ通販を利用して購入し、配達してもらおうとしますよね。

小さいものを販売するとなると、在庫管理が楽になりますし、移送コストや発送コストも安く済ませることができます。

ですが、その点は他社も考えることが同じなので、必然的に競合他社も多いことでしょう。

また、日持ちしない商品を扱うことも、注意が必要です。

温度管理が必要なものや、売れ残った際には処分しなければならないものは、流行シーズンにも関わってくるので、取扱いが難しい場合があるでしょう。

理想的な商材は、季節やシーズンに左右されず、売れ残りを気にせずに済む商材で、在庫スペースが必要のない小さなものと考えましょう。

 

まとめ

以上、失敗しないネット通販の商材選びの3つのポイントについてお話させていただきました。

「商材選び」というものは商品販売を始める上で、非常に悩むことではありますが、「何」を「どのように」売るのか、ということをきちんと定めで商材選びをすることは、そのまま売り上げに繋がることなのです。

商材選びをするときはぜひこの3つのポイントをしっかり意識して、自社の販売方針にふさわしい商材を見つけてくださいね。

まずは気軽に問合せ