サブスクリプション

「使い続けたい」と思われるサブスクリプションマーケティング

今、非常に注目を集めているビジネスモデルと言えば「サブスクリプションビジネス」が思い浮かぶ事でしょう。

動画配信サービスや音楽配信サービス、雑誌や小説の読み放題サービスも人気を集めていますよね。

このようなデジタル系サブスクリプションこそ、サブスクリプションビジネスにおいて筆頭し成功を納めてきましたが、その余波から今ではファッションやカバン、時計などもサブスクリプションサービスを開始し、好みに応じて好きな時に好きなものを利用することができるサブスクリプションサービスも主流になってきました。

これら以外にも、飲食業界や車業界においてもサブスクリプションビジネスが広まって来ていますので、ビジネスを行う人にとっては注目すべきビジネスモデルであると言えますよね。

このように注目を集めているからこそ、今さまざまな企業がサブスクリプションの導入を検討していますが、成功する企業もあればもちろん、失敗してしまう企業もあるのです。

成功するサブスクリプションビジネスを行うには、「使い続けたい」と思われるサービスを提供することが大切なのです。

そこで今回は、「使い続けたい」と思われるサブスクリプションマーケティングについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさって下さいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

LTV(顧客生涯価値)に置き換える

従来のビジネスモデルであれば、顧客はその企業の商品を一度購入すればその関係は終わってしまいましたので、その一度の購入までの顧客獲得単価が重要視されてきました。

ですが、サブスクリプションビジネスでは顧客に「この商品、このサービスをもっと使い続けたい」という気持ちにさせなくては、収益を伸ばすことはできません。

では企業視点から考え、顧客にそのような気持ちになってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

それには「LTV(顧客生涯価値)」に置き換えて考えてみると良いでしょう。

LTVとは、顧客が生涯を通してその企業にもたらす利益のことを言い、顧客と企業の関係が深く強まれば強まるほど、このLTVは伸びていきますので、安定した収益に繋がるのです。

従来のビジネスモデルとはまったく異なるからこそ、企業にとってはこのLTVを重視したマーケティングが最重要になってきているのです。

つまりサブスクリプションとは、顧客と継続的な深いつながりを持ち、LTVを向上させて成長させるというビジネスなのです。

「顧客を知る」マーケティング

従来のビジネスモデルであっても、もちろんマーケティングが行われてきましたし、そのデータをもとにビジネス改善を行ってきた音でしょう。

ですが、サブスクリプションビジネスでは、より深く「顧客を知る」マーケティングを行うことができることが、非常に大きなメリットです。

「一日、一週間、一ヶ月のうちにどれくらい使用しているのか」
「一日のどのタイミングで使用しているのか」
「一回当たりどのような量を使用しているのか」
「使用している時はどのような気持ちなのか」
「なぜサービスを利用し続けているのか」
「なぜサービスを解約するのか」

ここまでを知るマーケティングを行ってこそ、サブスクリプションビジネスなのです。

もちろん利用者全員にこのような質問をすることは難しいのですが、「デジタルマーケティング」であれば、これらを叶えることができるでしょう。

デジタルマーケティングとは、ウェブサイトを中心としたマーケティングで、代表的な手法としては、バナー広告やSEO対策、SEM、メールマガジン、アフィリエイト、アクセス解析などが挙げられます。

従来であれば、ウェブマーケティングを活用している企業が多くありましたが、デジタルマーケティングとの大きな違いは、データ活用の幅なのです。

さらに今、クラウド上でもSaaSなどの新しいテクノロジーもどんどん出現していますので、最新のサブスクリプションビジネスだからこそ、このような新しいテクノロジーを導入し、スマートフォンで顧客データを取得したり、AI分析を行いパーソナライズに繋げたり、SaaSを通してサービスを提供することが求められているのです。

インターネットが普及している今だからこそ、顧客とはオンライン上で積極的に接点を持たなければなりませんし、接点を持ち、より顧客の気持ちに寄り添い、需要に応えたサービスを提供することこそ、サービス利用の継続に繋がりますし、顧客との関係を構築するには、このような新しいテクノロジーを組み合わせたマーケティングを行わなければ成り立たないのです。

まとめ

以上、「使い続けたい」と思われるサブスクリプションマーケティングについてお話しさせていただきました。

「使い続けたい」気持ちこそ、サブスクリプションビジネスの根本的な定義ですので、この気持ちを優先的に考慮したマーケティングが、今まさに必要となってくるでしょう。

サブスクリプションビジネスを行うのであれば、ぜひこのようなマーケティングをしっかり理解して、顧客の需要をしっかり捉え、企業と顧客が良い関係を保つことができるよう努力してくださいね。

まずは気軽に問合せ