単品リピート通販

単品リピート通販でのリスティング広告と集客について

リスティング広告を効率よく活用し、集客力をアップさせよう!

ネット広告にはバナー広告、アフェリエイト広告など様々な種類がありますが、中でも最も簡単で効果が出やすいと言われているのがリスティング広告です。

このリスティング広告は、一度広告を出したら終了ではなく運用していく広告ですので、一度で効果がなくても、検証、分析を繰り返しながら何度も試すことが可能と言うのが大きな特徴です。

こういったリスティング広告の特性を活かし、効率よく活用していくことが大切です。そこで今回の記事では、リスティング広告の活用方法について説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれる広告で、ユーザーがキーワード検索を行った際に、そのキーワードに応じて検索結果の画面上の広告枠に表示される広告のことを指します。

ユーザーが自ら検索する関心の高まっている時点で広告が表示されるため、高い効果が得られやすいと言われています。

ユーザーがこの広告をクリックするごとに課金される、クリック単価PPC(PayPerClick)が大きな特徴であり、新聞や雑誌などの効果が分かりにくい広告と比べて、効率良く運用することができます。

また、掲載する検索エンジン(Google、Yahooなど)の審査を通過すればすぐに掲載されますので、時間をおかずに運用を開始することができるのも特徴の一つです。 

リスティング広告とは、一般的には検索連動型広告のことを指しますが、コンテンツ連動型広告もリスティング広告に含まれます。

このコンテンツ連動型広告は、GoogleやYahooの自社サービスサイトや提携サイトのコンテンツに表示されるリスティング広告のことを指します。 

リスティング広告を運用するメリットは?

リスティング広告を活用するメリットとしてまず挙げられるのは、上記でも述べたように時間をかけずに運用を開始できるという点です。

審査後すぐに掲載されるので、新しい商品やサービスの広告に最適であり、比較的早く成果に結びつけることも可能です。

またこのリスティング広告は、広告を配信する範囲を自由に選ぶことができるのもメリットの一つです。

ユーザーが検索したキーワードをもとに地域や時間帯、曜日、端末、性別、年齢などターゲットを細かく選択することが可能ですので、ターゲットに対して効果的に広告を配信することができます。

さらに、クリックされた数、広告が表示された回数、かかった費用、コンバージョン率などの広告運用の実績が分かりやすく、明確なクリック単価によって広告の費用対効果も見えやすいので、その実績に応じて広告の効果を素早く検証、分析し、次の運用施策に役立てると言うことも可能となります。

リスティング広告を運用するデメリットは?

上記でも述べたように、リスティング広告は、1クリックごとに広告費が発生するクリック単価性が大きな特徴です。

そのため、比較的広告予算が低い場合でも始めることができるという点がメリットでもありますが、ある程度予算が大きくないと運用が限定されてしまうというデメリットがあります。

キーワードの入札価格(上限クリック単価)、広告の品質(クリック率などによる)によって掲載される順位が決定され、それに基づき順位の高いものから順に表示されるため、競合が多いキーワードに対し広告を掲載する場合は単価が非常に高くなりますので、予算が低い場合、掲載順位も下がり、広告が表示されないということも良くあることです。

このような点から考えると、リスティング広告を運用していくには、運用コストがかかるということを理解しておく必要があり、資金力のある大手企業が参入しているキーワードにおいては、効果を出すのが厳しいと考えられます。

また、広告サービスを利用するため、効果を得るためには、常に一定の費用も掛かります。さらに、リスティング広告は、一般的にユーザーに敬遠されやすいと言うデメリットもあります。

検索結果画面の上位に表示されますが、広告ラベルも表示されるため、広告と言うだけで敬遠するユーザーも多く存在します。

ユーザーは広告が上位にあったとしても、自然検索(オーガニック検索)で得た検索結果のほうを重要視するということです。

ただしこれは、広告全体に言えることであり、リスティング広告に限ったことではありませんので、ある程度は仕方がないと考えたほうが良いでしょう。 

まとめ

上記のように、リスティング広告を運用していくには、メリット、デメリットがありますので、正しく理解してから運用を開始することが大切です。

比較的始めやすく効果も得やすいとされる広告ですが、一定の費用が掛かるため、事前にターゲットを絞り込み、効果的に運用していくことが重要となります。

また、運用型広告と呼ばれている通り、広告の効果を見ながらこまめに修正、改善を行うことも必要です。

そのため、常に新しい情報を吸収し、広告運用に取り入れていくことが大切になってきます。 

まずは気軽に問合せ