サブスクリプション

日本のサブスクリプションビジネスの将来性は?

今の日本のサービス販売提供ビジネスにおいて、非常に注目を集めているのが「サブスクリプションビジネス」です。

サブスクリプションとは、継続課金型ビジネスモデルであり、今の日本の時代背景における、ユーザーが「モノを所有する」よりも「モノを利用する」ことに価値を見出していることからシェアが広がってきているモデルです。

従来から存在する、大量生産型モデルからサブスクリプションへと移り変わっており、さまざまな企業がサブスクリプションを導入しているのです。

もちろん、海外でもその規模はどんどん大きくなっています。

日本でのサブスクリプションサービスと言えば、初めは音楽配信サービスの提供が注目を集めましたね。

ソフトウェアや音楽、動画といったデジタルサービスではもう既に当たり前ともなっていますし、サブスクリプションの購買行動の変化から自動車やコスメ、洋服といった非デジタルの商品でもサブスクリプションが取り入れられるようになってきました。

このように、今の日本のビジネスの中で非常に注目を集めている「サブスクリプションビジネス」ですが、今後日本にどのような影響をもたらすのでしょうか。

そこで今回は、日本のサブスクリプションビジネスの将来性についてお話ししていきたいと思います。

これから自社企業の商品やサービス販売のために、サブスクリプションを導入しようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

日本で拡大するとの予想は?

日本でのサブスクリプションビジネスは、これからどんどん拡大していくと考えてよいでしょう。

経済産業省が発表したデータによると、今の日本では、BtoCやECの市場規模が年々成長しています。

個人での消費が減少していく一方で、BtoCやEC市場規模が拡大しているということは、ECを利用した商品やサービスの買い物がどんどん増えているということなのです。

なぜこのようなデータが現れるのでしょうか。

その答えには、「スマートフォンなどのモバイル端末の普及」が挙げられるでしょう。

今では、一定年齢に達する個人に一台のモバイル端末は、もはや当然のことです。

たとえば、「スマートフォン」を例に挙げてみましょう。

スマートフォンは老若男女問わず、最も所有が多いもので、「いつでも」「どこでも」「気軽に」買い物をすることができるアイテムです。

アプリケーションを利用しての買い物方法は、スマートフォンならではの買い物方法であり、このスマートフォンの所有台数とEC購入率は連動していると考えられているのです。

音楽配信サービスや、動画配信サービスのサブスクリプションが成功している理由にも、通勤時間や休憩時間、外出先でもモバイル端末を用いて音楽や動画を楽しむことができるということにあります。

ですので、日本でのサブスクリプションは、この連動が続く限り更なる拡大をすることが予想されるでしょう。

「ミレニア世代」の需要

世界的に考えても、今の若い世代、「ミレニア世代」と呼ばれる人々は、新しい価値観を主張していると言われています。

「コストパフォーマンス」が良く「スマート」に利用できるということに重要視しており、そのような使用方法が叶えられるものの需要が高まって来ているのです。

日本のミレニア世代でも同様のことが言えるでしょう。

10代20代の若い世代は「サブスクリプション」という言葉を耳にしたことがなくても、気付けばサブスクリプションを利用していた、という方が非常に多く、特に動画や音楽サービスの利用が多いようです。

このように利用したサービスを利用したいときにスマートで利用できること、かつコストパフォーマンスが良いことが、若年層を含めたミレニア世代の需要が高まってきているので、サブスクリプションビジネスはどんどん規模を拡大していくでしょう。

レンタルサービスとの明確な差別化

サブスクリプションビジネスの拡大には、類似する「レンタルサービス」との差別化が明確にされていることも、その理由のひとつです。

レンタルサービスというと、利用したいときに「借りて使用する」ということですよね。

必要な期間のみを選んで、そしてその期間を利用すれば返却する、という考えがあります。

その期間以外は必要ないということですので、レンタルサービスを利用する価値は、「購入しなくても良い」というところにあります。

これはサブスクリプションビジネスとの大きな違いです。

サブスクリプションビジネスが拡大するには、類似するサービスを取り扱うレンタルサービスよりもより良い付加価値を付けて提供しなければなりません。

新しいコンテンツを追加しながら、「使う」以外の価値を提供しているので、レンタルサービスとの明確な差別化を図っているからこそ、今後より良い新たな付加価値に期待され、規模が拡大しているのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスの将来性についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスは、定期的な利益を安定して獲得することができますし、ユーザーはサービスやモノを便利かつお得に利用することができるという、双方に十分なメリットがあるビジネスモデルです。

今後の日本でのサブスクリプションビジネスの拡大に期待して、ぜひサブスクリプションビジネスを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ