単品リピート通販

単品リピート通販で成功するネットショップのランディングページの秘密は「型」にある

今ネットショップビジネスが非常に大きな注目を集めており、ネットショップを開業する方が非常に多くなってきています。

大企業が既存事業にプラスしてネットショップを開業する場合には、そのための十分なコストとスタッフを確保することができますが、個人事業や中小企業であればそれが難しい場合があるでしょう。

ネットショップを開業される方はきっと誰しもが成功するネットショップ、そして人気のネットショップを作りたいと考えるかと思いますが、そのためにはさまざまな施策が必要になるでしょう。

ネットショップで収益を上げていくためには、多くの重要なポイントがありますが、中でも「ランディングページ」がネットショップビジネスを好調にするためのものになることをご存知でしょうか。

そこで今回は、成功するネットショップのランディングページの秘密である「型」についてお話ししていきたいと思います。

ネットショップの売り上げを上げたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

成功するネットショップの原則的な流れ

ネットショップでは、成功するネットショップを構築させるためには「顧客の悩みや問題の把握」→「解決策の提示」→「商品紹介」という流れが原則的な流れとなっています。

この流れをベースとして考え、「いかに自社商品の価値を顧客に伝えきることができるか」ということを考えながら、ネットショップサイトを構成させていかなければなりません。

ランディングページの「型」

成功するネットショップにするために、「この構成が理想」であるための「型」が存在しますので、ランディングページを作る際にはまずこの「型」を覚えていきましょう。

まずはネットショップサイトのトップページです。

トップページはネットショップに訪れたお客様全員が必ず一番最初に見る場所であり、ネットショップ自体の印象が決まりますので、最も注力すべきです。

トップページを上から順に「ロゴ」「電話番号」「キャッチコピー」「ターゲット層を表す画像」「証拠(権威付け)」「ターゲット層の悩み」「ターゲット層の悩みに対する提案(商品説明)」「利用者の声」「実施の流れ(期間・手順)」「アクション導線」「FAQ」「フォーム」を当てはめ、「あなたの悩みを解決するための商品」であることをアピールしていきます。

ターゲット層の悩みを解決する方法は「商品購入」ですので、キャッチコピーと商品名、そして限定性を持たせ、商品の注文フォームボタンを設置するような構成していきましょう。

顧客が商品を購入したいと思ったときに、アクション導線が近くになければ、顧客を逃してしまう可能性がありますので、その瞬間を逃さないことが重要なポイントです。

成功するネットショップでは、顧客が商品に興味を持つことが素即されるタイミングに2~3個のアクション導線が埋め込まれています。

利用者の声に関しても、根拠のある提示を行うために、利用者の承諾を得て実写真や名前、年齢、居住地、手書きのアンケートなどの掲載を行うと非常に効果的です。

また一番重要な注文フォームに関しては、顧客が記入しやすく、そして顧客の作業量をできるだけ少なくし、ユーザビリティを心がけた注文フォームを作り込みましょう。

もちろん、工夫すべきポイントは多くあるのですが、このようなネットショップを作り込むことで、大まかに成功するネットショップサイトを設計することができます。

「型」にストーリーを盛り込む

成功するネットショップサイトを設計した後は、その「型」に自身のストーリーを盛り込むことが重要です。

自身のストーリーとは、「会社のビジョン」「商品開発のストーリーが」良いでしょう。

自分がどのような気持ちと想いを込めてこの商品を販売しているのか、ということを顧客に伝えることが大切です。

特に小規模ネットショップである場合、商品だけのビジネスでは、必ずしも商品が売れるとは限りませんし、社会的信用もありません。

ですので、人の想いにフォーカスしたネットショップサイトを作ることで、社会的信用を補うことができ、顧客の心に訴えかけることができるのです。

まとめ

以上、成功するネットショップのランディングページの秘密である「型」についてお話しさせていただきました。

ネットショップビジネスの成功の秘訣は、ネットショップビジネスの知識をつけること、そして今回ご紹介した「型」に当てはめて構成させること、さらにそれにストーリーを盛り込むことにあります。

ネットショップ構成を外注することも、運営者の負担を軽減させるための一つの方法ではありますが、すべてを完全に任せるよりも自身で工夫しながら作成すると、より理想的で良いネットショップが出来上がります。

これからネットショップの開業を検討されている方、そしてネットショップの売り上げに伸び悩んでいる方は、ぜひこれらのことを意識して、設計してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ