単品リピート通販

単品リピート通販のランディングページの効果を上げる改善方法!

ランディングページを運用しているからと言って、必ずしも成果に繋がるわけではなく、全く効果が見られないというケースもあります。

そういった場合に重要となるのが、ランディングページ最適化、いわゆるランディングページの改善です。

そこで今回の記事では、ランディングページの効果的な改善方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ランディングページとは?

ランディングページ(Landingpage・LP)とは、ユーザーが検索エンジンやリスティングなどの広告を経由し、最初にアクセスするWEBサイトのページのことを指します。

このランディングには、land・着地するという意味があり、ユーザーがページに着地するようなイメージからこの名がつけられました。

ただし、これは広義にとらえた場合であり、マーケティングにおける一般的なLPとは意味合いが異なります。

マーケティングにおいて使用されるLPとは、リスティングなどの広告にリンク元を設定し、そのページのみで購入、問い合わせ、資料請求などを完了する独立したページのことを指します。

マーケティングにおいては、一般的にLPと言えばこちらことを指し、前述の広義のLPに対し、狭義にとらえた場合のLPとなります。

LPは、通常のWEBサイトのページとは大きく異なる特徴を持っています。

多くのLPはいわゆるチラシのような見た目であり、縦長のページのため縦スクロールが必須である、リンクがない、画像が多用されている、色合いやデザインが派手である、購入ボタンなどが大きいと言った特徴があります。

LPがこのような特徴を持つのには大きな理由があります。

その理由とは、LPにはコンバージョンを得るという非常に重要な役割があるということです。

この役割を果たすために、通常のページとは異なる特異性が必要となるのです。

この場合のコンバージョンとは、注文、問い合わせ、資料請求と言った成果のことを表しており、この成果とはすなわち、不特定多数のユーザーの個人情報を入手し、ユーザーを特定できる状態にするということになります。

ランディングページ最適化とは?

上記のように、LPとは、つまりはコンバージョンを得るために設けられるページと言うことになるわけですから、通常のページよりもコンバージョンを得られるように作成することが重要となります。

また、すでに作られ運用されているページであっても、効果が上がらない場合には、その原因を分析し、改善する必要があります。

このLPの効果を上げるために、ページの修正、改善を行うことは、LPOと呼ばれています。

これは、Landing page optimization・ランディングページ最適化の略称であり、LPのデザインやレイアウト、テキストなどを調整しながら成果を上げるために最適な状態を目指す作業のことを示しています。

ランディングページの具体的な改善方法

実際に、LPを効果が上がるように改善するには、まず、そのLPの目的を明確にすることが必要です。

この場合の目的とは、ただ単にコンバージョンを得たいと言うのではなく、女性ユーザーを獲得したい、コンバージョンを問い合わせから注文に変更したい、SEO対策をしたいというような詳細な目的です。

この目的を明確にすることで、LP改善の方向性を決定することができるのです。

LP改善の方向性が決定したら、具体的な改善方法を決定していきます。

例えば、前述の女性ユーザーを獲得するという目的の場合であれば、ページの色合いやフォントなどを女性向けのデザインに変更する、女性の画像を使用すると言った施策を行い、また、注力するコンバージョンを注文に変更したいのであれば、購入ボタンをさらに強調する、申込フォームを分かりやすくすると言った施策を行います。

このように、目的を明確にすることで、具体的な方向性が定まり、より精度の高い改善施策を行うことが可能となるのです。

また、このような改善施策を行うには、タイミングを見極めることも重要です。

LPの改善を行う場合、改善前と改善後ではどのような変化があったのかを確認する必要があり、短期間に何度も改善を行ったりしてしまうと、どこに問題があったのかが分からなくなってしまいます。

そのため、改善後は必ず一定の検証期間を設け、数値の変化を見定めていく必要があるのです。

この検証期間は、流入数などによって最適な期間が異なりますが、数週間から1か月程度は見ておく必要があります。

上記のように、効果の出ていないLPの改善は必要なことではありますが、一度に大きく改善してしまうと、これまで獲得していたユーザーが離れてしまうというリスクがあります。

そのため、少しずつ小さい改善を繰り返していくと言うのがリスクも少なく最善の改善方法と言えます。

ただし、この小さな改善にも、大きな改善程のインパクトがない、検証に時間がかかるといったデメリットがあることを留意しておくことが必要です。

まとめ

LPは、ただ単に運用していけばよいというものではなく、その効果を分析、検証しながら、改善を行っていくことが必要なのです。

そして、LPの現状やその目的によって適した改善策は異なりますので、現状をしっかりと分析したうえで、その目的に応じて最適な改善を行っていくことが重要となります。

まずは気軽に問合せ