サブスクリプション

サブスクリプションビジネスには「LINE@」と「店舗アプリ」どちらのほうが集客に効果的なのか

近年、着実にサービスの数を増やしているのがサブスクリプションサービスですよね。

サブスクリプションの代表的なサービスで言えばAmazon PrimeやApple Musicなどがあり、顧客が企業に対し一定額の料金を支払うことで、一定期間サービスを受けとることができるビジネスモデルのことを言います。

サブスクリプションビジネスを展開することで、企業は比較的容易に新規顧客獲得を行うことができますし、ビジネスの導入を行いやすいでしょう。

また継続的で安定的な収入を得ることができますので、今多くの企業が続々と導入を始めているのです。

今では飲食店や美容室でもサブスクリプションビジネスの展開が広がっており、オンライン上だけでなく実店舗でもサブスクリプションサービスを提供することが始まっています。

サブスクリプションビジネスを開始すると、どうしても日々の集客に頭を悩ませてしまいますよね。

今の世の中にはさまざまな集客ツールがあるからこそ、実際どの集客ツールが自社に合っているのか分からない、次から次へと新しい集客ツールが表れてすべてを理解することが大変という場合もあるでしょう。

数ある集客ツールの中でも最近よく耳にするツールと言えば、「LINE」「店舗アプリ」ですよね。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスには「LINE@」と「店舗アプリ」どちらのほうが集客に効果的なのか、詳しくご説明させていただきたいと思います。

今まさにサブスクリプションビジネスの集客について課題を感じられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「LINE@」

まずは「LINE」での集客についてお話させていただきたいと思います。

スマートフォンユーザーの方にはLINEはもうお馴染みのツールであると思いますが、ビジネスとして活用するLINEは「LINE@」というものです。

店舗専用のLINEアカウントを作成し、友だちになってくれたユーザーに一斉にメッセージを発信することができる集客アプリであり、個人間でのやり取りを行うことができることも特徴的ですね。

個人間でのやり取りを可能にすることで、店舗と顧客との距離がより身近になりリアルタイムなメッセージのやり取りを行うこともできるのです。

このLINE@を活用することで店舗のことを思い出すきっかけ作りにもなりますので、再来店の促進や来店周期の短縮を行うことができるでしょう。

LINE@を利用するための料金体制は、無料のものと有料のものがあります。

無料のものはメッセージの上限が定められていますので、友だちの登録者数が多くなったりひと月に何度もメッセージを送りたいという場合はすぐに上限に達してしまいます。

トーク自体はメッセージ数にカウントされませんので、顧客とのやり取りを残しておきたい場合には良いでしょう。

LINE@のデメリットとしては、年齢制限があること、そして特定のユーザーのみへの配信ができないことでしょう。

LINEと同様にLINE@でも年齢制限が定められていますので、大手キャリア以外の格安SIMなどの提供会社で契約している場合は年齢認証を取ることが出来ませんので、LINE@を利用することができません。

そしてLINE@は友だち登録したユーザー全てに向けて一斉に情報配信しますが、「男性のみ」「10代のみ」というようなユーザー層の指定をすることができませんので、限定的にお得な情報を配信したとしてもあまり効率的ではないと言えるでしょう。

「店舗アプリ」

次に「店舗アプリ」についてお話させていただきたいと思います。

店舗アプリは、ここ数年で非常にリーズナブルな価格で開発することができるようになっているため、ユニクロやマクドナルドなどの大手企業だけでなく、中小企業や個人店でも導入事例が多くなってきているのです。

たとえばあなた自身も、ある個人経営の居酒屋に行った際テーブルなどにそのお店独自のアプリを紹介するPOPなどを目にしたことはありませんか?

顧客視点から見ると、店舗アプリをダウンロードするとお得なクーポンや割引情報、専用スタンプなどがもらえますし、アイコンをタップするだけですぐにその店舗情報へアクセスすることができますよね。

またプッシュ通知を配信することで顧客がわざわざWebサイトを検索し、見に行かなくてもお得な情報を見逃さないようになるでしょう。

またそれにより店舗のことを忘れられないようになるので、店舗と顧客との距離がグッと縮まることもメリットの1つです。

店舗アプリはこまめに情報を得ることができますので、Webサイトやブログよりも利便性が高いと考えられているのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスには「LINE@」と「店舗アプリ」どちらのほうが集客に効果的なのかということについてお話させていただきました。

実際比較してみるとLINE@も店舗アプリも両方とも顧客との距離が近くなりますので、継続利用顧客の増加に期待することができるでしょう。

ですが、LINE@の場合はユーザー指定をした配信ができません。

ここ数年店舗アプリは非常にリーズナブルな価格で制作することができるようになっているので、個人店舗であっても自店アプロの導入は多くなっています。

どちらかで悩まれている場合は、ぜひこの機会に店舗アプリの制作を検討してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ