D2C

日本企業がD2Cビジネスに成功するためのポイント

日本企業がD2Cビジネスに成功するための3つのポイント

今、ECサイトが躍進している中、特に注目を集めているビジネスモデルが、「D2C」でしょう。

日本ではここ数年でD2Cという言葉が徐々に浸透してきているのですが、ビジネスの最先端アメリカではD2Cはもはや主流のビジネスモデルであり、あらゆるブランドの成功事例がかなり多くなってきているのです。

D2Cは、メーカーやブランドが仲介業者を介すことなく、企業内で商品開発から製造を行い、最終的に自社のECサイトから直接顧客に商品を販売するという仕組みのビジネスモデルです。

D2Cでは中間マージンや手数料などの諸経費を削減でき、自由にWebマーケティングを行うことができるという点がかなり大きなメリットでしょう。

また、自社ECサイトで商品販売を行いますので、大手ECショッピングモールでよく見られる価格競争に巻き込まれることもありませんので、今多くの日本企業から注目されているのです。

SNSが世界的に普及している今、広告を用いなくともSNS上で消費者と直接コミュニケーションを取ることができる時代でありますので、D2Cビジネスにとってはかなり追い風になっていることでしょう。

そこで今回は、日本企業がD2Cビジネスに成功するための3つのポイントについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:自社商品の商品力

D2Cの導入を検討する前に、自社商品を客観的に見てみましょう。

D2Cは、企業が消費者に直接商品を販売するビジネスモデルでありますので、販売店のリコメンドやセールストークを行うことができません。

たとえばアメリカのD2Cブランドの成功した事例として「Glossier」を見てみましょう。

顧客からのフィードバックを受け、その意見を改善策に当て、顧客ニーズに沿った商品開発をおこなったからこそ、顧客に支持される商品になったのです。

逆説的に考えてみると、SNSが普及している今の時代、圧倒的に商品力のある商品や、他にはないユニークな商品であれば、自社が何もせずとも顧客が勝手にSNS上でリコメンドしてくれるのです。

商品力のある商品は、それだけでマーケティングになり、プロモーションが必要ない場合が多いので、企業のマーケティングとしては、商品開発段階から顧客視点からみて商品企画を練りこんでいきましょう。

ポイント2:自社ブランド力

D2Cビジネスにかなり重要となるものが、自社のブランド力です。

ある程度知名度の高いブランドであれば、顧客は直接検索し、その商品にたどり着くことができるのですが、ブランド力がない企業の場合はそもそも検索されることもありませんよね。

数千万円費やし、スタイリッシュでおしゃれなECサイトを作成したとしても知名度がなければそれが見られることはありませんので、意味がないのです。

そうなるとどうしてもかなりの費用をかけて広告を出稿しなければなりませんよね。

高額な広告費用を費やしても、継続してファンを囲い込むにはそのための施策が必要になります。

だからこそ、ブランド力のない企業がD2Cビジネスを成功させるためには、SNSやブログを駆使してWebマーケティングを行い、熱狂的なファンを作る仕組みが必要なのでしょう。

ポイント3:自社Webマーケティングノウハウ

大企業であれば、予算も人員も十分に確保することができる場合が多いのですが、中小企業の場合、予算が限られていることが多いですよね。

中小企業がD2Cビジネスを成功させるためには、ブログやSNSを駆使し、Webマーケティングで集客をしていかなければなりません。

現状、企業ではWebマーケティングの知識が十分にある担当者が不足しているといわれており、もちろんWebマーケティング担当者は存在するのですが、その多くは社内で経験を積んだ者であり、Webマーケティングスキルを持った者は大手企業を目指したり、独立・企業をする方が多いので、その方を採用することは困難でしょう。

だからこそ、自社に合った適切なWebマーケティングノウハウを少しずつ蓄積していく必要があるのです。

まとめ

以上、日本企業がD2Cビジネスに成功するための3つのポイントについてお話させていただきました。

アメリカにてD2Cビジネスに成功している多くの企業はビジネスを開始してから日が浅いスタートアップが多く、だからこそSNSやブログなどでユーザー体験を提供しやすく、Webマーケティングも行いやすいのです。

ある程度ビジネスの歴史がある日本企業ではD2Cを成功させることは簡単ではありませんが、EC担当者の本気度こそD2Cビジネスが成功する鍵となりますので、まずは担当者自身が商品をしっかり熟知し、顧客からのフィードバックを受け取り、商品の改善開発を自らリードしていきましょう。

まずは気軽に問合せ